ライフ

SNSに飛び交うワクチンのデマ マルチ商法への入口に利用されることも

消毒液などを大量に購入してきた(イメージ)

消毒液などを大量に購入してきた(イメージ)

 書き込みはいずれも専門家の誰々が何々といっている、とリンク先記事を解説するような投稿ばかりで「日本では報じられていない」という文言も目立った。ただ、リンク先を確認すると、記事は存在するものの、論文や研究機関のホームページではなく、開業医、薬剤師を名乗る人々のブログやSNSの投稿だ。

 さらに付け加えると、これらの医療従事者に共通するのは「自費診療」を強く患者に勧める傾向にあることだ。自費診療という仕組みそのものについて、とやかくいうつもりはないが、何かの治療をするうえでまず、保険が効かず高額になりやすい「自費治療」をすすめられることに違和感を抱かない人はいないだろう。そういう意味では、富田さんの姉が傾倒する情報源には、あまり一般的ではない傾向を持った医療者が多いと言わざるを得ない。中には「コロナ予防に」と謳う健康食品を勧めている事例もあった。医療関係者でなくとも、法律に抵触する行為だとわかるだろう。

 当然、こうした真偽が不確かな投稿を積極的に拡散している男性に、専門的な知識や経験があるとは思えない。それでも、富田さんの姉はその男性のことを信じ、彼を支持するコミュニティにも参加し続けているようだった。首都圏などに緊急事態宣言が発令されている最中でも、このコミュニティを通じたリアルでの会合に参加していたという。そこで彼女は、ワクチンよりも安全で、コロナ予防になるというサプリメント、消毒液を買ってきて、親族に配り始めたのだった。

「姉は独身で、コロナ禍で仕事も減って基本的にはずっと在宅でした。人と会話する機会も減り、寂しかったのかなとは思います。だから多少のことは目を瞑るつもりでした。ここまであからさまなウソに騙されるなんて、信じられません」(富田さん)

 富田さんの話を総合すれば、富田さんの姉は不安につけ込まれ、マルチ商法に取り込まれてしまった、ということのようだ。マルチ商法は一般的に、金儲けや良い生活をするためといった口実で勧誘がなされる。最近では実在する環境問題を解決するため、などといって善意の人をウソで誘い込むパターンもある。おそらく反ワクチンも、マルチ商法へ誘う「口実」に利用されているのだろう。サプリメントや消毒液は一般向けに販売されていないもののようだが、値段は割高に感じられ、市販品との違いはよくわからない。だが、彼女は特別なものだと信じて疑わず、見せてもらったチラシには「コロナを無毒化する方法」など、ありえない文言が踊っていた。落ち着いて考え直せば疑問をもつようなものなのに、信じ切ってしまっているという。

「サプリや消毒液で済んでいたときは、まだよかった。今度は、浄水器や空気清浄機も買わなければと言い出しています。全部買えば何百万もするそうですが……」(富田さん)

 少額なものから、高額商品へ。様々なマルチ商法のセールスで、たびたび行われてきた手法だ。この一点だけをみても、カモ扱いされていると周囲は気づくのだが、肝心の本人は「よい買い物をしている」そして「正しいことをしている」と信じている。

関連記事

トピックス

鈴木京香と小池栄子はプライベートではバトルような仲ではないという
『鎌倉殿の13人』鈴木京香と小池栄子 私生活では親友同士だからこその「壮絶バトル」
NEWSポストセブン
4Aに挑戦し続ける羽生結弦選手の今後はどうなる
羽生結弦、事実上の現役続行宣言「芸術性も技術も」不利なルール変更に挑む覚悟
女性セブン
手錠監禁が行なわれたとみられる三瓶容疑者の別荘(時事通信フォト)
茨城23歳女性“手錠”監禁事件 2人を結びつけた「同人モデル」の危険な撮影実態
週刊ポスト
高視聴率番組『笑点』に三遊亭円楽の不在がどんな影響を及ぼしているのか(『笑点』公式facebookより)
三遊亭円楽不在の影響じわじわ 若手起用も視聴率下降『笑点』の正念場
NEWSポストセブン
5月21日放送の「原発事故と甲状腺がん」が批判を浴びたのはなぜか(Tverより)
TBS『報道特集』「原発事故と甲状腺がん」の問題点 語られなかった科学的事実【前編】
NEWSポストセブン
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
女性セブン
もはや巨人戦中継もドル箱ではなくなった(時事通信フォト)
巨人戦のデーゲーム中継が視聴率2%台… 地上波からプロ野球が消える日
NEWSポストセブン
『第59回ギャラクシー賞』を受賞
ドラマ『運を拾う男』出演 草なぎ剛が語る“運”「ぼくは本当に恵まれている」
女性セブン
黒柳徹子と20年交際秘話
黒柳徹子、さだまさしと突然“共演NG”の謎 さだの鋭いジョークが原因か
女性セブン
広末がマッサージ店から出てきた
広末涼子が渋谷センター街に現れた!マッサージ受けてのんびり散歩、1人で寿司店に
女性セブン
松鳳山
人気力士・松鳳山「引退後は親方にならず退職」の裏に70歳再雇用と名跡不足の大問題
NEWSポストセブン
眞子さまがデニム
小室圭さんの妻・眞子さん、海外メディアが「ユニフォームのようだ」と指摘する質素なファッション事情
NEWSポストセブン