スポーツ

優勝の玉鷲 白鵬のモンゴルグループと交わらない姿勢貫き“鳥取事件”にも参加しなかった独自の立ち位置

独特のスタンスで2度目の賜杯を手にした玉鷲(時事通信フォト)

独特のスタンスで2度目の賜杯を手にした玉鷲(時事通信フォト)

 大相撲9月場所では、東前頭3枚目の玉鷲が昭和以降最年長の37歳10か月での優勝を果たした。7月場所に西前頭2枚目で賜杯を抱いた逸ノ城に続く平幕優勝力士となった。モンゴル出身力士ということでは、5月場所を制した横綱・照ノ富士から3場所連続ということになる。ただし、玉鷲はモンゴル出身力士のなかでも独自の立ち位置を貫いていることで知られているという。

 現在の角界にはモンゴル出身力士が18人。三役だけでも逸ノ城の他に、元横綱・朝青龍の甥っ子にあたる関脇・豊昇龍、小結として3大関に勝って9勝6敗の成績を残した霧馬山がいる。親方にも宮城野(元横綱・白鵬)、高砂(元関脇・朝赤龍)、大島(元関脇・旭天鵬)、鶴竜(元横綱)、錦島(元前頭・翔天狼)と5人が名を連ねる。

 モノゴル出身者は角界で一大勢力になっているはずだが、元・白鵬の祝福に玉鷲が笑顔を見せていないように見える。元・白鵬は自身のツイッターに玉鷲とのツーショット写真を投稿し、「玉鷲優勝おめでとう~」と祝福したが、支度部屋で自撮りした写真のなかで、白鵬の後方に写る玉鷲はマスク越しにも笑みを浮かべてはいない様子が見て取れる。

 NHKの『サンデースポーツ』で13日目の取組後に元・白鵬が玉鷲に対してアドバイスを送るシーンが映ったが、ここでも玉鷲には笑顔がなかった。若手親方はこう話す。

「モンゴル人力士にはいくつかのグループがあるが、玉鷲は白鵬のグループとは交わらないことで知られている。東大大学院に留学中の姉を頼って来日し、たまたま井筒部屋で鶴竜の稽古を見たのが入門のきっかけだったが、土俵では情が移らないために角界のモンゴル人コミュニティに入らないと決めている。モンゴル出身力士の頂点にいる白鵬とは距離を置いており、それが今回の優勝を受けてのツーショットでの様子にも出ているのではないか」

 玉鷲の独自の立ち位置は、2017年の“鳥取事件”を振り返ってもよくわかる。鳥取巡業の夜に当時の3横綱である白鵬、鶴竜、日馬富士がモンゴル出身力士らに招集をかけ、その席で日馬富士が貴ノ岩に暴行したことが発覚した事件だ。日馬富士は事件をきっかけに引退に追い込まれた。もともと、白鵬らと距離を置こうとしていた貴乃花部屋の貴ノ岩がこの会合に呼び出されてトラブルに発展したわけだが、玉鷲は参加していなかった。

「その日は、楽しみにしている綾瀬はるか主演のドラマ『奥様は、取り扱い注意』を見ていて会合には参加していませんでした。そのエピソードだけでも、同郷の力士たちの関係性から距離を置いていることがよくわかる」(協会関係者)

関連キーワード

関連記事

トピックス

2017年「侍ジャパン」の新ユニフォームを披露した筒香(時事通信フォト)
《元侍ジャパン主砲》筒香嘉智、現在の姿に衝撃走る かつては「牛のように食べる子供だった」男が激痩せする理由
NEWSポストセブン
芸能界追放危機の木下ほうか
《女優への性加害報道》木下ほうか、550万円損害賠償訴訟を取り下げていた 「法廷の場で明らかにさせていただく」から一転
NEWSポストセブン
天海祐希
天海祐希“何度目かの大ブーム”が到来中 ナイスキャプテンシーな言動による伝説の数々
女性セブン
猿之助の両親の死因は向精神薬の摂取による中毒死とされている
市川猿之助が“遺書”で宛てた付き人兼俳優 騒動後も平然と明治座に現れる姿に「恐ろしく精神の強い人」の声
女性セブン
松本人志に相手にされる芸人と、相手にされない芸人の差はどこにあるのか
松本人志に噛みつくお笑い芸人 反応してもらえる中田敦彦とスルーされる村本大輔の違い
NEWSポストセブン
元タレント・上岡龍太郎さん(2000年3月撮影、時事通信フォト)
《逝去》上岡龍太郎さん、58歳で潔く芸能界を退いた“男の美学”「僕の芸が通用するのは20世紀まで」「老いさらばえた姿を見せたくない」
NEWSポストセブン
羽生
羽生結弦、あふれる地元愛 仙台市内のマンション最上階2部屋を2億円で購入 父の退職を機に家族で転居
女性セブン
2010年、外国人記者クラブで会見するリナ氏。当時はプラダジャパンで部長を務めていた(写真/AFP=時事)
「ピンクの猫好きプリンセス」返金トラブルの高級スクール創立者、家賃滞納の裏で「ビバリーヒルズ移転」「16歳の息子に代表交代」
NEWSポストセブン
京香の愛犬を散歩させる長谷川博己
長谷川博己、体調不良で降板の鈴木京香の自宅に通う日々“ほぼ同棲状態”で京香の愛犬を散歩する姿も
女性セブン
薮宏太の舞台を鑑賞し終えた有岡
有岡大貴と松岡茉優、交際7年目の変化 「同じマンションの別々の部屋デート」から「通い愛」へ
女性セブン
三笘薫(左)の妻・クリアさんはどんな人?(写真/AFLO)
三笘薫が初披露した妻・クリアさんは三段跳び高校日本一のガチアスリート 出会いは大学の推薦入学組仲良しグループ
週刊ポスト
横浜地裁
「陰毛を剃るためのカミソリも持参」懲役30年を求刑された横浜・5人連続レイプ魔の“鬼畜過ぎる”計画性
NEWSポストセブン