ライフ

AGA治療5か月の記録 薄毛の副編集長(43)に毛が生えるまで

AGA治療の経過

AGA治療の経過

 まずは3か月ということで、服用を開始することを決意した。約6万円という大金を支払ったのだから、なんとか元をとってやりたいという気持ちがあふれてくる。

 とはいえ、飲み薬が1日1錠とシャワーのあとに塗り薬をシュッシュッと吹きかけるだけなので、特別な負担感もなく、すぐに習慣化した。

 そうして薄毛治療をしていることすら意識しなくなった1か月後、大きな変化があった。いつも通りシャンプーを手にとり、髪を洗っていたその時、指先に確かな生命感を感じたのだ。ワシワシという感触。しっかりした手応え。間違いない、生えてきた!

 しかし、またもリビングの妻は「べつに変わってないけど」とクールな対応。友人からも「全然分からない」「どこが変わったの?」と期待していた反応は返ってこない。

 正直、この時は少し気落ちした。手触りが変わっても、見た目が変わらなければ意味がない。本当に治療は効いているのだろうか。

 それからは自分から髪のことを話題にしないようになった。「全然変わってない」と言われるのは、月に2万円を払っている身には、そこそこショックだったからだ。

 そんな状況が一変したのは、治療開始から3か月が経った頃。

 自宅のソファに寝転んで本を読んでいると、背後で妻と娘が何か言っている。なになに、気づかないふりをしながら耳を澄ますと……。

「ママ、なんかパパの髪、増えた気がしない?」

「そうね。たしかに地肌が見えなくなったし、全体的に黒くなった気がするわね」

 思わず心の中でガッツポーズをしてしまう。なんとなくそんな気はしていた。でも、人から言われると嬉しさは格別だ。生えてきた! ついに奇跡が起きたのだ!

 そういえば、峯岸医師が言っていた。

「治療を開始すると、抜け毛が減って、髪の感触がしっかりしてきた、という人が多いです。早い人は服用から1か月くらいでそれを体感できます。3か月もすれば感触はもちろん、ご家族や周囲から見た目の変化を指摘されるというケースも増えますね」

関連記事

トピックス

捕手の及川(写真右端)は大学で野球を続ける選択を
佐々木朗希・高校3年の夏【後編】完全試合で報われた大船渡高校の部員たち
週刊ポスト
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
週刊ポスト
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン
背番号「12」を付けていた柴田貴広(現・大東文化大3年。撮影/藤岡雅樹)
佐々木朗希・高校3年の夏【前編】岩手大会決勝で投げた「背番号12」の思い
週刊ポスト
次なるステップは?(時事通信フォト)
元横綱・白鵬、周到すぎる宮城野部屋の「継承」で見えてきた“理事の椅子”
週刊ポスト
「保守路線の継承者」として名前が挙がる高市早苗氏(時事通信フォト)
安倍晋三元首相の政策後継者 保守路線は高市早苗氏、外交は萩生田光一氏が受け継ぐか
週刊ポスト
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
ラガーさん
ラガーさん、再び甲子園から姿を消す 本人が明かした「チケットが高すぎる!」の叫び
NEWSポストセブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン