芸能

“全員ドッキリ”が成立するSnow Man、グループで評価される理由

「できれば全員で」と思わせる理由

 ジャニーズ事務所のアイドルに限らず、グループが知名度を上げ、人気を獲得していく上で鍵を握っているのは、メンバーの個人活動。「個人活動で得た人気や経験をメンバーに還元しながら、グループでの大ブレイクを目指す」という形がスタンダードであり、Snow Manにもその傾向が見られます。

 しかし、テレビマンたちと話をしていると、「Snow Manは1人より2人、2人より3人、3人より全員のほうが相乗効果で魅力を感じられるタイプのグループ」という声が返ってきます。個人としてもいいんだけど、できればグループで出てもらいたい。だから「全員そろえるのは難しい」ことはわかっていても、「できれば全員で」「できなければ3~4人で」という形でのオファーをしたくなるようなのです。

 テレビマンたちがSnow Manに「グループで出てほしい」と思う1つ目の理由は、彼らが全力かつ全速のリアクションが取れること。また、浮いたりスベったりを恐れない思い切りのよさや心の強さがあること。

 彼らはトーク、表情、動作などのリアクションが大きく、速く、ポジティブ。常に全力なので空回りしてしまうこともありますが、それも若さあってのものであり、人間味があっていい。何より「番組にテンポと明るさをもたらせるのがいい」と言うのです。

 なかでもバラエティは出演者たちのチームワークで成立しているため、出演者は必ずしも質の高さを求められているわけではありません。気の利いたコメントや笑いは、それが得意な芸人など他の出演者が担えばいいのであって、その点でテンポや明るさをもたらすSnow Manは計算の立つ存在のようなのです。ただ、今回の「“全員ドッキリ”という企画が土曜ゴールデンタイムで成立する」という事実は、もはや彼らだけで笑いをも担えるように成長したことの表れかもしれません。

 テレビマンがSnow Manに「グループで出てほしい」と思う2つ目の理由は、バラエティで活躍できる20代の男性芸能人が極端に少ないこと。2020年春以降、民放各局は10~40代がメインターゲットの番組に力を入れるようになり、出演者の若返りを図っています。

 しかし、各ジャンルの男性芸能人を見ると、芸人はアラフォーやアラフィフが中心であり、新たなブレイクも30代がほとんど。俳優には20代の主演クラスもいますが、もともと脚本通りに演じることが仕事の彼らはバラエティとの相性が微妙で、適応できる人も30~40代が多い。また、男性芸能人には、女性芸能人に多いバラドルやモデルタレントがほとんどいません。

「20代の男性芸能人がバラエティに足りない」という状態が続く中、ジャニーズ事務所のアイドルに白羽の矢が立てられるのは当然でしょう。しかもSnow Manのように、多くの固定ファン層を持っている上に、常に全力で気取ったところがなく、嫌われにくいグループなら言うことなしなのです。

関連記事

トピックス

京都の街を歩く舞妓のイメージ(写真/イメージマート)
元舞妓の〈16歳飲酒〉〈お風呂入り〉告発に、花街関係者も衝撃「未成年飲酒には厳しく対応しているはず」
NEWSポストセブン
注目を集めるNHK吉岡真央アナ
「ポスト和久田麻由子アナ」候補のNHK吉岡真央アナ 替え歌ダンスで“キャラの強さ”際立つ
週刊ポスト
前田敦子と篠田麻里子の女子会姿をキャッチ
前田敦子、篠田麻里子と六本木で4時間半女子会 元夫・勝地涼との関係は良好に
女性セブン
渡部
アンジャッシュ渡部建「応援の声」が増加 本格復帰は「グルメ路線」が現実的か
NEWSポストセブン
吉田拓郎(右)が、“同期”の小田和正と歴史的コラボ
吉田拓郎 ラストアルバムで小田和正と“歴史的コラボ”を実現させた狙い
週刊ポスト
謎めいたバッグを持つ広末涼子
広末涼子、“破壊力強すぎ”コーデは健在「背中に蜘蛛」私服に続き目撃された「謎バッグ」
NEWSポストセブン
小泉を「ネエさん」と慕う満島(右)
ドラマで共演の満島ひかりと小泉今日子 意気投合した“私が男に飽きる時”
女性セブン
有権者に選ばれて当選したわけではない比例復活議員の中には…(時事通信フォト)
パパ活飲酒・吉川氏だけじゃない「比例復活ゾンビ議員」たちの不適切行為
週刊ポスト
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン
氷川きよしの買い物を目撃
氷川きよしが庶民派スーパーに!“圧倒的なオーラ”と“無駄のない動き”に感動
女性セブン
なぜ小室圭さん・眞子さん夫婦にこだわるのか?(時事通信フォト)
小室圭さん・眞子さん夫婦を追い続ける英紙「デイリー・メール」執念の源泉
週刊ポスト
吉川赳・衆院議員は執拗に“悪あがき”を…(写真は騒動の夜)
パパ活飲酒・吉川議員の“悪あがき” 女子大生のバイト先に押しかけていた
週刊ポスト