ビジネス

鉄道車両の余生 塗り替えなしに地方を走ることも増加

2013年に行われた「熊本電鉄電車ふれあいまつり」では、通称「青ガエル」元東急5000系電車(左)や昭和3年製造の「モハ71号」車両(右)などのレトロな電車が熊本電気鉄道の北熊本駅車両工場で展示された(時事通信フォト)

2013年に行われた「熊本電鉄電車ふれあいまつり」では、通称「青ガエル」元東急5000系電車(左)や昭和3年製造の「モハ71号」車両(右)などのレトロな電車が熊本電気鉄道の北熊本駅車両工場で展示された(時事通信フォト)

熊本電鉄が車体カラーを変えない理由

 大館市のほかにも、過去に青ガエルを引き取って実際に営業運転していた鉄道会社もある。それが熊本電気鉄道(熊本電鉄)だ。

「わずかな期間ですが、熊本電鉄で引き取った青ガエルを当社独自のカラーで走らせていたことがあります。しかし、車体を塗り替える際に東急時代の緑色に戻したら、思いのほか好評でした。わざわざ東京から乗りに来てくださるお客さんもいました」と懐古するのは熊本電鉄運輸課の担当者だ。

 熊本電鉄を走っていた青ガエルは2016年に運行を終了したが、熊本電鉄は2015年に東京メトロ銀座線から退役した中古車両を購入している。熊本電鉄に譲渡された東京メトロ銀座線の車両は、車体カラーを当時のままで運行をしている。

 銀座線のほかにも、熊本電鉄は2019年に東京メトロから日比谷線の車両を購入している。東京メトロの鉄道車両を続けて購入したのは偶然に過ぎず、「特に東京から鉄道ファンなどを呼び寄せる観光コンテンツにする目的ではありません。また、今後も観光の目玉にすることは考えていません」(熊本電鉄運輸課の担当者)という。

 そして、このほど熊本電鉄は静岡鉄道から古い車両を引き取った。静岡鉄道から引き取った車両も塗り替えずに運行を開始している。

「車体カラーを変えないのは、単純に経費を少しでも抑えるためです。鉄道車両は帯だけを塗り替えても、一編成で約200万円かかります。車体全体を塗り替えることになったら、費用はもっと高くなるのです。利用者の少ないローカル線は、少しでも経費を切り詰めなければなりません」(熊本電鉄運輸課の担当者)

 あちこちの鉄道事業者から鉄道車両を購入すると、熊本電鉄の車両から統一性が失われてしまう。それは鉄道会社としてのアイデンティティを喪失することにもつながりかねない。

「そうした懸念はありますが、まずは鉄道を存続させることが大事です。地方のローカル線は常に赤字です。少しでも経費を削減しなければならないのです」(熊本電鉄運輸課の担当者)

 熊本電鉄は観光の目玉にすることは否定したが、車体カラーをそのままにすることで沿線外需要を呼び込もうとする鉄道事業者もある。少なからず幼少期や青春時代に利用していた車両に会いたいと遠くまで足を運ぶファンがいるからだ。

関連記事

トピックス

公務に邁進されている(6月、東京・港区)
佳子さま「公務に積極的」になられた背景に「皇籍離脱」「結婚」か
女性セブン
亜希
亜希 陰から見守る元夫・清原和博と息子達との「父子鷹」
NEWSポストセブン
披露宴での志摩ノ海と元関脇・逆鉾の長女・清香さん(時事通信フォト)
故・逆鉾の長女が結婚で後継者確定も名門・井筒部屋再興への“高いハードル”
週刊ポスト
SNSでの発信力も大きい新庄ビッグボス(時事通信フォト)
新庄ビッグボスのインスタ投稿が波紋 「ファンとそれ以外の分断を煽る」の指摘も
NEWSポストセブン
クルマ、ギター、アート、スケートボードにもこだわる
長瀬智也、英国のバイク誌に登場 悠々自適な暮らしに「所ジョージ化している」の声
女性セブン
小室圭さんと眞子さん
小室圭さん妻・眞子さんがNYで行きつけのスーパーから見えてきた“妻の気遣い”「日本でいえば『成城石井』」 
NEWSポストセブン
京都の街を歩く舞妓のイメージ(写真/イメージマート)
元舞妓の〈16歳飲酒〉〈お風呂入り〉告発に、花街関係者も衝撃「未成年飲酒には厳しく対応しているはず」
NEWSポストセブン
不祥事を理由に落選したはずなのに、比例で復活されては…(左は塚田一郎氏、右は中川郁子氏/写真=共同通信社)
「不倫路チュー」「USBは穴に…」失言・不祥事で落選しても比例復活するゾンビ議員たち
週刊ポスト
注目を集めるNHK吉岡真央アナ
「ポスト和久田麻由子アナ」候補のNHK吉岡真央アナ 替え歌ダンスで“キャラの強さ”際立つ
週刊ポスト
前田敦子と篠田麻里子の女子会姿をキャッチ
前田敦子、篠田麻里子と六本木で4時間半女子会 元夫・勝地涼との関係は良好に
女性セブン
謎めいたバッグを持つ広末涼子
広末涼子、“破壊力強すぎ”コーデは健在「背中に蜘蛛」私服に続き目撃された「謎バッグ」
NEWSポストセブン
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン