芸能

おぼん・こぼんは本当に仲直りしたのか 『水ダウ』その後を語る

『水ダウ』を振り返るこぼん師匠

『水ダウ』を振り返るこぼん(写真:小倉雄一郎)

──『水曜日のダウンタウン』の“解散ドッキリ企画”をきっかけに、再ブレイクを果たしています。当時は企画のために、一層仲が悪くなったりもしたと思います。今振り返ってみて、企画をやって良かったと思いますか。

こぼん:どうでしょうね。う~ん、難しいとこやけど……いい思いはさせてもらっているのは確かですから、やって良かったのかもしれません。

おぼん:もちろんですよ! 大成功。別に悪いことしてるわけやなし。最初のドッキリの放送が終わったらいっせいに携帯電話が鳴り始めて、1時間鳴り続けましたよ(笑い)。B&Bの島田洋七をはじめ、友だちから「大丈夫か!?」「ヒヤヒヤさせないでよ」って。孫にまで言われました。でも、芸人は話題になってナンボですから。

こぼん:あのとき腹立っておしぼり投げたのは、マジでした。「何してくれてんねん!」って腹立ちすぎて、オンエアは見てない。

おぼん:マネージャーから「こんな企画ありますけど」と聞かされたとき、「おもしろいな」と思って番組ディレクターと会って、「じゃあ、今までのうっ憤もあるから」ってオレが台本書いたんです。「謝れや!」って言うたら「何で謝らなあかんねん!」って言い返すのはわかってました。ところが、台本書いた仕掛け人のオレの方が逆上しちゃって、けんか別れになっちゃった。オレは瞬間湯沸かし器やから(笑い)。

こぼん:その次は催眠術で仲直りさせようとして。僕は怒って帰りましたけど、催眠術師が「すみません、すみません」ってあんまり謝るから、かかってあげれば良かったかな、と思いましたね。

おぼん:催眠術なんて、オレも絶対かかりません、性格的に! その企画は全然知らなかったけど、マルバレでした。「催眠術師ってこいつ、ホンマは絶対芸人やろ」ってずっと思いながら寝たふりして……。テレビの絵ヅラとして、どうしたらいいかを考えますから(笑い)。催眠術師が「お役に立てなくてすみません」って泣きながら謝るから、僕も葛藤はあって涙を浮かべてみたりしてね。ウソ泣きですわ(笑い)。

こぼん:最後の結婚式のときは、握手して仲直りするしかない。大人として。そういう流れやったから。

おぼん:そやかて、オレらの解散・仲直りの企画はホンモノやったから、視聴者の心に響いたんやと思う。ホンマもんの感情のぶつかり合いでしたから。

こぼん:「ええ大人が何してんねん」という人もいてるかもわかりませんけど、仲良くできた方が都合いいのにそれができない、ということは、誰にでもあることでしょうからね。

おぼん:結婚式で仲直りの回の放送後、「疎遠だった家族と仲よくしようと思った」とか「上司とケンカばかりしていたけど、やっぱり折れるのも必要と学んだ」とかってメッセージを視聴者からもらって嬉しかったですよ。

こぼん:おかげで、僕らが普段舞台に立っている浅草東洋館に、若いお客さんがいっぱい来るようになりました。

おぼん:すごいことですよ。

関連キーワード

関連記事

トピックス

京都の街を歩く舞妓のイメージ(写真/イメージマート)
元舞妓の〈16歳飲酒〉〈お風呂入り〉告発に、花街関係者も衝撃「未成年飲酒には厳しく対応しているはず」
NEWSポストセブン
前田敦子と篠田麻里子の女子会姿をキャッチ
前田敦子、篠田麻里子と六本木で4時間半女子会 元夫・勝地涼との関係は良好に
女性セブン
渡部
アンジャッシュ渡部建「応援の声」が増加 本格復帰は「グルメ路線」が現実的か
NEWSポストセブン
小泉を「ネエさん」と慕う満島(右)
ドラマで共演の満島ひかりと小泉今日子 意気投合した“私が男に飽きる時”
女性セブン
息の合ったコンビだった
『相棒』復帰の寺脇康文、登場シーンどうなる スーツ姿?警察学校で再教育?
NEWSポストセブン
謎めいたバッグを持つ広末涼子
広末涼子、“破壊力強すぎ”コーデは健在「背中に蜘蛛」私服に続き目撃された「謎バッグ」
NEWSポストセブン
すでに胴上げも(写真/共同通信社)
阪神逆転優勝「無理ではない」とOB 課題は鬼門の広島、心強い味方は巨人か
週刊ポスト
有権者に選ばれて当選したわけではない比例復活議員の中には…(時事通信フォト)
パパ活飲酒・吉川氏だけじゃない「比例復活ゾンビ議員」たちの不適切行為
週刊ポスト
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン
氷川きよしの買い物を目撃
氷川きよしが庶民派スーパーに!“圧倒的なオーラ”と“無駄のない動き”に感動
女性セブン
なぜ小室圭さん・眞子さん夫婦にこだわるのか?(時事通信フォト)
小室圭さん・眞子さん夫婦を追い続ける英紙「デイリー・メール」執念の源泉
週刊ポスト
吉川赳・衆院議員は執拗に“悪あがき”を…(写真は騒動の夜)
パパ活飲酒・吉川議員の“悪あがき” 女子大生のバイト先に押しかけていた
週刊ポスト