国内

佳子さま 結婚は小室さん騒動の影響で難航必至、「結婚後も皇族」案に不満も

佳子さまは眞子さんのNYでの自由な暮らしなどを見てどう思われているのか(写真/宮内庁提供)

眞子さんの結婚騒動の影響もあるようだ(写真/宮内庁提供)

 小室圭さんとの婚約準備が最初に報じられたとき、眞子さんは25才だった。すでに佳子さまは、その年齢を超えられている。紆余曲折がありながらも自由の国へ渡った姉の姿は、いまだ皇室というカゴのなかにいる佳子さまの目にどう映っているのだろう──。

 眞子さんがニューヨークで暮らし始めて半年。佳子さまは、皇室を離脱した眞子さんから、多くの公務を引き継いだ。しかし、その一方で胸の内には“姉のように家を出たい”という強い願いを秘められているという。原因の1つは秋篠宮ご夫妻との複雑な関係だ。宮内庁関係者がいう。

「秋篠宮ご夫妻は、眞子さん、佳子さまに、女性皇族としての自覚と覚悟をしっかりとお教えになりました。一方、お年を召されてからお生まれになった悠仁さまには、特に愛情深く接されてきた。“将来の天皇を預っている”という特別な思いもおありでしょう。時にそれが、“甘さ”になってしまったこともあったようです。

 眞子さん、佳子さまに対しては叱責されていたことに関して、悠仁さまに対しては何も言わないというようなこともあったといいます。佳子さまは、年の離れた弟の悠仁さまのことをかわいがられていましたが、ご夫妻の態度には疑問を持たれたでしょう」

 女性皇族にとって、皇室を出るスタンダードな方法は「結婚」だ。だが、眞子さんの結婚騒動が尾を引く状況にあって、佳子さまの結婚は一筋縄ではいかないだろう。

「佳子さまは周囲への観察力が鋭く、ご判断も慎重です。ご自身の結婚は、国民からの納得と祝福が得られる形で進められるでしょうから、異例の“強行結婚”の眞子さんのようにはならないでしょう。

 ただ、“次の天皇家”を担う秋篠宮ご夫妻にとって、国民の信頼はもう裏切れない。石橋を叩いて渡るがごとく細心の注意を払われるでしょうから、仮に立派なお相手が現れても、トントン拍子に縁談が進むとは考えづらい状況です」(別の宮内庁関係者)

 仮に結婚されても、皇室との関係を断ち切れるかは不明瞭だ。皇族数の確保は積年の課題であり、昨年12月、政府の有識者会議の最終報告書には、「女性皇族が結婚後も皇室に残る案」が盛り込まれた。

「佳子さまは、“結婚後も皇族”という案に不満を持たれていると聞きます」(皇室ジャーナリスト)

関連記事

トピックス

再び「フリー転身」が噂される日本テレビの水卜麻美アナ
水卜麻美アナ「フリー転身」の噂が再び日テレ社内で浮上 背景に久野静香アナの退社か
NEWSポストセブン
食事を受け取ってオフィスに戻る小室圭さん
小室圭さん3度め試験の詳細判明 「学歴エリートの彼なら大丈夫」エールの声
NEWSポストセブン
小林麻耶
小林麻耶 「國光真耶」への改名は小林家・両親との完全決別宣言か
NEWSポストセブン
プーチン大統領の体調に様々な指摘が(Getty Images=共同)
「プーチン氏の後継者」に浮上、36歳大富豪の子息・コヴァリョフ氏の素顔
週刊ポスト
なぜ悠仁さまは最寄り駅近くから徒歩通学を?
悠仁さま、最寄り駅近くで送迎車降りて徒歩通学 「特別扱い求めない」ご意向か
週刊ポスト
薬局を視察する金正恩(写真/EPA=時事)
北朝鮮・金正恩がコロナ感染拡大を公表 「防疫部門は無能」発言に党幹部震え上がる
週刊ポスト
パチンコ店で時間を過ごす浅田舞
浅田舞、パチンコ店で合計6時間のスロット打ちに居合わせた客は「スマートな打ち筋」
NEWSポストセブン
布袋寅泰と今井美樹が食事
今井美樹、布袋寅泰のツアーにあわせて同伴帰国 「ロンドンひとり生活」に不安か
女性セブン
「月100万円しかない」という発言をした細田博之・衆院議長(時事通信フォト)
国会議員の歳費“2割カット”の詭弁 夏冬のボーナスは満額支給されていた
週刊ポスト
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
NEWSポストセブン
三浦百恵さんはキルトを続ける
三浦百恵さん 三浦友和とのキューピッドだった「芸能界の父」と最後の別れ
女性セブン
プーチン大統領の体調に様々な指摘が(Getty Images=共同)
プーチン大統領の「健康不安説」 足を引きずって歩いている様子も確認
週刊ポスト