芸能

山田孝之、城田優、新田真剣佑も踊らされた「BTSに会わせる」”詐欺師”の正体

山田孝之

X氏は山田孝之ら芸能人人脈が豊富だったという

「自社ブランドがBTSとコラボするから、アメリカまでついてきてくれたら本人に会わせてあげるよ」。男性がそう囁くと、女性は大好きなBTSとの距離をグッと縮められる興奮を抑えつつ、警戒したような声で「そんなこと、できるはずないじゃない」と突き返す。すると、その反応を期待していたかのように、男性は自身の関連会社が実際にBTSのグッズを販売している“証拠”を女性に示す。すっかり信用した女性は嬉々として、面会にかかる費用に加え、飛行機代とホテル代を振り込むも、これはすべて虚偽の話。気づいたときにはもう遅く、支払った金が戻ってくることはない──。

 昨今、「BTSに会える詐欺」が増えている。手口は多く存在するが、いま最も注目されている“詐欺師”の男性を仮にX氏としておこう。

「X氏は、アパレル関係の会社社長です。被害に遭った人たちが口を揃えて言うのは『芸能人人脈が豊富だから信じてしまった』ということでした」(芸能関係者)

 その芸能人とは誰なのか。広告代理店関係者が説明する。

「山田孝之さん(38才)を筆頭に、綾野剛さん(39才)、佐藤健さん(32才)、新田真剣佑さん(25才)、ONE OK ROCKのボーカル・Takaさん(33才)、城田優さん(35才)など、第一線で活躍している人たちばかりです。5年前、韓流スターが城田さんの誕生日パーティーの写真をSNSで公開したときには、いま挙げたメンツにただ1人、一般人が混じっていたため“この人は誰?”と話題になっていました」

 それがX氏だ。コロナ禍でも彼は話題の中心にいた。

「2020年5月、緊急事態宣言下の沖縄で、山田さん一家や真剣佑さんらがバカンスを楽しんでいたことが『文春オンライン』で報じられましたが、このときにアテンドしていたのがX氏です。

 2021年9月には、人気ロックバンド・RADWIMPSのギタリスト桑原彰さん(36才/活動休止中)の不倫を『文春オンライン』が報じましたが、桑原さんはX氏の会社の取締役に名を連ねており、彼に不倫相手の女性を紹介したのも、このX氏です」(前出・芸能関係者)

 X氏が芸能人と親しいことは事実のようだが、それを裏付ける写真や記事がネット上にあふれていることがX氏に箔をつけてしまい、“詐欺被害”を拡大させているという。親交の深い芸能人は、知らないうちに“客寄せパンダ”として踊らされていたのだろう。

「むしろ芸能人たちも被害者ですよ。最終的にはX氏に食い物にされていますから」

 そう語るのはX氏の知人だ。自分と写った写真が安心材料に“利用”され、さらには自分自身も被害に遭うという悲惨な事態に陥っているという。X氏の知人が続ける。

「彼はとにかく羽振りがいいんですよ。自分は酒をまったく飲めないけれど、食事や酒を御馳走する。ハワイに別荘があると話すこともありましたね。特に山田孝之さんと仲がよく、山田さんを慕う多くの後輩たちが自然にX氏に一目置くようになっていきました。X氏は40代後半ですが誰とでも距離感が近く、皆も彼にはタメ口。飲み会にはきれいな一般人女性を何人も呼んで、芸能人の隣に座らせていました」

5年前の城田の誕生祝い。モザイクの男性がX氏だ(イ・ホンギ公式Instagramより)

5年前の城田の誕生祝い。モザイクの男性がX氏だ(イ・ホンギ公式Instagramより)

関連記事

トピックス

大谷翔平
大谷翔平、ハワイの25億円別荘購入に心配の声多数 “お金がらみ”で繰り返される「水原容疑者の悪しき影響」
NEWSポストセブン
死体損壊容疑で逮捕された平山容疑者(インスタグラムより)
【那須焼損2遺体】「アニキに頼まれただけ」容疑者はサッカー部キャプテンまで務めた「仲間思いで頼まれたらやる男」同級生の意外な共通認識
NEWSポストセブン
『株式会社嵐』設立
『株式会社嵐』設立で整った嵐としての活動の基盤 デビュー25周年の記念日に向けて高まる期待
女性セブン
水原一平容疑者の半生を振り返る(C)BACKGRID,Inc/AFLO
《現地レポート》水原一平容疑者「中学時代は帰宅部」同級生が口を揃える“影の薄さ”「騒いでるのをそばで見ているタイプ」「高校の同窓会には不参加」
週刊ポスト
【全文公開】中森明菜が活動再開 実兄が告白「病床の父の状況を伝えたい」「独立した今なら話ができるかも」、再会を願う家族の切実な思い
【全文公開】中森明菜が活動再開 実兄が告白「病床の父の状況を伝えたい」「独立した今なら話ができるかも」、再会を願う家族の切実な思い
女性セブン
伊藤
【『虎に翼』が好発進】伊藤沙莉“父が蒸発して一家離散”からの逆転 演技レッスン未経験での“初めての現場”で遺憾なく才能を発揮
女性セブン
いまや若手実力派女優の筆頭格といえる杉咲花(時事通信フォト)
【『アンメット』での難役も好評】杉咲花、俳優事務所から“ドラマ共演の逆指名”が増える理由
週刊ポスト
古手川祐子
【全文公開】古手川祐子 表舞台から姿を消して8年、ガーデニングに勤しむ日々 一人娘は引退否定も「気力も体力も衰え…“働きたくない”が長引いている」
女性セブン
大谷翔平と妻の真美子さん(時事通信フォト、ドジャースのインスタグラムより)
《真美子さんの献身》大谷翔平が進めていた「水原離れ」 描いていた“新生活”と変化したファッションセンス
NEWSポストセブン
《重い病気を持った子を授かった夫婦の軌跡》医師は「助からないので、治療はしない」と絶望的な言葉、それでも夫婦は諦めなかった
《重い病気を持った子を授かった夫婦の軌跡》医師は「助からないので、治療はしない」と絶望的な言葉、それでも夫婦は諦めなかった
女性セブン
初のゴールデン帯&月9主演を同時に果たした広瀬アリス
【“格差姉妹”と言われた過去も】広瀬アリス、妹・すずより先に「月9主演」の逆転人生
週刊ポスト
「週刊ポスト」本日発売! 水原一平の「不当解雇訴訟」の詳細ほか
「週刊ポスト」本日発売! 水原一平の「不当解雇訴訟」の詳細ほか
NEWSポストセブン