国内

悠仁さま、筑附高入学で厳戒警備体制 宮内庁は過去の刃物事件がトラウマに

悠仁さまの高校生活が始まろうとしている(3月、東京・文京区。時事通信フォト)

悠仁さまの高校生活が始まろうとしている(3月、東京・文京区。時事通信フォト)

「絶対に失敗できない」。いま、秋篠宮家の職員たちは重圧を感じているという。4月9日、筑波大学附属高校(筑附高)の入学式が執り行われる。同校には今春、秋篠宮家の長男・悠仁さまが入学される。

「3月17日のお茶の水女子大学附属中学の卒業式には、秋篠宮さまと紀子さまがそろって出席されました。おふたりとも、わが子の晴れ姿を見届けることができ、たいそう楽しまれたようです。筑附高の入学式にもお出ましになるのではないでしょうか」(皇室記者)

 筑附高が、皇族を迎え入れるのは初めてのことだ。4月に入り、筑波関係者に警備体制の強化が知らされたという。

「24時間体制で、学校の正門前に2名の警備員を配置するというものでした。敷地の出入りも、身分証などで厳しく管理するとしています。期間は2025年3月31日まで。悠仁さまが卒業されるタイミングです」(筑波関係者)

 警備体制の構築には、筑波側と宮内庁側で入念に打ち合わせを行ったという。宮内庁側が神経質になるのも無理はない。お茶の水中で起きた「刃物事件」がトラウマとなっているからだ。

「2019年4月に、工事業者を装って中学校の校舎に侵入した男が、悠仁さまの机に刃物を置く事件が発生しました。偶然、悠仁さまのクラスは移動教室で不在でしたが、一歩間違えば取り返しのつかないことになっていた。紀子さまの取り乱しようは相当なものだったそうです。警備体制は宮内庁も把握していましたから、同じことが筑附高で起きてはならないと、特に秋篠宮家の職員は気が気ではないようです」(前出・皇室記者)

 卒業式を巡っては、天皇家の長女・愛子さまの成年会見と日程が重なるという事態が起きた。新聞やテレビでは、愛子さまの会見が大々的に報じられ、必然的に悠仁さまの扱いは小さくなった。後日、宮内庁長官は日程の重複を「私のミス」と明かした。

「卒業式は1年前から決まっていた。愛子さまの会見があとから重なってしまった格好です。宮内庁内部では、“天皇家の愛子さま側が配慮する必要はない”という意見が大勢を占めますが、長官は自身に責任があるように述べました。紀子さまが秋篠宮家の職員に対してお強く当たってしまうことに配慮して、自分のミスだと強調したのではないか」(皇室ジャーナリスト)

 また、筑附高への合格が発表された2月には、作文コンクールで佳作を受賞した悠仁さまの作品に、参考文献として記載のないガイドブックなどと酷似した箇所が数か所見受けられるという「コピペ問題」が浮上した。

「事の顛末を知った紀子さまは、沈痛な面持ちだったそうです。やり場のない怒りの矛先が、職員や、文学賞への応募を促したお茶の水中の関係者へ向けられたこともあったようです」(宮内庁関係者)

関連記事

トピックス

かつてはコンビを組んでいたさんま
明石家さんまの“元相方”がイベント話の寸借詐欺で逮捕 兄弟子の哀しい転落人生
女性セブン
上島さんがよく歌った『ホームにて』とは
有吉弘行が上島竜兵さんに捧げた中島みゆき『ホームにて』 都会で踏ん張る2人を支えた一曲
女性セブン
高木菜那の爽やかな笑顔
スケート高木菜那に「可愛い!」の声殺到 天然系&大食いキャラで「新バラエティ女王」への期待
NEWSポストセブン
『夢対決2022とんねるずのスポーツ王は俺だ!!』
とんねるずの復権はあるか? フジ新社長に「小港さん」港浩一氏内定で
NEWSポストセブン
侵攻間もない3月9日、首都キーウでは軍事演習が行なわれていた(写真=Reuters/AFLO)
ロシアによるウクライナ侵攻 「出口なき戦争」の現在地、その被害と損失戦力
週刊ポスト
再び「フリー転身」が噂される日本テレビの水卜麻美アナ
水卜麻美アナ「フリー転身」の噂が再び日テレ社内で浮上 背景に久野静香アナの退社か
NEWSポストセブン
細田博之・議長の反論を聞いたが…(時事通信フォト)
細田博之・議長が歳費問題で反論「所得税や住民税も高くとられている」
週刊ポスト
小林麻耶
小林麻耶 「國光真耶」への改名は小林家・両親との完全決別宣言か
NEWSポストセブン
食事を受け取ってオフィスに戻る小室圭さん
小室圭さん3度め試験の詳細判明 「学歴エリートの彼なら大丈夫」エールの声
NEWSポストセブン
なぜ悠仁さまは最寄り駅近くから徒歩通学を?
悠仁さま、最寄り駅近くで送迎車降りて徒歩通学 「特別扱い求めない」ご意向か
週刊ポスト
パチンコ店で時間を過ごす浅田舞
浅田舞、パチンコ店で合計6時間のスロット打ちに居合わせた客は「スマートな打ち筋」
NEWSポストセブン
三浦百恵さんはキルトを続ける
三浦百恵さん 三浦友和とのキューピッドだった「芸能界の父」と最後の別れ
女性セブン