スポーツ

坂本勇人、女性スキャンダルで評価急落をよそに中田翔の株が上がりまくっている

評価が上がっている中田翔(時事通信フォト)

評価が上がっている中田翔(時事通信フォト)

 巨人の坂本勇人(33才)の中絶騒動への批判が止まらない。ことの発端は、『文春オンライン』が坂本と元交際女性とのトラブルを報じたこと。坂本が女性をもてあそんだ挙げ句、妊娠が判明すると中絶を命じたという。球団が処分しなかったことで野球ファンの不信感は一層高まり、ネットでは炎上が続いている。

「今回の騒動がネットで長引いているのは、坂本のやったことがひどかったのが最大の原因ですが、一部メディアの“報道姿勢”も大きな理由です。坂本のニュースが流れると、ネットでは一気に坂本への批判が殺到したのに、テレビは完全にスルー。球団もダンマリを決め込んだ上に、『坂本のネタを扱ったら、長嶋(茂雄)さんの情報は流さない』という箝口令が敷かれたとも報じられ、“このままウヤムヤにしてたまるか”と、ネットユーザーが追及の手を緩める気配はありません」(ネットニュース編集者)

 19日の試合後には、原辰徳監督が途中交代した坂本について「もう少し気が出てこないといけませんな」とコメントすると、ネットには、

「何かあったんですかねえw」
「気を出す前に女に手を出してるので退場」
「坂本を試合に出し続けることが間違ってるとは思わないのか?」

と、ツッコミが殺到。監督が炎上に新たな燃料を投下した形だが、キャプテンを務める坂本の株が急落する一方で、入れ替わるように評価を上げているのが中田翔(33才)だ。中田は昨年、日本ハムで暴行騒動を起こし、チームから出場停止処分を受けると、突如巨人への無償トレードが決定。極めて異例な形での移籍には少なからぬ批判の声が寄せられたが、今季はここまで打率0.281、本塁打23本(9月20日時点)と、精彩を欠くチームの中で主軸として活躍している。

「本来なら巨人の4番は岡本和真で決まりですが、今季の岡本はスタートこそ快調だったものの、夏場に入って不調に陥り、8月におよそ3年ぶりに4番の座を陥落。好調の中田が代わって4番に座り、勝負どころで良いバッティングを見せています。

 中田はかねてより“暴れん坊”とのイメージが強く、同僚を殴ってチームを追い出されるという前代未聞の不祥事まで起こしましたが、巨人入団以降はすっかり態度を改めています。日本ハム時代のように、後輩にちょっかいを出したりすることはなくなり、今年の夏前からは早めに球場入りして若手と共に汗を流しています。6日のDeNA戦では、エスコバーに156kmの速球をぶつけられましたが、“気にするな”と大人の対応を見せ、称賛を浴びました」(フリーの野球ライター)

関連記事

トピックス

結婚生活に終わりを告げた羽生結弦(SNSより)
【全文公開】羽生結弦の元妻・末延麻裕子さんが地元ローカル番組に生出演 “結婚していた3か間”については口を閉ざすも、再出演は快諾
女性セブン
「二時間だけのバカンス」のMV監督は椎名のパートナー
「ヒカルちゃん、ずりぃよ」宇多田ヒカルと椎名林檎がテレビ初共演 同期デビューでプライベートでも深いつきあいの歌姫2人の交友録
女性セブン
NHK中川安奈アナウンサー(本人のインスタグラムより)
《広島局に突如登場》“けしからんインスタ”の中川安奈アナ、写真投稿に異変 社員からは「どうしたの?」の声
NEWSポストセブン
《重い病気を持った子を授かった夫婦の軌跡》医師は「助からないので、治療はしない」と絶望的な言葉、それでも夫婦は諦めなかった
《重い病気を持った子を授かった夫婦の軌跡》医師は「助からないので、治療はしない」と絶望的な言葉、それでも夫婦は諦めなかった
女性セブン
コーチェラの出演を終え、「すごく刺激なりました。最高でした!」とコメントした平野
コーチェラ出演のNumber_i、現地音楽関係者は驚きの称賛で「世界進出は思ったより早く進む」の声 ロスの空港では大勢のファンに神対応も
女性セブン
元通訳の水谷氏には追起訴の可能性も出てきた
【明らかになった水原一平容疑者の手口】大谷翔平の口座を第三者の目が及ばないように工作か 仲介した仕事でのピンハネ疑惑も
女性セブン
歌う中森明菜
《独占告白》中森明菜と“36年絶縁”の実兄が語る「家族断絶」とエール、「いまこそ伝えたいことが山ほどある」
女性セブン
大谷翔平と妻の真美子さん(時事通信フォト、ドジャースのインスタグラムより)
《真美子さんの献身》大谷翔平が進めていた「水原離れ」 描いていた“新生活”と変化したファッションセンス
NEWSポストセブン
羽生結弦の元妻・末延麻裕子がテレビ出演
《離婚後初めて》羽生結弦の元妻・末延麻裕子さんがTV生出演 饒舌なトークを披露も唯一口を閉ざした話題
女性セブン
ドジャース・大谷翔平選手、元通訳の水原一平容疑者
《真美子さんを守る》水原一平氏の“最後の悪あがき”を拒否した大谷翔平 直前に見せていた「ホテルでの覚悟溢れる行動」
NEWSポストセブン
5月31日付でJTマーヴェラスから退部となった吉原知子監督(時事通信フォト)
《女子バレー元日本代表主将が電撃退部の真相》「Vリーグ優勝5回」の功労者が「監督クビ」の背景と今後の去就
NEWSポストセブン
文房具店「Paper Plant」内で取材を受けてくれたフリーディアさん
《タレント・元こずえ鈴が華麗なる転身》LA在住「ドジャー・スタジアム」近隣でショップ経営「大谷選手の入団後はお客さんがたくさん来るようになりました」
NEWSポストセブン