芸能

沢田研二、写真集でトラブル ホームページから突然告知が消え、発売延期

2021年2月、妻と飲食店に出かける沢田

2021年2月、妻と飲食店に出かける沢田

 一世を風靡したバンド「ザ・タイガース」を1971年に解散後、ソロ活動を始めた沢田研二(73才)。センセーショナルな衣装を用意し彼の人気をサポートしたのが、盟友である画家だった。今春、伝説のショットを収めた写真集を彼が発売するというが、ファンは複雑な思いを抱えている。

 その告知がこつ然と消えたのは、昨年12月中旬のことだった。沢田研二のオフィシャルホームページから、写真集の発売に関する情報が、突然削除されたのだ。『JULIE by TAKEJI HAYAKAWA─早川タケジによる沢田研二』──当初は、2021年中に発売される予定だったこの書籍は、長年にわたり沢田の衣装やアートディレクションを担当し、画家としても注目を集める早川タケジ氏(74才)の作品をまとめたものだ。

 出版元の「株式会社スローガン」のホームページでは、仮予約が始まっているものの、「掲載内容とページ数の大幅な追加に伴い、発売日/価格の確定にもう少々お時間をいただかねばならない状況」と説明されている。1970年代から沢田を応援しつづけてきたという女性ファンは、困惑した表情で語る。

「昨年の秋にジュリーのホームページに告知が載ったときは、約20年ぶりの写真集発売に歓喜しました。でも、その後、告知が消えたことで私たちファンは騒然としています。いまに至るまでジュリーサイドからは何の説明もありません。このまま発売されないという最悪の事態まで想像してしまって……」

 ファンが待ち望むのも無理はない。早川氏は、スター・沢田研二の世界観を作り上げた唯一無二の人物だからだ。

 沢田は1967年に「ザ・タイガース」のボーカルとしてデビュー。1971年にバンドを解散すると、ソロ活動を始動した。その後、1973年に首にかけたファーを揺らしながら歌う『危険なふたり』で、初のオリコン1位を獲得。その衣装を手がけた人物こそ早川氏だった。この曲で沢田は幅広い年齢層の女性を虜にした。

 ドラマ『寺内貫太郎一家』(1974年)では、樹木希林さん(享年75)が演じるおばあちゃんが沢田のポスターに向かって、「ジュリ〜!」と身をよじって叫ぶシーンも登場。このポスタービジュアルを手がけたのも早川氏だ。

 彼は一躍、スタイリストとしてカリスマ的存在に。沢田のほか、キャンディーズや山本リンダ(70才)、荻野目洋子(53才)など人気歌手のスタイリングを次々と担当した。

 沢田の衣装では、ラメやスパンコールのあしらわれたシースルーのコスチュームにドイツの軍服風の衣装を合わせた『サムライ』(1978年)や、電飾をちりばめたミリタリールックにパラシュートを背負った『TOKIO』(1980年)など、度肝を抜く衣装を考案。沢田の中性的なルックスと、早川氏の前衛的な衣装で作り出される世界観に多くの人が魅了された。

 過去には、沢田の写真も多く収録された作品集『Paradis,Paradis』も発売されているが、現在は絶版となっており、中古品の価格は10万円を超える。長年、ファンは彼らの作品を見たくても見ることができない状況だったのだ。

 さらに、今回の写真集には、別冊という形で早川氏が沢田との関係について綴った文章も収められるという。「沢田さんと早川さんは特別な信頼関係で結ばれていた」と語るのは、当時を知る関係者だ。

関連キーワード

関連記事

トピックス

ヤクルトの若き主砲・村上宗隆(時事通信フォト)
ヤクルト・村上宗隆が史上最年少40号!「外れ1位」が清宮幸太郎をはるかに凌ぐ理由をスカウトが説明
NEWSポストセブン
福岡国際マラソンでは早大、エスビー時代を通じて優勝4度(写真は1983年/時事通信フォト)
瀬古利彦、恩師・中村清監督との衝撃の出会い「砂を掴み、むしゃむしゃと食べ始めた」
週刊ポスト
プロレス総選挙
今回は「プロレス総選挙」 なぜテレ朝は『○○総選挙』を放送し続けるのか
NEWSポストセブン
役者として急上昇中(時事通信フォト)
『石子と羽男』有村架純・中村倫也の間の「おいでやす小田」 名バイプレーヤーの季節到来か
NEWSポストセブン
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
週刊ポスト
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
背番号「12」を付けていた柴田貴広(現・大東文化大3年。撮影/藤岡雅樹)
佐々木朗希・高校3年の夏【前編】岩手大会決勝で投げた「背番号12」の思い
週刊ポスト
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン