クラブを3軒はしごしたふたり

クラブを3軒はしごしたふたり。所属事務所は「複数人で行動しておりました」と回答

「自身も主催者側として対策を徹底して業界全体で感染拡大防止に取り組んでいただけに、政府のあいまいな規制やガイドラインに常に憤っていました。彼は、このままでは音楽業界全体が破綻してしまうという危機意識を強く持っていたんです」

 その後もコロナ収束には至らず。2021年4月には東京など4都府県に3度目の緊急事態宣言が発令。東京五輪が開催される一方で、ほとんどの音楽フェスや大型イベントが中止や延期を余儀なくされる状況に、ツイッターで「あまりに横暴」「ふざけんな」と怒りをあらわにしたことでも話題となった。

「溜まっていたものが爆発したのが、昨年8月に開かれた36歳の誕生日会でしょう。男ばかりの友人10人ほどと焼肉店貸し切りで宴会した後、早朝5時までカラオケバーなどをはしごして、路上で泥酔してタクシーに乗り込む姿がキャッチされました。この時期、東京はまん延防止等重点措置が適用されていたため、野田さんへの批判の声も少なくありませんでした」(芸能ライター)

 ようやく”過度な自粛”から解き放たれた野田。この夜は馬場とともに、愛する音楽を心ゆくまで楽しんだようだ。

 なお、2人の関係について馬場の所属事務所に問い合わせたところ、この夜のクラブ遊びは「事実です」と認めたが、「野田洋次郎さんとは以前からのお友達です。複数人で行動しておりました」と回答した。

関連記事

トピックス

堂本剛が退所するが光一とKinKi Kidsは継続か
《SMILE-UP.退所》堂本剛がそれでもKinKi Kids解散を選ばなかった理由「SNS全削除の覚悟」
NEWSポストセブン
田村瑠奈容疑者と容疑者親子3人が暮らしていた自宅
《ススキノ頭部切断事件》2月末で終了の留置期間、親子3人の鑑定結果「娘の責任能力により起訴はギリギリの判断、両親は法廷へ」【自宅はスプレー缶で落書き被害】
NEWSポストセブン
「昭和の親父」を演じる阿部サダヲと「令和のワーママ」役の仲里依紗(時事通信フォト)
ドラマ『不適切にもほどがある!』阿部サダヲの“名言”4選「やりすぎ令和」に刺さる「昭和からの教え」
NEWSポストセブン
亡くなった山本陽子さん。81歳だった
俳優・山本陽子さん(81)逝去 「悪女」役で人気、晩年は熱海でおひとりさまミニマル生活 CMしていた山本海苔との契約はギネス記録に
NEWSポストセブン
元店員がTwitterに(現X)投稿したLINEのスクショ画像
大阪王将「ナメクジ大量発生」投稿の元店員「威力業務妨害で逮捕」でどうなる 識者は「刑事は不起訴でも民事で損賠請求される可能性」指摘
NEWSポストセブン
MVP受賞を称える夕食会での大谷翔平(時事通信フォト)
大谷翔平、身につけるものから伝わるこだわりや信念 フォーマルファッション、愛犬の服など“私物のお値段”
週刊ポスト
ピエール瀧と伊勢谷友介
伊勢谷友介とピエール瀧が同日に“事件後初の舞台挨拶”登場 薬物事件からの復帰に待ち受ける「茨の道」
NEWSポストセブン
逮捕された細谷夫婦
【浅草・4歳女児毒殺妻の“裏の顔”】親子で「ちいかわ」ペアルック外出も、自宅では夫に「お茶を作りに戻れ」「殺せー!」と絶叫
NEWSポストセブン
渦中の万木議員と中川議員
《滋賀・車中での不適切行為裁判に判決》男性市議に提訴された女性市議が敗訴 決め手となった「写真」の存在【双方直撃】
NEWSポストセブン
雅子さま、チャールズ国王のがん公表で訪英プランが不透明に よみがえるのは“エリザベス女王対面できなかった”寂しい記憶
雅子さま、チャールズ国王のがん公表で訪英プランが不透明に よみがえるのは“エリザベス女王対面できなかった”寂しい記憶
女性セブン
かつての“氷上のプリンセス”のデート現場をキャッチ
元フィギュア村主章枝「ビリビリ破れたパンツ」でイケオジと西麻布ワイルドデート
NEWSポストセブン
長谷川京子が恋人と旅行に出かけた
長谷川京子、“大事な人と必ず訪れる大切な場所”タイに6才年下の恋人と旅行 浮かれて突っ走ることはない大人の恋
女性セブン