国内

杉良太郎、EXILEらが参加 肝炎啓発プロジェクト“子供から大人への発信”にも重点

杉は「コロナもがんも肝炎対策もすべて一緒にやっていく」と意気込む

杉は「コロナもがんも肝炎対策もすべて一緒にやっていく」と意気込む

 瀬川は母、そして母子感染により姉がB型肝炎ウイルスのキャリアだったと明かしており、肝炎に苦しむ人を減らすための活動は自分に課せられた使命のようにも感じているという。

「姉は71才のときに亡くなりました。この7月に75才を迎えた私からしたら、“70過ぎで亡くなるなんて若いなぁ”と寂しい気持ちでいっぱいです。

 B型肝炎は感染していても発症しないケースも多いそうで、母は晩年までほとんど症状が出ませんでした。症状が普段ないのに検査を受けるのはハードルが高いかもしれませんが、いまは人生100年といわれていますので、ぜひ検査を受けていただき、生きているうちは健康で、元気に過ごしたいものですね」

 もっと広く、正しく肝炎を知ってもらうための力になりたい。ひとりでも多くの人が検査を受けるために尽くしたい。瀬川はそう願い、活動しているという。

C型肝炎はのみ薬でほとんど完治する

 向井地は、AKB48として若者層により周知を図りたいと誓った。

「肝炎は自分たちには関係ないと捉えている若い人が多いように感じています。AKB48のメンバーも各々肝炎に対する理解を深めて、実感を持って検査の大切さを広めていきたい。そして私たちが広めた若い人からご家族へ、声かけの輪を広げていけたら」

 今年からEXILEだけでなく、EXILE TRIBEとしてプロジェクトに参加することになったことを受けて、HIROも「メンバーには10代もいるので、幅広い世代へ向けて発信して社会へ貢献していきたい」と語った。

 杉によると、子供から大人への発信はプロジェクトの活動としても、今後重点を置いていく計画であるという。

「学校へ赴いて中学生、高校生の子供たちに肝炎について伝え、家へ帰って“肝炎のウイルス検査をしてね”とおじいちゃん、おばあちゃん、お父さん、お母さんに声をかけていただく作戦を本格化していく予定です。

 本来はもっと早くやる予定が、コロナで頓挫していました。しかし、ご時世を理由にしていたらいつまで経っても先へ進まないので、コロナも肝炎対策もまとめて取り組んでいこう、と。『積極的広報地域』も5自治体にわたって精力的に活動します」

 肝炎デーは私たち一人ひとりが肝炎、そして健康について考える機会でもある。イベントでは健康の秘訣についても話が及ぶと、HIROはこう明かした。

関連記事

トピックス

石破茂元幹事長が語った(時事通信フォト)
石破茂氏、自民の旧統一教会問題に提起「党として関係断つなら、教団解散を検討すべき」
週刊ポスト
坂本勇人の女性スキャンダルをTV局などが報じない理由は?(時事通信フォト)
巨人・坂本勇人の女性スキャンダル 報じない新聞・テレビは「SNS全盛時代に通用しない」と疑問の声
NEWSポストセブン
そう簡単に延期はできない事情とは?(時事通信フォト)
大関・正代 連敗地獄の本場所後に「昇進披露パーティー」延期できない事情
週刊ポスト
さくらまやさん(写真/山口比佐夫)
さくらまや、9LDK庭付き一戸建ての豪邸で語った今「まだ男の人を好きになったことがない」
NEWSポストセブン
玉鷲
玉鷲の優勝でNHKの相撲中継に映らなかった豪華すぎる副賞 少しずつ数が減っている理由とは
NEWSポストセブン
50億円詐欺被害のオウケイウェイヴ前社長を直撃 民事と刑事で起こした訴訟の行方は
50億円詐欺被害のオウケイウェイヴ前社長を直撃 民事と刑事で起こした訴訟の行方は
NEWSポストセブン
ゆったりな着こなしを見せる夏帆
夏帆「幼い顔で8頭身の美ボディ」気になる“ベタ惚れ俳優”との恋路
女性セブン
現在9勝と苦戦している巨人のエース・菅野智之
巨人OB・広岡達朗氏が苦言「10勝もできない菅野のどこがエースだ」
NEWSポストセブン
小室佳代さん第二の金銭トラブル1600万円「貢いだお金」は取り戻せるのか 弁護士の見解
小室佳代さん第二の金銭トラブル1600万円「貢いだお金」は取り戻せるのか 弁護士の見解
NEWSポストセブン
ボーダーのロングTシャツが印象的な天海祐希
天海祐希「共演者が飲み歩いても我関せず」地方公演後のプロ意識
NEWSポストセブン
空港でがっくり肩を落とす姿が目撃された吉田輝星(時事通信フォト)
日本ハム・吉田輝星がハプニング! チームの移動に「大遅刻」でビッグボスと同じ便
NEWSポストセブン
「週刊ポスト」本日発売! 旧統一教会汚染で「自民67議席減」ほか
「週刊ポスト」本日発売! 旧統一教会汚染で「自民67議席減」ほか
週刊ポスト