芸能

浅田真央 固くなる姉との結びつき、父との断絶…セカンドキャリアへの不安

中華料理を楽しんだ後、腕を組んで歩く麻央(右)と舞

中華料理を楽しんだ後、腕を組んで歩く真央(右)と舞

 浅田真央は2017年に、フィギュアスケート競技から引退した。引退後は、自身がプロデュースするアイスショー「浅田真央サンクスツアー」で全国各地を巡っていたが、そのツアーは昨年4月に大千秋楽を迎えた。一方、今年、新たなアイスショーを開催するための準備が進められている。この3月に、自らの名を冠したアイスリンク「MAO RINK」が再来年、東京・立川市にオープンすることも発表された。

「真央さんは以前から“海外に比べ日本はアイスリンクが少ない”と嘆いていて、日本でのフィギュアスケートの発展、普及、強化のためにもリンクの設立は悲願でした」(スポーツ紙記者)

 自分をここまで育ててくれたスケートへの恩返しと、未来のスケーターたちへの支援。そんな真央の横には、最近、いつも姉である浅田舞(33才)の姿がある。真央の住むマンションは家賃が約80万円で、リビングとダイニングを合わせて20畳以上の広々とした部屋だが、間取りは1LDK。もともとは真央がひとりで住むために借りた部屋のようだが、最近になって舞はほぼ一緒に暮らすようになったという。

真央のことが憎らしくなってきた

 浅田姉妹が注目を浴び始めたのは15年以上前のことだ。舞が7才、真央が5才のとき、一緒にスケートを始めると、真央は14才で、全日本ジュニア選手権で優勝。その後は中学生ながらシニアの大会でも表彰台に上り、天才少女の名は世間に知れ渡った。いつしか舞は“真央ちゃんのお姉ちゃん”と呼ばれるようになった。

「ジュニア時代の舞さんは5種類の3回転ジャンプを跳べる数少ない有望選手でした。しかし真央さんの実力は、舞さんとは比べようもないほどでした。彼女自身、真央さんの才能と練習量を見て、いずれ抜かれるときが来る、とわかっていたようです。それでも、自分なりに頑張ろうと思っていた矢先にけがをして、精神的に不安定になったところに拒食症が重なり、スケートどころではなくなって……」(スポーツジャーナリスト)

 大学進学後、スケートから離れた舞は、真央に付きっきりの母・匡子さん(享年48)への反抗心を増幅させたと語っている。髪は金色、目は上下につけまつげ、カラーコンタクトを入れギャルファッションに身を包んだ。家にいることが苦痛になり、夜になるとクラブで踊り、生活が荒れていったという。

 舞は当時のことを『婦人公論』(2016年7月26日号)で次のように振り返っている。

《母とたまに顔を合わせると、そのたびに「真央がこんなに一生懸命練習しているのに、あんた何なの?」とか、「お願いだから真央に迷惑をかけないで」と言われるのです。しだいに、真央のことが憎らしくなってきた》

関連記事

トピックス

安倍政権の年金改悪路線を引き継いでいる岸田文雄・首相(時事通信フォト)
岸田政権 アベノミクスの見直し打ち出すも、安倍氏の「年金改悪路線」は継承
週刊ポスト
元TBSアナウンサーの林みなほ(オフィシャルサイトより)
元TBS・林みなほアナ離婚、インスタで匂わせていた「貧乳源一郎」との別れ
NEWSポストセブン
高橋真麻
高橋真麻「おでんの卵8個食べても太らない」女性が憧れる美スタイルの理由
NEWSポストセブン
「タレントパワーランキング」で公表された「F1層(20~34歳女性)に人気のタレントランキング」(2021年11月調査)で堂々の1位を獲得
戸田恵梨香、ファン歓喜の「仕事復帰」 夜の路上で輝いたクールビューティー
NEWSポストセブン
眞子さまの箱根旅行のお姿。耳には目立つイヤリングも(2018年)
小室圭さんの妻・眞子さん 華やかだった4年前の「箱根・女子旅ファッション」
NEWSポストセブン
元TBSの林みなほアナ(写真/時事通信フォト)
元TBS林みなほアナが離婚 TBSラジオ名物プロデューサーとの結婚生活は5年あまりでピリオド
NEWSポストセブン
小泉孝太郎 炎上必至の「古風な結婚感」明かすもバッシングされなかった理由
小泉孝太郎 炎上必至の「古風な結婚感」明かすもバッシングされなかった理由
NEWSポストセブン
米ロサンゼルスで警察官となった日本人女性YURI氏
LAポリス・YURIが7年ぶりに見た日本の姿「防犯意識の低さに驚きました」【前編】
NEWSポストセブン
小室圭さんと眞子さん
小室圭さん妻・眞子さんがNYで行きつけのスーパーから見えてきた“妻の気遣い”「日本でいえば『成城石井』」 
NEWSポストセブン
さとう珠緒が「枕営業」などについて語った(写真は2009年)
さとう珠緒が暴露した枕営業の実態「権力のない人のほうが迫ってくる」
NEWSポストセブン
ご体調への不安が募る(写真/JMPA)
雅子さまと愛子さま、“ポツンと一軒家”の孤独感 閉ざされた御所での巣ごもり生活
女性セブン
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン