スポーツ

天心vs武尊の仕掛け人RIZIN代表・榊原信行氏「反社交際音声」流出トラブル

格闘技団体「RIZIN」代表の榊原信行氏に浮上した疑惑とは

格闘技団体「RIZIN」代表の榊原信行氏に浮上した疑惑とは(写真/Getty Images)

 テレビと反社との関係が問われる問題がまたも浮かび上がってきた。日本格闘技史上最大のビッグマッチ──その生中継を目前に、関係者の驚くべき騒動が噴出した。

「警察が捜査している」

 1か月後に迫った「世紀の一戦」に、格闘技ファンは待ちきれない思いだろう。6月19日、東京ドームで開催される那須川天心と武尊(たける)の「キックボクシング頂上対決」は、長年両者が対決を望みながら、所属団体の違いからなかなか実現しない夢のカードだった。

 それを実現に導いたのが、実行委員を務める格闘技団体「RIZIN」代表の榊原信行氏(58)である。格闘技ジャーナリスト・片岡亮氏が言う。

「榊原氏は、那須川選手をRIZINに参戦させ、プロボクシング五階級制覇のメイウェザーとマッチメイクするなどして一躍スターに押し上げました。K-1のトップである武尊選手との一戦は、団体間の交渉の末にフジテレビの生中継を実現させた。複雑な交渉をテレビを中心にまとめあげるのがプロモーターとしての榊原氏の手腕です」

 チケットの最高額は300万円だが、会見に臨んだ榊原氏は「間違いなく完売する」と自信を見せ、事実、前売り券は即完売となった。だが、そのドリームマッチの開催さえも左右しかねないトラブルが榊原氏に起きているという。その中身に触れる前に、まずは榊原氏の弁だ。

「今、警察が入って捜査していますから、何も言えないんです」

 電話での本誌・週刊ポストの直撃に詳細は語らなかったものの、警察沙汰となっていることを認めた。

 そのトラブルとは、榊原氏に接触したX氏というジャーナリストとの間で起きた。その一連の経緯が犯罪行為にあたるとして、榊原氏はX氏を刑事・民事で告訴するべく動いているというのだ。

 では、X氏は榊原氏に「何」を取材したのか。X氏が記事の材料として榊原氏に示したのは、榊原氏の会話が収められたとされる音声データだった。このデータは格闘技業界関係者の間で出回っていたとされるもので、それを入手したX氏は昨年12月、この会話の内容について聞くために榊原氏と面会したという。X氏に経緯を訊ねた。

「榊原氏はその場で、音声の出所や(私にデータを提供した)情報源をさかんに聞いてきました。その後、音声データを送ると、榊原氏は記事を止めるなら、500万円を支払うと言ってきたのです。

 私ではなく、私の情報源が拡散させることを恐れていた様子でした。私は500万円を現金で受け取り、情報源にそのまま渡しました」

 X氏は「金銭は『口止め料』という認識で、支払いは榊原氏の申し出だった」とするものの、金銭を受け取って記事を止めたのなら、もはやそれは「取材」とはいえないだろう。榊原氏は「犯罪行為」と受け止めたようで、「後に榊原氏から、恐喝の疑いで刑事告訴を検討していると通告された」(X氏)という。

関連記事

トピックス

町田啓太と玄理の熱愛は5年前から
【全文掲載】町田啓太が4才年上国際派女優と“トイプードル同棲” 仕事好調の裏に彼女の支え
女性セブン
坂本勇人の女性スキャンダルをTV局などが報じない理由は?(時事通信フォト)
「スルー対応」が続く坂本勇人のスキャンダル テレビ、新聞の若手記者からは「巨人を担当したくない」などの声も
NEWSポストセブン
宮澤エマ(公式HPより)
『鎌倉殿の13人』、事件のカギともなる“乳母力”を時代劇研究家が解説
NEWSポストセブン
日本を明るく照らしたアントニオ猪木さん
アントニオ猪木さんが「サライを熱唱」し「超能力を披露」した六本木の夜
NEWSポストセブン
オールジャンルで活躍中、津田健次郎 転機となった朝ドラ『エール』での出会い
オールジャンルで活躍中、津田健次郎 転機となった朝ドラ『エール』での出会い
女性セブン
弘中綾香アナ(2019年)
弘中綾香アナ 電撃婚の「資産15億円社長」と育んだ「マンション同フロア恋愛」
NEWSポストセブン
両陛下のファッションはイタリアの新聞社から絶賛された(GettyImages)
エリザベス女王国葬、弔意を届けた「喪服姿のトップレディたち」その注目ファッション
女性セブン
好きな女性アナで3連覇を果たしたテレビ朝日の弘中綾香アナ(写真/ロケットパンチ)
弘中綾香アナ、結婚相手は同い年のベンチャー企業社長だった「資産約15億円」「小栗旬似のイケメン」
NEWSポストセブン
熱愛が発覚した玄理と町田啓太
町田啓太と女優・玄理の交際、ファンをモヤつかせていた「お揃いルック」の数々
NEWSポストセブン
逆風だらけの国葬に安倍昭恵さん放心状態 地元山口での「県民葬」も新たな火種に
逆風だらけの国葬に安倍昭恵さん放心状態 地元山口での「県民葬」も新たな火種に
女性セブン
イギリスではつつがなくお務めを果たされた(9月、イギリス・ロンドン。写真/共同通信社)
雅子さま、異例のエリザベス女王国葬参列 訪英実現しなかった紀子さまの複雑な思い
女性セブン
渡辺社長が乗ったベントレー(SNSで拡散されている動画より)
《てめぇ、なに曲がってきたんだよ》ベントレーで逆ギレ交通事故の老舗和菓子「船橋屋」社長、職人8割辞めた強引経営の過去
NEWSポストセブン