スポーツ

もう「落合博満監督」は二度と見られないのか? 「今こそ古巣・ロッテが招聘すべき」の声

落合博満氏を監督として招聘する球団は出てくるか(時事通信フォト)

落合博満氏を監督として招聘する球団は出てくるか(時事通信フォト)

 監督が辞任を発表した球団の新監督は誰になるのか──。10月3日、ヤクルトの村上宗隆が王貞治(元巨人)の記録を抜くシーズン56号本塁打を放ち、今年のプロ野球ペナントレースは幕を閉じた。セ・リーグはヤクルト、パ・リーグはオリックスが連覇を成し遂げた一方で、Bクラスに終わった広島の佐々岡真司監督、ロッテの井口資仁監督は辞任を表明した。

「広島は後任にOBを招聘するようです。“生え抜きが絶対条件”という風習はもはや巨人にしか残っていませんが、選手やコーチとしてチームに一度も関わっていない人を監督に就任させるチームは未だに少ない。かつてダイエーが王貞治氏、阪神が野村克也氏や星野仙一氏に監督を依頼しましたが、それはチームが低迷していた時のことで、例外の部類に入るでしょう。

 現在のDeNA・三浦大輔監督や中日・立浪和義監督のように、球団の理想は生え抜きスターの起用です。広島もその路線でしょう。ロッテの河合克美オーナー代行兼球団社長は、次の監督について『常勝軍団を作るという共通の認識で戦ってもらえる人』と話し、白紙を強調しています。その言葉を額面通り受け取れば、中日でリーグ優勝4回の落合博満さんに頼むという選択肢もあるでしょう」(プロ野球担当記者。以下同)

 落合氏は2011年限りで中日の監督を退任。2013年10月から2017年1月まで中日のゼネラルマネージャー(GM)を務め、以降は解説者として活動している。

「有能な人材で実績があるのに、どこからも声が掛っていない。落合さんは気難しい印象もあり、球団がコントロールしにくいというイメージがあるからかもしれません。しかし、それはあくまで伝え聞いた印象に過ぎないだろうし、勝つためにどうすればいいかだけを考えて邁進していく人です。本気で勝ちたいと望む球団なら落合さんの招聘に動いてもおかしくない。17年間も優勝から遠のいているロッテには最も必要な人材だと思いますけどね」

 落合氏は1978年秋、東芝府中からドラフト3位でロッテ・オリオンズに入団。2年目に頭角を現し、3年目に首位打者を獲得。1982年、1985年、1986年と3度の三冠王に輝いた。その後、トレードで中日、FAで巨人に移籍し、最後は日本ハムで1998年に現役生活を終えた。

「今年の12球団の監督を見渡すと、現役時代に一度も所属していないチームで指揮を執っているのは、楽天の石井一久監督だけです。それもGMを経てから現場に復帰しています。各球団がどこまで意識しているかわかりませんが、未だに現役中にそのチームのユニフォームを着たかどうかは大きな要素になっている。そういう意味では、落合さんはロッテを代表する選手でしたからね」

関連記事

トピックス

「体力的、筋力的に落ちている」と発表
中居正広が休養期間を延長 想定外の長時間だった手術と独立後に抱えていたストレス
女性セブン
芸能界にもギャラ飲みを活発に行う女子たちがいるという(写真はイメージ/AFLO)
国民的アイドルOBやグラドルも参加 国税が「ギャラ飲みにメス」で震える芸能人たち
NEWSポストセブン
大久保で買ったというペアルックのスタジャン姿の、坂口杏里(左)と進一さん
坂口杏里、“睡眠薬横流し疑惑”を完全否定「家のどこかに置いたままです」
NEWSポストセブン
少なくない額の借金もあった志垣さん
志垣太郎さん 数千万円単位の借金、『半沢直樹』降板騒動…苦しみの晩年
女性セブン
保育園園長を刑事告発した裾野市の村田悠市長(時事通信フォト)
《園児虐待で3人逮捕》土下座の保育園園長は地元の名家出身 母親は「関係ありません」
NEWSポストセブン
山崎静代と婚約相手
「南海キャンディーズ」しずちゃん(43)が結婚宣言、お相手は4歳年上で「R-1グランプリ」出場の紙芝居詩人
NEWSポストセブン
K
globe・KEIKOが新曲発表へ 小室哲哉がレコーディングに参加も“共演NG”状態
女性セブン
なぜ選手個人のアカウントに批判コメントを投稿するのか(写真前列左から2人目が吉田選手。Getty Images)
森保一監督、選手に求めた自己犠牲の精神 主張の強い海外組をまとめた「交際術」
女性セブン
笑顔で“ファン”に対応をした土屋太鳳
土屋太鳳『あぶない刑事』ロケ撮影後にファンから“一般人”扱いされるも笑顔の神対応
週刊ポスト
長男が明かした志垣太郎さん 急逝前日「俺は100才まで生きる」と語っていた
長男が明かした志垣太郎さん 急逝前日「俺は100才まで生きる」と語っていた
NEWSポストセブン
子供達に罪はない(公園に貼られた張り紙)
【公園廃止】「子供の声がうるさい」と意見したのは国立大学名誉教授 市役所は忖度か
NEWSポストセブン
3月に亡くなっていた志垣太郎さん
稀代の名俳優・志垣太郎さん急逝の裏にあった番組降板、プライベートのトラブル
NEWSポストセブン