ライフ

【正しいがん予防】女性のがんの3大要因は「感染」「喫煙」「飲酒」

がん治療の最新事情

がん治療の最新事情

「たばこで肺がんに」「肉ばかり食べると大腸がんになる」「きのこでがんが予防できる」──2人に1人が罹患する国民病であるだけに、そうした「がん予防」の情報はこれまでも数多く喧伝されてきたが、その精度や信憑性はうやむやだった。米ハーバード大学公衆衛生大学院で疫学・予防医学の道を究め、愛知県がんセンター研究所や東大大学院医学系研究科特任教授などを経て、2021年9月から国立がん研究センターがん対策研究所予防研究部部長を務める井上真奈美さんが、正しいがん予防をお伝えする。【全3回の第1回】

 * * *
「昔から公衆衛生や国際保健に興味があって、高校生の頃は海外で安全な井戸を掘る仕事に就こうかと真剣に考えていたくらい。集団の健康状態や生活状況を分析して、改善の方法を見つけることに強い魅力を感じるんです。

 だからいまの職業は、仕事というよりも使命に近い。1人でも多く、がんにかかる人を減らせたらと思っています」

 そう話すのは国立がん研究センターがん対策研究所予防研究部部長の井上真奈美さん。

 1962年の設立以来、日本におけるがん征圧の中核拠点として診療から技術開発までを一手に担ってきた国立がん研究センターが注力している分野の1つが予防研究だ。

 そのトップとしてチームを率いる井上さんは1990年に筑波大学医学専門学群を卒業後、米ハーバード大学公衆衛生大学院に留学。疫学・予防医学の道を究め、愛知県がんセンター研究所や東大大学院医学系研究科特任教授などを経て、2021年9月、現職に就任した。

「私が医学部を卒業して働き始めた約30年前を振り返ると、社会において女性をとりまく環境が大きく変化していることを肌で感じます。当時、医学部を卒業する女性の比率は全体の2~3割で、医師全体で見ると、女性医師は1割程度でした。医師は全員男性と思い込んでいる患者さんから『お医者さんはいないのか?』と聞かれたことは何度もありましたし、長時間預かってくれたり、急な依頼でも融通の利く託児所の情報を女医同士で共有したりしていました。その頃と比較すれば、現在は社会の意識も変わり、男女ともに仕事も育児も両方とも当たり前のこととして行えるような環境が整いつつあると感じます。

 しかし一方で日本人女性のがん検診受診率は世界的に見ても極めて低く、乳がんの罹患率も年を追うごとに高まっているという現実がある。自身の健康をないがしろにしている女性が多いのは、大きな問題だと感じます」(井上さん・以下同)

 予防研究部では、住民健診受診者、がん患者など、さまざまな集団からの研究結果を収集し、生活習慣や行動様式とがんの関連性を総合的に評価して「日本人のためのがんの予防法」を提言している。

 日本人のがんの4割は、これまでがんの要因として知られてきたリスクを避けることで予防できる―大規模な調査と徹底した分析のもと、井上さんら研究チームが出したのはこんな結論だった。

「確かに、医療技術の向上により、がんは“不治の病”ではなくなりました。しかし、治療には身体的にも経済的にも負担がかかるうえ、再発もありえます。やはりそのような負担がかからないに越したことはない。科学的根拠に基づいたがん予防法を身につけることは、人生100年時代において、がんはもちろん、ほかの病気の予防にもつながります。健康寿命を延伸するうえでも大きな意味があるといえます」

関連キーワード

関連記事

トピックス

三田寛子と中村芝翫夫婦の家で、芝翫と愛人が同棲しているという
【不倫真相スクープ】三田寛子、実家を乗っ取られた? 中村芝翫と愛人の生活が“通い愛”から同棲に変化 ガレージには引っ越しの段ボールが山積み
女性セブン
内田容疑者
橋から17歳女子高生を突き落とした内田梨瑚容疑者(21) 中学時代に起こしていた着替え画像拡散いじめ「ターゲットを激しく入れ替えて…」【旭川・女子高生殺害】
NEWSポストセブン
有岡大貴と松岡茉優
Hey! Say! JUMP有岡大貴&松岡茉優が結婚 匂わせなしの“ファンファースト”な交際の一方で「結婚は35才以降」説崩壊に動揺も
女性セブン
高級寿司店でトラブルが拡散されたA子さん(寿司の写真は本人SNSより)
《高級寿司店と炎上の港区女子に騒動後を直撃》「Xの通知が一生鳴り止まないんじゃないか」大将と和解後の意外な関係
NEWSポストセブン
日活映画は吉永小百合にとっても青春そのものだった
【吉永小百合・デビュー65周年】日活という学校で学び、青春映画の中で放たれた可憐なマドンナ 共演者・カメラマンが語るその輝き
週刊ポスト
一時は食欲不振で食事もままならなかったという(4月、東京・清瀬市。時事通信フォト)
紀子さま“体調不良報道”でも気丈な姿、単独公務先で「こちらにどうぞ」と気さくに声かける お元気そうな様子に同行していた記者たちは驚き
週刊ポスト
6月9日、鹿児島市内の認定こども園で、刃物のようなもので男児の首を切りつけて出血させたとして、殺人未遂容疑で逮捕された笹山なつき容疑者(21)
《鹿児島2歳児切りつけ》「見えたらいけないものが…」21歳の女性保育士が犯行前にSNSで意味深投稿 母校の高校関係者は「夢の実現目指して熱心に勉強を」
NEWSポストセブン
中村芝翫と三田寛子
三田寛子、夫・中村芝翫と愛人の“半同棲先”に怒鳴り込んだ「絶妙タイミング」 子供たちも大事な時期だった
週刊ポスト
全国ライブ中の沢田研二
《ファンの声援にブチ切れ》沢田研二が「見てわからんか!」とステージ上で激怒し突っ込んだ「NGワード」
NEWSポストセブン
長所は「どこでも寝られるところ」だと分析された(4月、東京・八王子市。時事通信フォト)
愛子さま、歓迎会の翌日の朝に遅刻し「起きられませんでした」と謝罪 “時間管理”は雅子さまと共通の課題
NEWSポストセブン
【全文公開】中村七之助、梨園きってのモテ男が“実家お泊り愛”の真剣交際 お相手は京都の芸妓、直撃に「ありがとうございます」
【全文公開】中村七之助、梨園きってのモテ男が“実家お泊り愛”の真剣交際 お相手は京都の芸妓、直撃に「ありがとうございます」
女性セブン
日本中を震撼させた事件の初公判が行われた
【悲劇の発端】瑠奈被告(30)は「女だと思ってたらおじさんだった」と怒り…母は被害者と会わないよう「組長の娘」という架空シナリオ作成 ススキノ事件初公判
NEWSポストセブン