「有吉は絶対にまた来るから」

2009年、映画『カールじいさんの空飛ぶ家』いい夫婦プレミアム試写会に出席した上島夫妻

2009年、映画『カールじいさんの空飛ぶ家』いい夫婦プレミアム試写会に出席した上島夫妻

 もうひとつ忘れられない出来事がある。初の書籍発売の記念として銀座にあった福家書店で握手会をやったときのこと。開始時間が平日の15時というのに長蛇の列ができ、メディアもテレビの生中継、各新聞社、雑誌社が押し寄せ、お祭り状態だった。「上島さん、もの凄い数の人が集まっています」と一目散に待合室で待機している上島さんに告げた。

「またまた〜。こんな平日に人なんかくるわけないじゃない。気を遣わなくていいから。後で落ち込むのは俺だよ」

 そう訝しがりながら会場に行くと、250人以上のファンが歓声を上げる。上島さんは「まさか!?」といった顔でかしこまり、終始もじもじしながらひとりひとりに丁寧に頭を下げて握手していた。

 そのときの上島さんの顔をしっかりと覚えている。予想以上のギャラリーのためか顔が強ばり、なんだか申し訳なそうにしながらファンの人たちの目を見て「ありがとうございます」と優しい笑みを浮かべて心の籠った握手をしていた。照れているというより奥ゆかしさを感じた。これが、“竜ちゃん”なんだ、と思った瞬間でもあった。

 本業のお笑いに関しても優れた慧眼を持っていた。有吉弘行が一発屋としてまだ低迷していた時期、「有吉は絶対にまた来るから」としきりに連呼していた。伝記の打ち上げのときも「有吉は必ず来る。俺の目に狂いはない」と大声で叫び、「いやいや、狂ってばっかじゃねえか!」と土田や劇団ひとりに突っ込まれていた。

 それでも僕に耳打ちするように「必ず有吉来るから見ててよ」と泥酔して呂律が回らない中でも言っていたのをよく覚えている。現に、有吉は大ブレークした。目に狂いはなかった。

 自分の本ゆえか、後輩芸人にも話を聞いて取り上げて欲しいと僕なんかに丁寧に頼み込み、とにかく頑張っている後輩を引き立てようとする思いがありありと見えた。いつも周りに気を遣い、慎み深い姿が逆にお茶目に見えた。

 上島さんの笑顔は、朝方の太陽のようにキラキラしていつも温かかった──。

◆文・松永多佳倫(まつなが・たかりん)/ノンフィクション作家。1968年、岐阜県生まれ。琉球大学卒業後、出版社勤務を経て執筆活動開始。近著に『確執と信念 スジを通した男』(扶桑社刊)など。

【相談窓口】

「日本いのちの電話」

ナビダイヤル 0570-783-556(午前10時~午後10時)

フリーダイヤル 0120(783)556(毎日:午後4時~同9時、毎月10日:午前8時~翌日午前8時)

関連記事

トピックス

冬のNYの眞子さん
小室眞子さん、渡米1年で深まる秋篠宮ご夫妻との溝 状況打破のために登用された「元客室乗務員」
女性セブン
香田晋
《親子共演動画を発見》引退した元紅白歌手・香田晋の息子がイケメンYouTuberになっていた!
NEWSポストセブン
問題となっている動画(SNSより)
【独占】スシロー「湯呑みペロペロ」高校生の父親が涙の謝罪 「本人はものすごく反省しています」「動画撮影はしていない」
NEWSポストセブン
羽生善治はいかにして復活を遂げたのか
【天才棋士・羽生善治の復活】AIの登場で下降し続けた成績 もがいて迷った1年を追う
週刊ポスト
長瀬智也 新バンド結成か、バレンタイン翌日に始動へ 謎の言葉「KT.」が意味するもの
長瀬智也 新バンド結成か、バレンタイン翌日に始動へ 謎の言葉「KT.」が意味するもの
女性セブン
Toshl、新曲での叫びはYOSHIKIへの決別宣言か「スッキリしてすがすがしい人生を」
Toshl、新曲での叫びはYOSHIKIへの決別宣言か「スッキリしてすがすがしい人生を」
女性セブン
,松本潤
平野紫耀、26歳の誕生日を韓国で迎える ソウルでの目撃情報にファン騒然
女性セブン
オーラを放ちながら店を出る松本
松本潤「生ビール400円」庶民派居酒屋に通う 大河の座長としてグルメ感度の高さを発揮
女性セブン
EXITのふたり
EXIT・兼近大樹、指南役「ルフィ」との関係に相方・りんたろー。が沈黙を守り続ける理由
NEWSポストセブン
両陛下とともに日本の勝利を喜ばれた(2022年12月、東京・千代田区。写真/宮内庁提供)
愛子さま、御所でW杯戦士とご面会 森保監督や長友選手らにねぎらいの言葉
女性セブン
妻の松本伊代
松本伊代、正月は自宅で過ごすも再入院 ヒロミ「笑っちゃうほど大変」介護での共倒れを心配し苦渋の決断
女性セブン
泉ピン子
泉ピン子、渡鬼ファミリー勢揃いドラマに出番なし 「えなり」選んだ石井ふく子との対立泥沼化
女性セブン