国内

「梅雨明け即猛暑」は2018年西日本豪雨と酷似 強力な台風にも要警戒

(時事通信フォト)

猛烈な暑さが続く(時事通信フォト)

「気象はバランス」とよくいわれる。今夏はいきなりの記録的猛暑で大地が急激に「加熱」された。ならば次に起こるのは急激な「冷却」、すなわち、記録的降雨だ。危機が迫っている。大地の熱を洗い流す濁流に、いますぐ備えるべきだ──。

 観測史上最短で梅雨が明け、7月に入る前からギラギラと照りつける太陽に、めまいを覚えた人も多いはずだ。

「梅雨に入ったらエアコンを買い替えようと思っていたのに、梅雨はアッという間に終了。急いで家電量販店に駆け込みましたが、コロナ禍の部品不足もあって、エアコンは納品まで1か月待ちだそうで……。夏が終わるまでに、干からびてしまいそうです」(埼玉県在住の50代主婦)

 6月下旬ですでに40℃を記録。このままだと、8月に入ったら連日40℃超えで、「史上最悪の酷暑」がやってくるに違いない──日本中の人がそう深く心配するのも無理もないほどの暑さだった。

 ところがその矢先の7月5日、台風4号が九州・長崎に上陸。列島全体で大気が不安定になり、台風からは遠く離れた北海道や青森県でも「記録的短時間大雨情報」が発表され、局地的に猛烈な雨が降った。猛暑から一転の豪雨。いったい何が起きているのか。気象予報士の森田正光さんが指摘する。

「夏の夕立をイメージすれはわかりやすいはずです。昼間が暑ければ暑いほど、夕立は激しくなりますよね。大地は温められすぎると、その熱が上空に上がっていって積乱雲を作り、大雨を降らせて、大地は冷やされます。

 どんなに猛暑の年でも、冷夏の年でも、年間トータルにすると『降水量』というのはほぼ一定であることが知られています。今年は“記録的な空梅雨”で、全然雨が降らなかった。つまり、バランスを取るように、今年の夏のどこかで“記録的な大雨”が降ることが予想されるのです」

 梅雨明けからの記録的猛暑は、これから訪れる大豪雨の前触れと言えるのだ。暑さはクーラー付きの室内でしのげたとしても、豪雨は洪水や土砂崩れなどの大災害を招きかねない。

「気象状況は2週間くらいが1つの周期です。6月下旬の猛暑から、7月上旬の台風4号の通過までが1つのサイクルと考えると、7月中旬にまた暑さが来て、7月下旬に大雨が降りやすくなる。次に、8月上旬に再び猛暑のピークが来て、お盆あたりにまた豪雨が襲ってくる。暑ければ暑いほど、その後に降る雨は激しくなるものなのです。そして9月に入れば、今年は大きな台風に警戒が必要でしょう」(森田さん)

死者263人「西日本豪雨」の再来

 気象の分野には「類似年」という考え方があるという。

関連キーワード

関連記事

トピックス

結婚生活にピリオドを打った女優の田中美佐子とお笑いコンビ・Take2の深沢邦之(インスタグラムより)
《別居生活3年》田中美佐子“格差婚”から28年、湘南の自宅から姿を消して…Take2深沢邦之に起きていた「異変」
NEWSポストセブン
結婚宣言した玉村昇悟ときらら(時事通信、きらら本人のインスタグラムより)
【「はい、そうです」堂々結婚宣言】広島カープの若手ホープ・玉村昇悟投手が人気TikTokerと“極秘おめでた婚”していた
週刊ポスト
“厳重注意”に終わった広末
《W不倫報道》広末涼子、本人は反論の意向も事務所が“厳重注意”に至った理由「出会って3か月」の衝撃
NEWSポストセブン
市川猿之助の俳優は
【俺は特別な存在だ】市川猿之助、顕著になっていった公私混同 人気俳優との共演計画は頓挫
女性セブン
逮捕されたガーシー容疑者の裁判の行方 国外逃亡、名誉毀損の被害の大きさ、悪質性の高さで実刑の可能性も
逮捕されたガーシー容疑者の裁判の行方 国外逃亡、名誉毀損の被害の大きさ、悪質性の高さで実刑の可能性も
女性セブン
上岡龍太郎さん、引退後の第二の人生 芸能人との交流を拒絶し選んだ9才年下の愛妻との静かな生活
上岡龍太郎さん、引退後の第二の人生 芸能人との交流を拒絶し選んだ9才年下の愛妻との静かな生活
女性セブン
【独占告白】金子賢が芸能界引退宣言「もう普通の仕事しかしてません」 金銭トラブルの法廷闘争が泥沼化
【独占告白】金子賢が芸能界引退宣言「もう普通の仕事しかしてません」 金銭トラブルの法廷闘争が泥沼化
女性セブン
伊藤容疑者(本人のTwitterより)
【留置場の28歳パパ活女子に面会取材】「乱倫パーティの参加者は大事な仲間だった」 被告が明かした「49歳男性を刺すまでの“東京での1年間”」
NEWSポストセブン
女優の広末涼子(左/時事通信フォト)とアーティストのキャンドル・ジュン氏(右/インスタグラムより)
「あなたは家事の全貌を知らない」広末涼子がW不倫報道の直前にもらしていた夫キャンドル・ジュン氏への不満
NEWSポストセブン
W不倫が封じられた女優・広末涼子(左/時事通信フォト)と人気シェフ・鳥羽周作氏(右/Twitterより)
【W不倫報道】広末涼子のお相手の素性 フレンチの革命児で「ハレンチシェフネットワーク」を結成、4年連続一つ星の“シズる男”
NEWSポストセブン
射殺された組長は司組長の出身母体の傘下組織だ(六代目山口組の司忍組長/時事通信フォト)
【心臓マッサージの場面も】六代目山口組ラーメン店組長射殺 事件直後のヒットマン映像が出回る
NEWSポストセブン
始球式に登板した稲村は基本ノーバン(時事通信フォト)
《基本ノーバン》稲村亜美の球速が激減、2年間もマウンドから遠ざかる「始球式の女王」「神スイング」は今 
NEWSポストセブン