ライフ

藤井聡太竜王「どんなに連勝しても気が緩まない」師匠と宿敵が語った強さの本質

感想戦をする藤井竜王(当時四段)を見守る杉本師匠(時事通信フォト)

感想戦をする藤井竜王(当時四段)を見守る杉本師匠(時事通信フォト)

──将棋以外のことで、藤井さんに何かを教える機会はありますか?

杉本:将棋界の先輩として経験談を話すぐらいですかねえ。永瀬さんはタイトル戦の封じ手(※2日制の対局で、初日終了時の手番側が指す手を紙に書いて封じること。指しかけの夜に考慮時間の有利不利が生じないために行なう)のことを聞かれませんでしたか?

永瀬:逆なんです。2日制のタイトル戦に出るのは藤井さんのほうが早かったので、むしろ教えてもらいました。

 私が教えたことと言えば、10歳年上なので、胃もたれが始まるタイミングや、体が痛くなってくる時期とかですね。

杉本:藤井竜王は自ら学んでいくタイプの人間です。年少の頃から話している内容が実年齢より3つ4つ年上に見えました。小学1年生だったら4年生くらいですね。体の大きさではなく雰囲気です。周りの兄弟子は3つ4つ年上でしたが、会話が普通に成立していました。

人生を変えてもらった

──私も取材で中学3年生当時の藤井さんとメールのやり取りをしましたが、誤字脱字がまったくない明晰な文章に驚きました。

杉本:そうでしたか。最初に永瀬さんが、藤井竜王は序盤から時間を使うという話をしていましたが、小学1年生の頃から時間を目一杯使っていました。これは羽生世代に多い時間の使い方で、今の若手にしてはかなり珍しいタイプ。時間を残すのは急所の終盤で間違えたくないから。でも正解を出し続けられるのなら、妥協せずに考え抜くのがいい。それを実行できているのが藤井竜王なんです。私も長考派なので、まさか悪影響ではないでしょうけど(笑)。

──お二人は藤井さんからどんな影響を受けましたか?

永瀬:藤井さんと研究会を始めた頃の自分は、今後もタイトル戦に出られるかどうかわからないレベルでした。でも藤井さんの将棋への真摯な姿を見て、考え方が根本的に変わりました。謙虚な人間性など、棋士はこうあらねばならないと痛感しました。藤井さんにしがみつくことによって棋力が上がり、タイトルを獲得できたので本当に幸運です。自分の人生を変えてくれた人の一人が藤井さんですね。

杉本:「藤井竜王の師匠」という認知が広まり、将棋を知らない方との接点が増えました。仕事のため、地元の名古屋でタクシーに乗ると、かなりの高確率で話しかけられます。あと自分の将棋への好影響も間違いなくあります。彼を見ていると、何歳になってもやる気があれば成長できると思わせてくれます。

関連キーワード

関連記事

トピックス

京都の街を歩く舞妓のイメージ(写真/イメージマート)
元舞妓の〈16歳飲酒〉〈お風呂入り〉告発に、花街関係者も衝撃「未成年飲酒には厳しく対応しているはず」
NEWSポストセブン
前田敦子と篠田麻里子の女子会姿をキャッチ
前田敦子、篠田麻里子と六本木で4時間半女子会 元夫・勝地涼との関係は良好に
女性セブン
渡部
アンジャッシュ渡部建「応援の声」が増加 本格復帰は「グルメ路線」が現実的か
NEWSポストセブン
小泉を「ネエさん」と慕う満島(右)
ドラマで共演の満島ひかりと小泉今日子 意気投合した“私が男に飽きる時”
女性セブン
息の合ったコンビだった
『相棒』復帰の寺脇康文、登場シーンどうなる スーツ姿?警察学校で再教育?
NEWSポストセブン
謎めいたバッグを持つ広末涼子
広末涼子、“破壊力強すぎ”コーデは健在「背中に蜘蛛」私服に続き目撃された「謎バッグ」
NEWSポストセブン
すでに胴上げも(写真/共同通信社)
阪神逆転優勝「無理ではない」とOB 課題は鬼門の広島、心強い味方は巨人か
週刊ポスト
有権者に選ばれて当選したわけではない比例復活議員の中には…(時事通信フォト)
パパ活飲酒・吉川氏だけじゃない「比例復活ゾンビ議員」たちの不適切行為
週刊ポスト
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン
氷川きよしの買い物を目撃
氷川きよしが庶民派スーパーに!“圧倒的なオーラ”と“無駄のない動き”に感動
女性セブン
なぜ小室圭さん・眞子さん夫婦にこだわるのか?(時事通信フォト)
小室圭さん・眞子さん夫婦を追い続ける英紙「デイリー・メール」執念の源泉
週刊ポスト
吉川赳・衆院議員は執拗に“悪あがき”を…(写真は騒動の夜)
パパ活飲酒・吉川議員の“悪あがき” 女子大生のバイト先に押しかけていた
週刊ポスト