国内

雅子さまと紀子さま 前代未聞の「祝賀の儀でドレスの色が丸かぶり」

紺色のお召し物だった紀子さま

紺色のお召し物だった紀子さま。痩せられたとの見方をする人も

「紀子さまは、以前よりおやせになったようでした。笑顔には柔らかさがなく、心ここにあらず、といった様子に見えました」(居合わせた人)

 2月23日午前11時、天皇陛下の誕生日の祝賀行事を終えた秋篠宮ご夫妻を乗せた車が、皇居・半蔵門を通過した。紀子さまの表情が冴えなかったのも無理はない。

 ちょうどその日は、眞子さんの夫・小室圭さんがニューヨーク州司法試験への再チャレンジを迎えたところだった。また、筑波大学附属高校への進学を決められた悠仁さまに、前後して、過去にコンクールで佳作を受賞した作文の「盗用疑惑」が持ち上がった。だが、その日、表情が沈んでいるように見えたのは、追い打ちをかけるような事態が起こっていたからだろう。

「祝賀行事の際、雅子さまと紀子さまのドレスの色が“丸かぶり”だったのです。どちらも濃紺のドレスで、アクセサリーのパールのあしらいまでそっくり。前代未聞のことです。慣例に則れば、皇后とほかの女性皇族のお召し物の色みが重なることはあってはならないのですが……」(宮内庁関係者)

 コロナ禍の現在は限られているが、皇室行事において、女性皇族が一堂に会される機会は少なくない。その際、不文律のドレスコードがある。たとえば、赤坂御用地で開催される園遊会では、和装か洋装か、どちらかに統一される。

「平成までは、皇后のお立場の方が決められてきました」(皇室記者)

 そうしたドレスコードの1つが「色みの重複を避ける」というものだ。

「皇后のお召し物と色が同じにならないよう、事前に職員同士がリサーチのため連絡を取り合うこともあるそうです。平成の時代においては、美智子さまと同系色のお召し物を着用するのは“失礼”という暗黙の了解があったほどです」(前出・宮内庁関係者)

 美智子さまを“お手本”として慕われてきた紀子さまは、当然ドレスコードの存在をご存じのはずで、これまでも細心の注意を払われてきたはずだ。なぜ雅子さまとの“色かぶり”が起きてしまったのか。

「天皇家と秋篠宮家のコミュニケーション不足が考えられます。秋篠宮ご夫妻は、上皇ご夫妻との距離が非常に近い一方で、天皇家とは距離を置かれています。あえて別の方針を選ばれる傾向すら見られる。そうした日頃の状況から、職員同士もうまく連携を取ることができなかったのかもしれない」(前出・宮内庁関係者)

 紀子さまの「お疲れ」も心配されている。2月24日、秋篠宮ご夫妻は、北京パラリンピックの日本選手団結団式をオンラインで視聴された。結団式では、事前に収録されたビデオメッセージも流されたが、映っていたのは秋篠宮さまおひとりだった。

「最近では、喪中であっても1月下旬の北京オリンピックの結団式に出席されたりと、紀子さまの公務への積極姿勢は目立ちます。ですので、秋篠宮さまだけが映ったビデオメッセージにはなんとも言えない物足りなさがありました。ご事情はわかりませんが、ご心労があってビデオ収録をされなかったのだとしたら、祝賀行事での衣装に気を回す余裕もなかったのかもしれません」(別の宮内庁関係者)

関連記事

トピックス

再び「フリー転身」が噂される日本テレビの水卜麻美アナ
水卜麻美アナ「フリー転身」の噂が再び日テレ社内で浮上 背景に久野静香アナの退社か
NEWSポストセブン
食事を受け取ってオフィスに戻る小室圭さん
小室圭さん3度め試験の詳細判明 「学歴エリートの彼なら大丈夫」エールの声
NEWSポストセブン
小林麻耶
小林麻耶 「國光真耶」への改名は小林家・両親との完全決別宣言か
NEWSポストセブン
プーチン大統領の体調に様々な指摘が(Getty Images=共同)
「プーチン氏の後継者」に浮上、36歳大富豪の子息・コヴァリョフ氏の素顔
週刊ポスト
なぜ悠仁さまは最寄り駅近くから徒歩通学を?
悠仁さま、最寄り駅近くで送迎車降りて徒歩通学 「特別扱い求めない」ご意向か
週刊ポスト
薬局を視察する金正恩(写真/EPA=時事)
北朝鮮・金正恩がコロナ感染拡大を公表 「防疫部門は無能」発言に党幹部震え上がる
週刊ポスト
パチンコ店で時間を過ごす浅田舞
浅田舞、パチンコ店で合計6時間のスロット打ちに居合わせた客は「スマートな打ち筋」
NEWSポストセブン
布袋寅泰と今井美樹が食事
今井美樹、布袋寅泰のツアーにあわせて同伴帰国 「ロンドンひとり生活」に不安か
女性セブン
「月100万円しかない」という発言をした細田博之・衆院議長(時事通信フォト)
国会議員の歳費“2割カット”の詭弁 夏冬のボーナスは満額支給されていた
週刊ポスト
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
NEWSポストセブン
三浦百恵さんはキルトを続ける
三浦百恵さん 三浦友和とのキューピッドだった「芸能界の父」と最後の別れ
女性セブン
プーチン大統領の体調に様々な指摘が(Getty Images=共同)
プーチン大統領の「健康不安説」 足を引きずって歩いている様子も確認
週刊ポスト