芸能

ベッキー第2子出産で元巨人コーチ・片岡治大の「専業主夫」生活

ベッキーと片岡(時事通信フォト)

ベッキーと片岡(時事通信フォト)

 今春、元巨人三軍コーチ・片岡治大氏(38)との間に第2子を出産したタレントのベッキー(37)。11月には「第14回ペアレンティングアワード」でママ部門を受賞し、“ママタレ”としての立ち位置も確立しつつあるが、それは片岡氏の「強力な育児協力」あってのもののようだ。

 片岡氏は2017年に巨人で現役を引退後、二軍内野守備走塁コーチに就任。2019年にベッキーと結婚し、翌年には第1子、今年春に第2子が誕生。今年10月に巨人三軍コーチを辞任した。スポーツ紙記者が言う。

「片岡さんご自身から辞任を申し出たそうです。デーブ大久保さんのYouTubeチャンネル(11月14日配信)で辞任の理由を『(妻のベッキーが)毎朝見送るのがきつかったって言ってました。僕がしんどそうだったんですって。子供も小さいですし、お母さん的には(父親が)家にいてくれたほうがいいんじゃないですかね』と語っていたように、育児に専念したい気持ちがあったようです。今はまだ再就職せずに育児メインの生活を送っているそうです」

 そんな片岡氏の“イクメン”ぶりが目撃されたのは11月下旬のお昼過ぎのこと。都内の閑静な住宅街で、ベッキーの愛犬を散歩させている片岡氏の姿があった。商店街に入っていった片岡氏は、家族のランチ用なのか、弁当やサラダなどを買うと、商店街を後にした。近所の住民はこう話す。

「お子さんの手を引いて歩く片岡さんの姿もよく見られますよ。上のお子さんはこの近所で習い事をしているようなのですが、片岡さんがおひとりでお子さんをそこに連れていってあげていたり、お迎えに行かれているのを見ますね。この近所に“パパ友”もいるようで、“パパ友”のお子さんと一緒に公園で遊ばせてあげている姿も見たことがあります。公園で初めて知り合うお母さんなどにも気さくに接していました」

 生まれたばかりの第2子の世話にかかりっきりになっているベッキーを助けるため、第1子の世話や、犬の散歩、買い物などは片岡氏が担当しているようだ。片岡氏の事務所に現在の様子を聞いたが回答は得られず、ベッキーの所属事務所に聞くと、「プライベートは本人に任せています」とのことだった。

 巨人の次は、子供の“専任コーチ”になっているようだ。

関連記事

トピックス

約1万5000人の犠牲者を出した、1945年6月7日の大阪空襲。消火活動を行なう町の人々(カラー化/渡邉英徳)
AI技術と人の記憶によるカラー化でよみがえる「戦時下ニッポンの市民たち」
週刊ポスト
バイタリティーあふれる山田くん
『笑点』座布団運びの山田くん、知名度活かして介護業に参入「高齢者施設」を来年開業
NEWSポストセブン
実質的には再放送にもかかわらず、高い視聴率を記録した(NHK公式サイトより)
中森明菜『伝説のコンサート』が驚異の視聴率4.6% 紅白出場への期待も高まる
NEWSポストセブン
アナウンサーを射止めるのが上手いのでは…
『新・信長公記』は“何でもあり” 時代劇研究家も驚いたポイントとは?
NEWSポストセブン
1985年のニュージーランド合宿(写真提供/瀬古氏)
「技術の話はほとんどなし。9割以上が精神論」瀬古利彦が見た名伯楽・中村清の指導法
週刊ポスト
橋本愛『家庭教師のトラコ』 遊川和彦氏による立体的脚本の「着地」は決まるのか
橋本愛『家庭教師のトラコ』 遊川和彦氏による立体的脚本の「着地」は決まるのか
NEWSポストセブン
「子どもが生まれた」の報告に対して言ってはいけないセリフ5
「子どもが生まれた」の報告に対して言ってはいけないセリフ5
NEWSポストセブン
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン