芸能

菅田将暉が小松菜奈との結婚発表「4年越しの片思いを実らせた」

菅田将暉と小松菜奈

菅田将暉と小松菜奈

 俳優の菅田将暉(28)と小松菜奈(25)が11月15日、結婚したことを発表した。

 これまで、『ディストラクション・ベイビーズ』(2016年)、『溺れるナイフ』(2016年)、そして『糸』(2020年)と3度も映画で共演してきた菅田と小松。交際がスタートしたのは、『糸』の撮影中、2019年の秋頃だという。

「実は菅田くんは最初の共演(映画『ディストラクション・ベイビーズ』)のときに、一目惚れしていたそうなんです。当時から『かわいい、ずっと見ていられる』とゾッコンでした。その作品の撮影は2015年の春ぐらいですから、長い片思い期間を経て4年越しの恋を実らせた形です。あまりに嬉しくて、友人らと『お祝いのパーティー』まで開催したほど。あの時の菅田くんは相当の喜びようでしたね(笑い)」(菅田の知人)

 じっくりと愛を育んできたふたり。昨年1月には男女数人のグループでUSJデートを楽しんだ。

「その少し前、菅田くんは『NHK紅白歌合戦』初出場という大役を成し遂げたばかりだったので、その打ち上げも兼ねて、実家のある大阪に彼女を連れて“帰省”していたんです。USJデートの翌月には、ふたりの誕生日が2月なので、誕生日祝いとして一緒に旅行に出掛けていました」(前出・菅田の知人)

 まだ互いに20代。結婚を焦る年齢でもないが、菅田は早くから決断していたという。

「菅田さんは交際当初から結婚の思いを固めていました。というのも、小松さんはとにかくモテるから。エキゾチックな顔立ちで、海外でも男性の視線を集めまくり。菅田さんは、心配でしょうがないようで、いますぐにでも入籍したいという思いだったそうですよ」(別の菅田の知人)

 今年の6月には新居での同棲もスタート。菅田の思いに小松が答え、このたび入籍となったという。

【プロフィール】
菅田将暉(すだまさき)/1993年2月21日生まれ、大阪府出身。血液型:A型。『第21回 ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト』ファイナリスト。2013年、映画『共喰い』で第37回日本アカデミー賞新人俳優賞。2017年シングル「見たこともない景色」でソロデビュー。

小松菜奈(こまつなな)/1996年2月16日生まれ、東京都出身。血液型:O型。趣味:カメラ。2008年に雑誌『ニコ☆プチ』でデビュー。2019年、映画『来る』と『閉鎖病棟―それぞれの朝―』の出演で第44回報知映画賞助演女優賞を受賞。

関連キーワード

関連記事

トピックス

結婚生活に終わりを告げた羽生結弦(SNSより)
【全文公開】羽生結弦の元妻・末延麻裕子さんが地元ローカル番組に生出演 “結婚していた3か間”については口を閉ざすも、再出演は快諾
女性セブン
「二時間だけのバカンス」のMV監督は椎名のパートナー
「ヒカルちゃん、ずりぃよ」宇多田ヒカルと椎名林檎がテレビ初共演 同期デビューでプライベートでも深いつきあいの歌姫2人の交友録
女性セブン
NHK中川安奈アナウンサー(本人のインスタグラムより)
《広島局に突如登場》“けしからんインスタ”の中川安奈アナ、写真投稿に異変 社員からは「どうしたの?」の声
NEWSポストセブン
《重い病気を持った子を授かった夫婦の軌跡》医師は「助からないので、治療はしない」と絶望的な言葉、それでも夫婦は諦めなかった
《重い病気を持った子を授かった夫婦の軌跡》医師は「助からないので、治療はしない」と絶望的な言葉、それでも夫婦は諦めなかった
女性セブン
コーチェラの出演を終え、「すごく刺激なりました。最高でした!」とコメントした平野
コーチェラ出演のNumber_i、現地音楽関係者は驚きの称賛で「世界進出は思ったより早く進む」の声 ロスの空港では大勢のファンに神対応も
女性セブン
元通訳の水谷氏には追起訴の可能性も出てきた
【明らかになった水原一平容疑者の手口】大谷翔平の口座を第三者の目が及ばないように工作か 仲介した仕事でのピンハネ疑惑も
女性セブン
歌う中森明菜
《独占告白》中森明菜と“36年絶縁”の実兄が語る「家族断絶」とエール、「いまこそ伝えたいことが山ほどある」
女性セブン
大谷翔平と妻の真美子さん(時事通信フォト、ドジャースのインスタグラムより)
《真美子さんの献身》大谷翔平が進めていた「水原離れ」 描いていた“新生活”と変化したファッションセンス
NEWSポストセブン
羽生結弦の元妻・末延麻裕子がテレビ出演
《離婚後初めて》羽生結弦の元妻・末延麻裕子さんがTV生出演 饒舌なトークを披露も唯一口を閉ざした話題
女性セブン
ドジャース・大谷翔平選手、元通訳の水原一平容疑者
《真美子さんを守る》水原一平氏の“最後の悪あがき”を拒否した大谷翔平 直前に見せていた「ホテルでの覚悟溢れる行動」
NEWSポストセブン
5月31日付でJTマーヴェラスから退部となった吉原知子監督(時事通信フォト)
《女子バレー元日本代表主将が電撃退部の真相》「Vリーグ優勝5回」の功労者が「監督クビ」の背景と今後の去就
NEWSポストセブン
文房具店「Paper Plant」内で取材を受けてくれたフリーディアさん
《タレント・元こずえ鈴が華麗なる転身》LA在住「ドジャー・スタジアム」近隣でショップ経営「大谷選手の入団後はお客さんがたくさん来るようになりました」
NEWSポストセブン