芸能

「1回OKすると…」熊田曜子、際どいカット求めるグラビア撮影時の攻防

撮影のこだわりについて語る熊田曜子

撮影のこだわりについて語る熊田曜子

 2001年のデビュー以来、数々の雑誌で表紙を飾り、トップグラビアアイドルとして活躍してきた熊田曜子。これほど長きにわたって活躍し続けられたのは、人知れぬ努力があったからだ。熊田がグラビアアイドルになったきっかけや、撮影へのこだわりについて語る。【全4回の第1回】

 * * *
 私は幼い頃からグラビアアイドルになりたかったんです。きっかけは小学校の時に好きだった男の子がコンビニで『週刊プレイボーイ』を立ち読みするのを見て、「あの本に載っている水着の女の子が好きなんだ」というものでしたが(笑)。3つ上の兄が読んでいたマンガ雑誌のグラビアを見るのも大好きでした。中学生になるとお小遣いを貯めて、自分でグラビア写真集を買っていましたね。

 その頃好きだったのは青田典子さんや安西ひろこさんのグラビアで、広末涼子さんや奥菜恵さんの写真集もよく見ていました。衝撃を受けたのは井川遥さん。伝説の写真集と言われる『月刊井川遥』の表紙は本当に美しかった。次第にグラビアアイドルが憧れの職業になり、高校卒業後に、決まっていた看護学校への進学をやめて岐阜から上京しました。

 2002年3月にファースト写真集『mimosa』が出ました。ハワイでの撮影時は水着になるのが少し恥ずかしくて、周囲の視線を感じないようコンタクトレンズをつけず、裸眼にしていました。でもビーチの日射しが強くて目を開けることができず、カメラマンの山岸伸さんによく怒られたのを覚えています(笑)。完成した写真集を見た時は、「うわぁ、どのページをめくっても私だ!」と感動したのを覚えています。

 19歳でデビューして、20代では多くのグラビア誌のお世話になりました。同時期に活躍した小倉優子ちゃんや安めぐみちゃんはホンワカした癒し系だったので、「私の役割は“攻め”だ」と勝手に思い込み、網タイツやレザー系の衣装で攻めていました。

 撮影現場では、隙あらば際どいカットを求めるカメラマンとの攻防もありました。ある時期から、自分の中で「ここまで」と決めて、肩紐をずらすことや、下乳をNGにしました。こういうのは1回OKしちゃうとどんどん歯止めが利かなくなっちゃうんです。だからどこかで線を引く必要がありました。その範囲の中でも、私が感動した数々のグラビアのように、表現できることはまだまだあると思っています。

(第2回に続く)

【プロフィール】
熊田曜子(くまだ・ようこ)/1982年5月13日生まれ、岐阜県出身。身長164cm。現在までに写真集38冊、DVD64枚をリリース。現在3児の母。近年、YouTube「熊田曜子~40歳で自分史上最強になる~」で様々な動画を配信している。

撮影/舞山秀一

※週刊ポスト2021年10月8日号

関連記事

トピックス