• TOP
  • 芸能
  • 神田沙也加さん逝去、SAYAKAでデビュー 母・松田聖子との「本当の関係性」

芸能

2021.12.19 16:20  NEWSポストセブン

神田沙也加さん逝去、SAYAKAでデビュー 母・松田聖子との「本当の関係性」

紅白歌合戦に揃って出場した松田聖子と沙也加さん(2011年12月撮影)

紅白歌合戦に揃って出場した松田聖子と沙也加さん(2011年12月撮影)

〈これまで神田沙也加を支えてくださった皆様にご報告させていただきます。2021年12月18日午後9時40分、神田沙也加(享年35歳)が急逝いたしました〉──12月19日午前4時、所属事務所が神田沙也加さんの急逝を報告した。沙也加さんは18日、ミュージカル『マイ・フェア・レディ』の札幌公演に出演予定だったが、この日の公演は体調不良を理由に休演。関係者によると、沙也加さんは滞在先ホテルの敷地内で倒れた状態で発見され、救急車で病院に搬送されたが、そのまま亡くなったという。

 これを受けて、母・松田聖子の様子を所属事務所は「この現実を受け止めることができない状態」とする文書を発表。良好な関係を続けてきた父・神田正輝のコメントはまだ発表されていない。

 沙也加さんはこれまでに芸能界で多くの功績を残してきた。

神田正輝・松田聖子の長女として誕生

 1986年、沙也加さんは俳優の神田正輝(70)、歌手の松田聖子(59)のあいだに生まれる。しかし10歳のころに両親が離婚。離婚後も歌手活動を継続し「ママドル」と呼ばれた聖子とともに転校を繰り返していたという。1998年に聖子が6歳年下の歯科医師と2度目の結婚(2000年12月に離婚)をした際には米・ロサンゼルスの日本人学校に編入することに。こうした状況のなか、彼女が日本の芸能界にはじめて存在を現したのは1999年のことだった。

「彼女はまだ中学生。母・聖子さんの曲『恋はいつでも95点』の作詞を『ALICE』というペンネームで担当する形でのデビューでした。当時の沙也加さんは4度にわたる転校をしており、有名人の子供という理由で壮絶ないじめに遭ったことをご自身の著書のなかで告白しています。そうした状況下、聖子さんは娘になんとかデビューのきっかけをつくろうとしていたのです」(芸能関係者)

 2001年、沙也加さんは『SAYAKA』という芸名でCMに出演したことで本格的に芸能界デビューする。“松田聖子の娘”の登場を、当時のマスメディアは大きく取り上げた。

「CM出演直後にはフジテレビ系列のドラマの主題歌にもなった『ever since』で歌手としてメジャーデビューします。さらに2003年には映画『ドラゴンヘッド』でヒロインを演じて女優デビュー。その翌月にはTBSドラマ『ヤンキー母校に帰る』に生徒役として出演します。2004年には約20倍のオーディションに勝ち残り、宮本亜門演出のミュージカルに抜擢されたことが話題に。ところが、のちにご本人は“一気にやらせていただいた結果、なんだかよくわからなくなった”とも振り返っているように『SAYAKA』名義での活動は長く続きませんでした」(前出・芸能関係者)

 またこのころから母と娘の関係には影が──。

「2004年あたりから、沙也加さんは楽曲の共作で知り合った年上ミュージシャン・北野正人と交際していました。しかし、聖子さんがこれに大反対。モノを投げ合うほどのケンカになり、当時は近隣住人の通報で警察が駆けつけるほどの騒動になったといいます。もともと聖子さんは過保護なところがあって、とにかく沙也加さんのお仕事や恋愛に口出しをしていたようです」(前出・芸能関係者)

関連記事

トピックス