芸能

河野景子、再婚に暗雲 交際相手ジャッキー・ウー氏が抱えるビジネス上のトラブル

再婚などについて河野景子さんに直接聞いた

再婚などについて河野景子さんに直接聞いた

 雨が降り、季節外れの寒さとなった5月中旬の朝。フリーアナウンサーの河野景子さん(57才)の姿は、東京・青山にあった。黒いカーディガンに黒いスカート、手には黒いコートと、シックな装いにピンクの傘を合わせた彼女は、明るい表情で本誌・女性セブンの取材に応じた。

──もう再婚はした?
「あっ、してないです」

──相手の男性とは一緒に住んでいる?
「いいえ、住んでいません。まあ、いい歳の人たちのことなのでね……」

──(再婚の)予定は?
「それもまだわからないことです……」

 23年間連れ添った元横綱の貴乃花光司(49才)と2018年10月に電撃離婚した景子さん。彼女の離婚後、初ロマンスが『週刊文春』に報じられたのは、2020年12月のことだ。記事に書かれていたのは、日中から手をつなぎ仲睦まじく出かける様子や、テニスデートを楽しんだり、ワインバーで口づけをしたりと、人目を憚ることなく急接近するふたりの姿だった。

 お相手はジャッキー・ウーこと大平義之氏(年齢非公開)。横浜中華街で料理店を営む中国系二世の父と日本人の母を持つ彼は、痩身エステティックサロン「フェミニンアネックス」のオーナー社長で、映画製作も手がけている。

「まだ景子さんが貴乃花部屋のおかみさんだったときに、知人の紹介で彼のエステサロンに通い始めたのが出会いでした。交際に発展したのは、離婚後の2019年6月頃から。ジャッキーさんにも離婚歴があり、ふたりはバツイチ同士です」(景子さんの知人)

 2021年8月には、ジャッキーが『サンデー・ジャポン』(TBS系)に出演し、景子さんとの関係をこう明言した。

「結婚はします、当然。(中略)教会とかは決まってないですけど、一緒にお墓に入ることは決まっています。式というよりも籍という」

 夫や家族のサポートに徹して23年、新しいライフステージに進むために景子さんがまず変えたのは、環境だった。2019年6月には、貴乃花が2003年に東京・品川区内の高級住宅地に建て、長年家族で住んだ思い出の豪邸から、都内のマンションへ引っ越した。

「このマンションはひとり暮らしをするための部屋で、ジャッキーさんとは一緒に住んでいなかったと聞いています」(前出・景子さんの知人)

関連記事

トピックス

ヤクルトの若き主砲・村上宗隆(時事通信フォト)
ヤクルト・村上宗隆が史上最年少40号!「外れ1位」が清宮幸太郎をはるかに凌ぐ理由をスカウトが説明
NEWSポストセブン
福岡国際マラソンでは早大、エスビー時代を通じて優勝4度(写真は1983年/時事通信フォト)
瀬古利彦、恩師・中村清監督との衝撃の出会い「砂を掴み、むしゃむしゃと食べ始めた」
週刊ポスト
プロレス総選挙
今回は「プロレス総選挙」 なぜテレ朝は『○○総選挙』を放送し続けるのか
NEWSポストセブン
役者として急上昇中(時事通信フォト)
『石子と羽男』有村架純・中村倫也の間の「おいでやす小田」 名バイプレーヤーの季節到来か
NEWSポストセブン
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
週刊ポスト
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
背番号「12」を付けていた柴田貴広(現・大東文化大3年。撮影/藤岡雅樹)
佐々木朗希・高校3年の夏【前編】岩手大会決勝で投げた「背番号12」の思い
週刊ポスト
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン