「有吉は絶対にまた来るから」

2009年、映画『カールじいさんの空飛ぶ家』いい夫婦プレミアム試写会に出席した上島夫妻

2009年、映画『カールじいさんの空飛ぶ家』いい夫婦プレミアム試写会に出席した上島夫妻

 もうひとつ忘れられない出来事がある。初の書籍発売の記念として銀座にあった福家書店で握手会をやったときのこと。開始時間が平日の15時というのに長蛇の列ができ、メディアもテレビの生中継、各新聞社、雑誌社が押し寄せ、お祭り状態だった。「上島さん、もの凄い数の人が集まっています」と一目散に待合室で待機している上島さんに告げた。

「またまた〜。こんな平日に人なんかくるわけないじゃない。気を遣わなくていいから。後で落ち込むのは俺だよ」

 そう訝しがりながら会場に行くと、250人以上のファンが歓声を上げる。上島さんは「まさか!?」といった顔でかしこまり、終始もじもじしながらひとりひとりに丁寧に頭を下げて握手していた。

 そのときの上島さんの顔をしっかりと覚えている。予想以上のギャラリーのためか顔が強ばり、なんだか申し訳なそうにしながらファンの人たちの目を見て「ありがとうございます」と優しい笑みを浮かべて心の籠った握手をしていた。照れているというより奥ゆかしさを感じた。これが、“竜ちゃん”なんだ、と思った瞬間でもあった。

 本業のお笑いに関しても優れた慧眼を持っていた。有吉弘行が一発屋としてまだ低迷していた時期、「有吉は絶対にまた来るから」としきりに連呼していた。伝記の打ち上げのときも「有吉は必ず来る。俺の目に狂いはない」と大声で叫び、「いやいや、狂ってばっかじゃねえか!」と土田や劇団ひとりに突っ込まれていた。

 それでも僕に耳打ちするように「必ず有吉来るから見ててよ」と泥酔して呂律が回らない中でも言っていたのをよく覚えている。現に、有吉は大ブレークした。目に狂いはなかった。

 自分の本ゆえか、後輩芸人にも話を聞いて取り上げて欲しいと僕なんかに丁寧に頼み込み、とにかく頑張っている後輩を引き立てようとする思いがありありと見えた。いつも周りに気を遣い、慎み深い姿が逆にお茶目に見えた。

 上島さんの笑顔は、朝方の太陽のようにキラキラしていつも温かかった──。

◆文・松永多佳倫(まつなが・たかりん)/ノンフィクション作家。1968年、岐阜県生まれ。琉球大学卒業後、出版社勤務を経て執筆活動開始。近著に『確執と信念 スジを通した男』(扶桑社刊)など。

【相談窓口】

「日本いのちの電話」

ナビダイヤル 0570-783-556(午前10時~午後10時)

フリーダイヤル 0120(783)556(毎日:午後4時~同9時、毎月10日:午前8時~翌日午前8時)

関連記事

トピックス

別宅で暮らし続ける芝翫
【中村芝翫、度重なる不倫騒動】舞台で共演“既婚者の大物女優”と親密だった疑惑、妻・三田寛子の抗議で交際解消か
女性セブン
並々ならぬ上昇志向でのし上がってきた2人の女傑(写真/共同通信社、時事通信フォト)
小池百合子氏vs蓮舫氏「似た者同士の東京都知事選」 元都知事、元副知事、元側近ら“蹴落とされた男たち”が語る2人の「怖さ」と「権力欲」
週刊ポスト
中村芝翫と三田寛子
「もうインスタの投稿をやめてくれないか」4度目不倫の中村芝翫が妻・三田寛子に呈していた苦言の裏にある「本当の意図」
NEWSポストセブン
内田容疑者とともに殺人容疑がかけられている19歳のA子。内田容疑者のSNSにはA子が頻繁に登場していた
共犯の19歳A子を“舎弟”と呼んだ内田梨瑚容疑者(21) 殺害直後、タバコ片手にノリノリで『非行少女』を歌う姿をSNSに投稿 「頬を寄せながら……」【旭川・女子高生殺害】
NEWSポストセブン
草葉の陰で何を思うか
小澤征爾さん「お別れ会」に長男・小澤征悦と妻・桑子真帆アナは参加せず 遺産管理を巡り実姉との間に深い溝
女性セブン
殺人未遂容疑で逮捕された笹山なつき容疑者
《鹿児島2歳児カッター切りつけ》3月末に10人退職…“要塞”と揶揄される保育園の中で何が「口調の強い園長先生」「新卒職員が2カ月で髪ボサボサで保護者会に…」近隣住民語る10年前の異変
NEWSポストセブン
殺人容疑で逮捕された内田梨湖容疑者(SNSより)
《強気な性格の私も愛して》内田梨瑚容疑者がSNSの写真転載にキレた背景に加工だらけのTikTok投稿【旭川・女子高生殺害】
NEWSポストセブン
「完封デート」の小笠原慎之介選手(時事通信)
中日・小笠原慎之介“北川景子似美女”と焼肉→ホテルの「完封デート」撮 “モテないキャラ”も育んでいた遠距離愛
NEWSポストセブン
度重なる不倫が報じられてきた歌舞伎役者の中村芝翫
【凄絶不倫】中村芝翫「アンジェリーナ・ジョリー似から熊田曜子似まで」三田寛子とは全く異なる愛人のルックス「好みは妖艶タイプ」
NEWSポストセブン
殺人容疑で逮捕された内田梨瑚容疑者(SNSより)
《17歳の女子高生を殺害》昼は化粧品店で働いた内田梨瑚容疑者(21)が旭川の繁華街「未成年飲酒・喫煙」界隈で見せていた「ヤンキー系」素顔
NEWSポストセブン
三田寛子と中村芝翫夫婦の家で、芝翫と愛人が同棲しているという
【不倫真相スクープ】三田寛子、実家を乗っ取られた? 中村芝翫と愛人の生活が“通い愛”から同棲に変化 ガレージには引っ越しの段ボールが山積み
女性セブン
「週刊ポスト」本日発売! 小池百合子vs蓮舫「ものすごい権力欲」ほか
「週刊ポスト」本日発売! 小池百合子vs蓮舫「ものすごい権力欲」ほか
NEWSポストセブン