河野太郎・規制改革相の父・河野洋平氏(写真=Avalon/時事)

河野太郎・規制改革相の父・河野洋平氏(写真=Avalon/時事)

宿命に逆らったはずが

 そして河野氏も、「持論を譲らない」という河野家のDNAを受け継いだ。若手議員の頃には外交問題など国会の採決で造反、処分を受けて「自民党の異端児」と呼ばれ、党の方針に逆らって「反原発」を唱えてきた。しかし、父たちと違うのは、「総理の座」を目指し、河野家の宿命に逆らおうとしていることだ。

「(総理に)なれる家系、なれない家系を気にしてもしょうがないと思っている」

 河野氏は2009年の総裁選出馬の際、「総理になれない家系」のことを質問されてそう答えた。総理になるために持論も引っ込めた。異端児の河野氏は自民党内で出世が遅かった。初入閣は初当選から20年目、15年の安倍内閣の規制改革相就任だった。このとき親分の麻生太郎氏から踏み絵を迫られる。

「持論を封印して自ら総理大臣になってから実行するか、大臣になることを諦めるかを選べ」

 河野氏は反原発など持論を封印して大臣就任の道を選ぶ。祖父や父とは違う選択であり、“変節”批判を浴びたが、踏み絵を踏んだことで、出世の道が拓けたのは事実だ。安倍内閣で規制改革相、外相、防衛相を歴任し、菅内閣でも入閣、ワクチン担当相としてコロナ対策の檜舞台を与えられた。

 その河野氏にいま、祖父や父と同じ「壁」が立ちはだかっている。洋平氏とともに新自由クラブを立ちあげた経験を持つ山口敏夫・元労相が指摘する。

「河野氏の総裁選出馬を阻んでいるものが2つある。1つは同じ神奈川選出の菅首相への遠慮。河野氏は菅さんに引き上げられてきたため、総裁選で対決しにくい。

 それ以上の障害は麻生氏でしょう。麻生氏は派閥会長を続けたいから、河野氏の出馬を認めない。池田首相から政権禅譲を期待した河野一郎が吉田茂と門下生に阻まれたのに似ている。一郎氏の孫が、吉田茂の孫に総裁選出馬を止められている。しかも、自民党内で数を持っていない河野氏にすれば、続投した菅首相の後継者として政権禅譲を受ける可能性が高い。だから、菅首相と対決もできない」

 河野家の宿命に逆らったつもりが、同じように搦めとられている。洋平氏と野党時代の自民党再建にあたった亀井静香氏が語る。

「河野太郎にとってむしろチャンスだ。政府のコロナ対策では菅後継は選挙に勝てない。河野君は麻生が止めるのを振り切って出馬会見を開き、菅総理に『ご苦労様。あとは私に任せろ』と宣言して勝負に出るしかない」

 果たしてその決断はできるのか。

※週刊ポスト2021年9月10日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

結婚生活にピリオドを打った女優の田中美佐子とお笑いコンビ・Take2の深沢邦之(インスタグラムより)
《円満離婚なんてない》田中美佐子、格差婚から“仮面夫婦”と言われて29年「生じていた3年前の異変」「突然消えた結婚指輪」元夫は女性ファンとラブホデート
NEWSポストセブン
五輪出場を辞退したことを発表した体操女子日本代表主将の宮田笙子(時事通信フォト)
《体操・宮田笙子の五輪辞退で注目》“実は厳しい”芸能界の「未成年喫煙・飲酒」への処分 アイドルグループなら謹慎、脱退、退所も
NEWSポストセブン
のれんをくぐり終えた中野はとりあえず左方向を確認した
《全文公開》俳優・中野英雄が明かした“28歳下女優と4連泊→元妻宅”「二重生活」の真実「もう男性機能がダメなの」「息子の仲野太賀は『母さんがいいなら…』と」
週刊ポスト
今秋のドラフト挑戦を明言した慶大・清原正吾(時事通信フォト)
プロ志望明言の慶大・清原正吾、今秋「ドラフト漏れ」なら民間企業の争奪戦か 野球部OBの進路は引く手あまたでアナウンサー採用も
週刊ポスト
名古屋場所
《名古屋場所に登場の溜席着物女性》美人どころを引き連れ周囲の目を惹く存在に 土俵に最も近い席で15日間皆勤
NEWSポストセブン
『お葬式』で井上侘助役を演じた山崎努
【独白70分】盟友・山崎努が明かした映画監督・伊丹十三との“濃い関係”「今でも、夢に出てくるよ」
NEWSポストセブン
安冨歩さんの推しメンは女優・秋吉久美子
【“私の推しメン”対談】秋吉久美子×安冨歩・東大名誉教授 50才をすぎてから“女性装”に移行したのか?「モラハラの研究過程で徐々に心が解放された」
女性セブン
今回会合が開かれた稲川会の内堀和也会長。
【ヤクザサミット2024in横浜に密着】関東暴力団トップ、マル暴40名が駆けつけた「炎天下の極秘会合」が開かれたワケ
NEWSポストセブン
中森明菜、6年半ぶりディナーショーで感動の11曲を披露 MCでは「ただのクソババアでしょ。来年還暦よ」と大暴れ
中森明菜、6年半ぶりディナーショーで感動の11曲を披露 MCでは「ただのクソババアでしょ。来年還暦よ」と大暴れ
女性セブン
五輪直前の忙しい日々、朝のルーティン、将来の夢も語った阿部詩選手
柔道・阿部詩が“柔道家であることを忘れて挑んだ”撮影への感想 「モデルっぽく撮影していただいて楽しかった!」
NEWSポストセブン
佳子さま
佳子さま、「3000円青ニット国際親善」の問題点をギリシャ研究の権威が指摘 「軽く扱われた」と誤解された可能性、修道院でのパンツ姿も「冒険する必要はない。周囲が気を配らないと」
女性セブン
中野英雄が運転するカブの後部座席に座る中山こころ
《離婚後も元妻と同居》俳優・中野英雄 “横須賀4連泊デート” のお相手「ホットパンツ姿の28歳下金髪女優」の正体 「家族ももちろん彼女のことは知ってます」
NEWSポストセブン