幸せだった頃の小倉とA氏(写真は結婚直前の2018年8月)

幸せだった頃の小倉とA氏(写真は結婚直前の2018年8月)

 2020年2月に第3子の妊娠を発表したが、その直後に再びスキャンダルに見舞われた。

「2019年12月に、小倉さんが妊娠中にもかかわらずA氏が自宅を出てしまい、別居中だと報じられたのです。原因は、小倉さんが夫に暴言を吐いたからとも、その逆だともいわれ、小倉さんは自身のSNSで《夫を支える妻として私の至らない点がありました》と投稿する事態に。関係修復は困難かと思われていました。

 しかし、身重の小倉さんには夫のサポートが必要不可欠で、三男が生まれた際には《主人からの思い遣りに感謝しつつ過ごしておりますので、どうか温かく見守ってください》とコメントするなど、離婚とは違う選択肢を模索する様子も窺えました」(芸能関係者)

 しかし、小倉の思いもむなしく、ふたりは弁護士を通してでないとやり取りができなくなるなど、状況が好転することはなかった。そんな折、小倉は3人の子供を連れて、都心部のマンションからA氏の職場近くの一戸建てに移り住んだ。

「都心から離れたのは、子供を伸び伸びと育てたいという意向のほか、家の中にA氏のためのプライベート空間を確保したいという狙いがあったようです。ギスギスした空気が流れたときにA氏の“逃げ場”があれば、と部屋数が多い一戸建てを選び、夫が戻ってきやすい環境づくりに努めていたようです。しかし、A氏が戻ってくることはありませんでした」(前出・芸能関係者)

長すぎた別居期間

 そこまでして復縁を望み、努力も続けていたはずなのに、なぜ、小倉の気持ちは離婚へと傾いたのか。前出の小倉の知人が語る。

「結局、何をしても夫は戻ってこないと悟ったようです。復縁を諦めただけでなく、もう結婚そのものがこりごりだと言っています。別居が3年目に入ったことで、小倉さんも気持ちが切り替わった。しかも、離婚に際して養育費などのA氏からの支えを受けるつもりもないようなのです」

 小倉は、別居期間を通してA氏から生活費などを受け取っていなかったという。

「別居当初から、とにかく早く戻ってきてほしいと小倉さんは考えていました。なので『月額いくら』などと決めてしまうと、お金さえ払えば別居は続けられると思われ、その結果、離婚に至ってしまうのではないかと恐れていたのです。

 そのため生活費も養育費ももらわない別居生活が始まり、いまに至るまで一切もらっていないんだとか。小倉さんはワンオペ育児に奔走しながらも、仕事はひっきりなしに入ってくるようになったため、お金に困ることはなかったようです」(前出・小倉の知人)

関連記事

トピックス

喫煙、飲酒行為が発覚し五輪を辞退した宮田笙子(時事通信フォト)
《19歳飲酒・喫煙でパリ五輪辞退》体操女子・宮田笙子の実家は「400年以上の歴史を誇るお寺」エースが抱えていた「精神面での課題」
NEWSポストセブン
香取慎吾が“謝罪中継”もしたフジテレビに復帰
香取慎吾“因縁のフジテレビ”に復帰、2025年1月期スタート連続ドラマでの主演が内定 SMAPメンバー間の遺恨は完全消滅へ
女性セブン
中野英雄が運転するカブの後部座席に座る中山こころ
《離婚後も元妻と同居》俳優・中野英雄 “横須賀4連泊デート” のお相手「ホットパンツ姿の28歳下金髪女優」の正体 「家族ももちろん彼女のことは知ってます」
NEWSポストセブン
佳子さま「かつて交際が噂されたお相手男性が結婚」の余波 新たなお相手候補報道も
佳子さま「かつて交際が噂されたお相手男性が結婚」の余波 新たなお相手候補報道も
週刊ポスト
悠仁さまのトンボ研究に世間の耳目が集まる(写真/JMPA)
悠仁さま、「論文」「学会」「英語力」…東京大学推薦枠の募集要項はほぼクリア 残るハードルは「共通テストで8割以上」
女性セブン
『サンデーモーニング』MCの膳場貴子アナ(時事通信フォト)
サンモニ膳場貴子アナ“トランプ発言炎上”、反省しつつも「弱腰になるタイプじゃない」 トランプ陣営への厳しい目は変わらず“関口宏氏の正統後継者”へ
週刊ポスト
のれんをくぐり終えた中野はとりあえず左方向を確認した
《俳優・中野英雄を直撃》元妻宅⇔YouTube共演女優(31)と横須賀4連泊の二重生活「キスはないけどチューはある」「そりゃ大好きですよ」
NEWSポストセブン
なぜ佳子さまを含む秋篠宮家について取り上げないのか(時事通信フォト)
「1番新しい投稿に佳子さまが!!!!」宮内庁インスタグラムが佳子さまのお姿を初投稿にファン歓喜 “ワンショット”に期待の声も
NEWSポストセブン
“ジュノンボーイ”ファイナリストともに逮捕された佐野(時事通信フォト)
《サッカー日本代表が不同意性交容疑》佐野海舟と共に逮捕された“ジュノンボーイ”ファイナリスト・竹内迅人容疑者、落選で夢破れて芸能人養成スクールを辞めたばかりだった
NEWSポストセブン
大谷翔平夫人の真美子さんは奥様会でどうすごしている
《オールスターで特大HR》大谷翔平の妻・真美子夫人、ドジャース奥さま会で“目立たないように…” 集合写真では前列中央から“後列の端のほう”に立ち位置移動
女性セブン
ヨグマタ相川圭子 ヒマラヤ大聖者の人生相談
ヨグマタ相川圭子 ヒマラヤ大聖者の人生相談【第13回】結婚30年、離婚を考えています。妻のいやな部分ばかり目につくようになってきた
週刊ポスト
「週刊ポスト」本日発売! ポスト岸田「こいつだけはダメ!」リストほか
「週刊ポスト」本日発売! ポスト岸田「こいつだけはダメ!」リストほか
NEWSポストセブン