国内

盗難車を保管・解体する「不法ヤード」に関わる外国人の儲けの手口

車

盗難車を密輸し懐を肥やす一部の外国人の実態とは?

 警察や軍関係、暴力団組織などの内部事情に詳しい人物、通称・ブラックテリア氏が、関係者の証言から得た驚くべき真実を明かすシリーズ。今回は、近年、犯罪の温床になっていることが指摘されている自動車の保管・解体施設「ヤード」を巡り暗躍する外国人の悪行について。

 * * *
 2021年自動車盗の全国ワースト1位となった県、それは千葉県だ。県内の刑法犯認知件数は前年比2047件減少したが、3万2638件にのぼる。そのうち自動車盗は89件憎の759件。全国的には毎年上位に入るという嬉しくないランキングを誇るが、ここ数年は減少傾向にあった。それが5年ぶりに増加に転じたのだ。

 盗難被害にあった車は、8割が施錠していたにも関わらず被害に遭っている。車種はトラックの他、トヨタ自動車のランドクルーザーやレクサスといった高級車に加えてプリウスが多いという。
 
 それに呼応するように、千葉県内には自動車の保管・解体施設「ヤード」が多数存在する。その数624か所(2021年度12月末時点)と全国最多だ。千葉県警のホームページでは、ヤードについて「周囲が鉄壁等で囲まれた作業場等であって、海外への輸出目的として、自動車等の解体・コンテナ詰め等の作業のために使用していると認められる施設」とある。県警は、存在するヤードの一部が盗難車の解体や不正輸出のための作業場として、また不法滞在外国人の稼働や薬物使用などに利用されているとみているようだ。

 ある中古車販売業を営む経営者・A氏から、ヤードを巡る不法な売買について話を聞くことができた。彼が語ったのは、表では日本社会に溶け込んでいるが、裏では犯罪に手を染める一部外国人たちの悪行だった。

「彼らのビジネスは盗難車や盗難品の売買が中心だ。パキスタンやスリランカ、ロシア、イラン、中国から来た外国人が多く、増加傾向にある。盗難車を扱うヤードは、都内近県でいえば東京以外に、神奈川、千葉などに多く、地域によっては同国人同士で集まっている場所もある」

 犯罪を行うパキスタン人とイラン人の収入源は主に薬物と盗難品の売買だ。と言っても表向きは、それぞれが飲食店や輸入雑貨の会社などをやっていて、前々から中古車屋をやっている者も多い」(A氏・以下同)

 さらにA氏は嘆く。

「千葉や埼玉、神奈川などでは、ヤードが周りから見えないようにフェンスで囲い、違法な物品を保管しているところもある。時期が来たら取引したり、輸出する。彼らはヤードの中に、盗難車だけでなく、盗難品を沢山隠し持ち、それを海外に輸出して儲けていた。ヤードが外から見えないようにしてはならないという条例が出来たが、効果はない」

関連キーワード

関連記事

トピックス

小室眞子さん
小室圭さんの妻・眞子さん「7円エコバッグ」と「5000円クロックス」の赤コーデがオシャレ
NEWSポストセブン
2文字目はハートマークで消したが自由なタトゥーを楽しむ仲里依紗
仲里依紗は”放送禁止ワード”など20種類以上!日本人だけが動揺する芸能人のタトゥー問題
NEWSポストセブン
“お忍び愛”が報じられた佳子さま(時事通信フォト)
佳子さまの“交際報道”で早くも懸念される「結婚式に小室圭さんは出席するのか」問題
週刊ポスト
高橋治之元理事と森喜朗氏の関係は…(写真/共同通信社)
「五輪汚職」で逮捕の高橋治之元理事と“安部派の後見人”森喜朗氏の知られざる蜜月
週刊ポスト
大野が進める計画とは(写真はジャニーズ事務所)
嵐、2023年以降に大きな動きも? 大野智の意向を尊重しつつあらゆる可能性を模索か
女性セブン
パーティー参加後の笑顔の森昌文氏(写真は2007年)
【全文公開】キャバ嬢に「脱げ!脱げ!脱げ!」 安倍氏国葬責任者、森昌文・首相補佐官が過去に参加した「大仁田厚主催の乱倫パーティ」
週刊ポスト
ダウンタウン6年ぶりの日テレ新特番となった『ダウンタウンvsZ世代』(公式サイトより)
特番『ダウンタウンvsZ世代』高視聴率に業界が注目するワケ テレビ離れ阻止のヒントも
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
パパ活飲酒の吉川赳議員、18歳女子大生が明かした「インターン」での口説きテク
週刊ポスト
帰国することとなるのか…
小室圭さん、3回目不合格なら日本の法律事務所復帰も 帰国を望まない眞子さんとのすれ違い
女性セブン
極秘出産していたことでさまざまな意見が飛び交っている
【先出し全文公開】あびる優、極秘出産の内幕 前夫の才賀紀左衛門には知らせず「独身フリー、やっぱり楽だよ」
女性セブン
かつての旧統一教会系の学生団体「UNITE」のデモ(撮影/西谷格氏)
東大生の旧統一教会2世信者が語っていた「検討した結果、家庭連合は間違っていないと確信」
NEWSポストセブン
「週刊ポスト」本日発売! 「安倍国葬」の責任者が乱交パーティほか
「週刊ポスト」本日発売! 「安倍国葬」の責任者が乱交パーティほか
NEWSポストセブン