国内

「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた

幹部補佐になっていた

幹部補佐になっていた

「好きで好きで仕方なかった」。そんな言葉とともに女性客から腹部をメッタ刺しにされるも、事件後1か月で自ら“不死鳥”というキャッチフレーズをつけて復帰し、大きな注目を浴びた歌舞伎町ホストの琉月(るな)さん。3年経った現在も、彼は夜の街で大きく羽ばたいていた。歌舞伎町の住人たちを取材した著書『ホス狂い~歌舞伎町ネバーランドで女たちは今日も踊る~』を持つノンフィクションライターの宇都宮直子氏がレポートする。

 * * *

 歌舞伎町の雑居ビルを地下一階まで降りて行くと、シルバーと紫色の大量のバルーンが目に入る。入り口では、「いらっしゃいませぇ!」とお揃いの紫色のパーカーを着た従業員一同が野太い声で出迎える。その中で、細身の黒いスーツに身を包んだ若い男性が、卓と卓の間を忙しなく、飛ぶように回っている。彼こそが「痛みに負け琉月(いたみにまけるな)」こと、琉月さんだ。

 2022年2月。この日は琉月さんが勤める『Servent of Eve』で彼の23歳のバースデーイベントが開催されていた。店内は琉月さんのイメージカラーだという紫色のバルーンで彩られ、一角には、彼の顔が大きくプリントされたオリジナルシャンパンが飾られている。

 店内は“満卓”で、テーブルの上には「カミュブック」や「テディ」など10万円以上する高価なボトルを置く女の子、お酒の飲めない琉月さんのために特別に作られたオリジナルシャンパンボトル(税・サービス料別11万円)を、瓶にそのまま口をつけラッパ飲みする女の子など、さまざまだ。

「今日は来てくれて、ありがとうございます」

 神妙な顔つきで頭を下げた彼は、店内の奥を指差し、「今日はシャンパンタワーも建ててもらったんだ」と話す。

 そこには紫、青、黄色に彩られた推定350万円というゴージャスなタワーが組み立てられており、彼がいかに人気ホストであるかを物語っている。スーツを着こなし、女性たちの相手をする琉月さんに、事件の影響はほとんどないように見える。この3年間で、彼は歌舞伎町のホストとして大きく成長したようだった。

 事件が起きたのは2019年5月。歌舞伎町近くのマンションの一室で、指名客の一人だったガールズバーの元店長・高岡由佳(当時21歳)が就寝中に琉月さんの腹部をメッタ刺しにし、重傷を負わせたのだ。彼女が供述で明かした「好きで好きで仕方がなかったから刺した」という衝撃的な動機や、犯行直後に撮影されたとみられる血まみれで倒れている琉月さんの隣で高岡がタバコを吸っている写真がSNSで出回ったことにより、この事件は大きな注目を浴びた。

 さらに話題を呼んだのは同年7月1日、事件から約1か月で琉月さんが店へと復帰した。ことだった。

 その際、SNSに笑顔でポーズをとる自身のバックに「不死鳥るな」とデカデカと書かれた写真をアップしたほか《痛みに負けルナ》《肝臓刺されたからしばらくお酒のめません》と事件をネタにしたかの様な内容をツイートしていため大炎上。次々と寄せられる辛辣なコメントに対し、本人は《みんなは刺された真実の理由は知らないのですか?》と反論していた。当時私は、“真実”を確かめるため、琉月さんが勤務する店へと足を運び、取材を試みている。

関連キーワード

関連記事

トピックス

2019年、ゴールデングラブ賞を受賞した日本ハムの西川遥輝選手(時事通信フォト)
イケメンで人気の楽天・西川遥輝選手、日ハム時代に結婚していたけど発表しない理由
NEWSポストセブン
木本は沈痛
TKO木本武宏がアルバイトしながら債権回収に奔走する一方、不動産投資話の首謀者が行方不明に
女性セブン
厳戒態勢の中でもしめやかに(撮影/JMPA)
安倍元首相の国葬、厳戒態勢の中でもしめやかに 佳子さま、岸田首相ほか悼む人々
女性セブン
昭恵夫人(写真/JMPA)
誤算続きの安倍氏国葬 4割が招待辞退、国会議員6割欠席、費用はエリザベス女王国葬以上
女性セブン
イギリスではつつがなくお務めを果たされた(9月、イギリス・ロンドン。写真/共同通信社)
雅子さま、異例のエリザベス女王国葬参列 訪英実現しなかった紀子さまの複雑な思い
女性セブン
玄理のトイプードルを抱えた町田啓太
【スクープ】町田啓太が4才年上女優・玄理と熱愛 町田がべた惚れしアプローチ、すでに同棲中
女性セブン
小室佳代さんのトラブルは眞子さんに影響するか
小室佳代さん、元恋人に1600万円返金要求のトラブル “眞子さんの後ろ盾”の影響は
女性セブン
神戸山口組の井上邦雄組長(時事通信フォト)
劣勢の神戸山口組、かつて決別した組織との“反六代目”三派同盟を画策
週刊ポスト
3年夏の決勝に敗れた後、対戦相手の秀岳館・川端健斗選手(右)と記念撮影。2人は一緒に花火大会に行く仲(写真提供/川端健斗)
ヤクルト・村上宗隆を深く知る3人の証言 「プロ入り前夜」と「新人時代の頑固さ」
週刊ポスト
西山茉希の姿
西山茉希「本気ミニスカも気だるいジャージもどっちも真実」恋する母のリアルな日常
NEWSポストセブン
国外避難は長期化している(写真/AFP=時事)
ウクライナ避難民女性と日本人身元保証人にトラブル続出 色恋からこじれるケースも
週刊ポスト
渡辺社長が乗ったベントレー(SNSで拡散されている動画より)
《てめぇ、なに曲がってきたんだよ》ベントレーで逆ギレ交通事故の老舗和菓子「船橋屋」社長、職人8割辞めた強引経営の過去
NEWSポストセブン