芸能

河野景子、再婚に暗雲 交際相手ジャッキー・ウー氏が抱えるビジネス上のトラブル

最近は次女と暮らしているという河野景子さん

最近は次女と暮らしているという河野景子さん

 実は最近になって、景子さんの姿が別の超高級マンションで見られるようになった。景子さんの周囲の人たちは「ようやくジャッキーさんと一緒に暮らし始めたのか」と口々に話していたが、どうもそうではないという。

「いま、景子さんは次女と2人で暮らしています。当初は、昨年春、次女の大学進学のタイミングで結婚するという話でした。どういう訳かそれが延期になり、さらに今年の春、次女の成人を待って籍を入れるという話でしたが、それも流れています。いまや景子さんを前にして“再婚”の二文字を出すのはタブー。白紙に戻ったのだと思いますよ」(前出・景子さんの知人)

貴乃花との金銭トラブル報道

 交際発覚当初は再婚への意欲を見せていた景子さんとジャッキー。進展がないのは、いったいなぜなのか。理由として考えられるのが、昨年8月に浮上した貴乃花との「金銭トラブル」だ。

「景子さんが貴乃花親方から突然“婚姻中に使ったお金を返してほしい”と要求されたと一部週刊誌で報じられたのです」(芸能関係者)

 たしかに、貴乃花の懐事情は厳しいように見える。最近のメディア露出といえば、不定期のバラエティー番組の出演ぐらいだ。

「2019年5月には、若者たちの心身の成長のためにと、一般社団法人『貴乃花道場』を設立しましたが、コロナ禍で門下生が集まらず苦戦しています。講演会の依頼もコロナで軒並み減少気味で、収入が減っているのは事実でしょう」(貴乃花の知人)

 一方で、この貴乃花の知人は「景子さんに金を無心するほど困っているとは思えない」と指摘する。

「金銭要求の件は、かつて貴乃花部屋にいた元力士がYouTubeで、“景子さんがちゃんこ代をケチっていた”などと話したことがあるんです。それを伝え聞いた貴乃花親方が“金はずいぶん渡していたけど、ほかで(部屋の活動費以外で)使っていたのなら返してほしい”と周囲に漏らしたことはあって……。そういう話に尾ひれがついて広がったんじゃないかな」

 では、景子さんが再婚に踏み切れない本当の理由は何なのか。囁かれているのが、ジャッキーへの不信感だという。たとえば彼が会社の登記簿に記載している現住所は、都内の一等地にあるものの、築年数の古いワンルームのアパートで、家賃は6、7万円程度。エステサロンのオーナーが住んでいるとは到底思えないような外観である。

 さらにジャッキーはビジネス上のトラブルも抱えていると報じられてきた。昨年8月、ジャッキーは黒木瞳(61才)主演の映画を製作した。

「同じタイミングで、彼の会社が超音波美顔器の宣伝に黒木さんの名前を無断使用したとして、黒木さんの事務所が抗議したことがありました。過去の映画製作では、ギャラの未払い問題も起きたそうです」(映画関係者)

関連記事

トピックス

2010年3月に行われた円楽さんの襲名披露会見
逝去の三遊亭円楽さん 故・桂歌丸さんが闘病の支えに「呼びにきちゃダメだよって……」
NEWSポストセブン
町田啓太と玄理の熱愛は5年前から
【全文掲載】町田啓太が4才年上国際派女優と“トイプードル同棲” 仕事好調の裏に彼女の支え
女性セブン
日本を明るく照らしたアントニオ猪木さん
アントニオ猪木さんが「サライを熱唱」し「超能力を披露」した六本木の夜
NEWSポストセブン
坂本勇人の女性スキャンダルをTV局などが報じない理由は?(時事通信フォト)
「スルー対応」が続く坂本勇人のスキャンダル テレビ、新聞の若手記者からは「巨人を担当したくない」などの声も
NEWSポストセブン
(写真/村山康文)
【現地レポート】ベトナム戦争中の民間人殺害事件で新証言「韓国軍は味方側の村を焼き払った」
NEWSポストセブン
弘中綾香アナ(2019年)
弘中綾香アナ 電撃婚の「資産15億円社長」と育んだ「マンション同フロア恋愛」
NEWSポストセブン
両陛下のファッションはイタリアの新聞社から絶賛された(GettyImages)
エリザベス女王国葬、弔意を届けた「喪服姿のトップレディたち」その注目ファッション
女性セブン
安倍晋三元首相の国葬が行われた日本武道館[代表撮影](時事通信フォト)
安倍元首相の国葬前にも「自粛」通達 暴力団が国家的な行事に「協力」する狙い
NEWSポストセブン
好きな女性アナで3連覇を果たしたテレビ朝日の弘中綾香アナ(写真/ロケットパンチ)
弘中綾香アナ、結婚相手は同い年のベンチャー企業社長だった「資産約15億円」「小栗旬似のイケメン」
NEWSポストセブン
熱愛が発覚した玄理と町田啓太
町田啓太と女優・玄理の交際、ファンをモヤつかせていた「お揃いルック」の数々
NEWSポストセブン
逆風だらけの国葬に安倍昭恵さん放心状態 地元山口での「県民葬」も新たな火種に
逆風だらけの国葬に安倍昭恵さん放心状態 地元山口での「県民葬」も新たな火種に
女性セブン
イギリスではつつがなくお務めを果たされた(9月、イギリス・ロンドン。写真/共同通信社)
雅子さま、異例のエリザベス女王国葬参列 訪英実現しなかった紀子さまの複雑な思い
女性セブン