国内

小室圭さんの妻・眞子さん、NYで自炊生活か 鮮魚店で買った720円サワラと1000円ポンパノ

買い物を終えた眞子さん

買い物を終えた眞子さん(YouTubeチャンネル『We Love NY』より)

 3回目の挑戦となった小室圭さん(31)のニューヨーク州司法試験。その結果は10月下旬に発表される予定だ。

 10月5日に31歳の誕生日を迎えたばかりの圭さんだが、その誕生日の数日前、米ニューヨークで暮らす秋篠宮家の長女・眞子さん(30)が鮮魚店で買い物をする様子を現地のYouTuberがキャッチした。

 眞子さんが1人で訪れたのは、マンハッタンにある鮮魚店。新鮮なシーフードを豊富に揃え、リーズナブルで財布にも優しい庶民的な店だ。

「サバや鮭、鯛、タコなど、日本の食卓でおなじみの魚介類がそろっていますよ。まるごと1匹で売られているものもあれば、切り身や、下処理済みのものも。それにスタッフが、ウロコの処理や頭のカット、三枚おろしにするかどうかなど細かく注文に応じてくれるので、魚をさばくのが苦手な人にも便利です」(現地在住の日本人)

 さらに刺し身でも食べられるほどの新鮮な魚も売られているとあって、現地で暮らす日本人にも人気の店だという。

「マンハッタンには鮮魚店が少なく、チャイナタウンやコリアンタウンで売られている魚を自己判断で刺し身にして食べるのは勇気が必要ですが、この店では『SASHIMI grade?(刺し身で食べられる?)』と尋ねれば、店の主人が目利きしてくれるので安心です。

 ただ、寿司好きのニューヨーカーでもさすがに鮮魚店で買って自分でさばいて刺し身で食べる、という習慣はないようですし、私たち日本人でも滅多にしませんね。やはり焼き魚や煮物など調理用に買うことがほとんどです」(前出の日本人)

売られていた魚は4ドル〜10ドルあたり

売られていた魚は4ドル〜10ドルあたり

 動画では、眞子さんは店で買った品物が入ったレジ袋を手にして出てきた。普段から使い回して日常のショッピングバックとして使っているニューヨークで流行りのディスカウントショップ『ターゲット』のエコバッグも肩から提げているが、やはり生魚を入れるのは気が引けるのか、エコバッグとプラスチックバッグの“2つ持ち”だ。

「眞子さんは携帯電話をチェックしながら店内の様子をガラス越しにうかがって、しばらくして店に入ったので売られている魚をチェックしていたのだと思います。店内でスタッフと会話を交わして品物を受け取って、店から出てくるまで3分ほどでした。

 午前11時過ぎでしたので、昼食用ですかね。店を出ると足早に去っていったので、これから自宅に戻って料理を作るために急いでいたのかも。小室圭さんに愛妻料理を振る舞ったのでしょうか」(動画を撮影した現地在住YouTuber)

 眞子さんはどんな魚を買ったのだろうか。後日、現地メディアの記者が同店を取材した。

「お店の人は眞子さんのことをよく覚えていて、ポンパノ(アジ科の魚)とサワラを買ったと教えてくれました。切り身ではなく、丸ごとの魚を買ったそうです。教えてくれた店員によると、それ以前には眞子さんの姿は見たことがなくて、初めて来たということでした。お店に日本人はよく来るそうで、同じようにサワラやサバを買う人が多いとのこと。刺身用というよりは焼き魚用の魚を買って行く客が多いようです」

 ニューヨークでは物価の高騰が続き、毎日の食費も人々の家計を圧迫している。現地の弁護士事務所で法務助手として勤務する小室さんの収入面を不安視する声は絶えないが、自炊生活で乗り切っているのかもしれない。夫妻が渡米してから間もなく1年。日本で慣れ親しんだ魚の味で故郷を思い出しているだろうか。


関連記事

トピックス

映画『ウィンターソング』に出演した金城(2006年撮影)
《SNSを駆け巡った俳優・金城武の結婚》お相手は元日テレの人気女性アナウンサー、所属事務所は「面識もない」全否定の真相
NEWSポストセブン
再再婚が噂される鳥羽氏(右)
【ダブル不倫の代償】広末涼子、損害賠償の分担は「前事務所と合意のうえ退所」 思わぬ形で公表された「4000万円」のけじめ
女性セブン
ミスコン時代の高橋茉莉氏
《ビキニ現場も全力》公認取り消しの元アナ高橋茉莉氏「手書き自己PR」で綴った「グラビアは要相談」「あわよくばしっかり稼ぎたい」芸能活動時代の「とにかく売れたがっていた」素顔
NEWSポストセブン
話題のドラマに本当に”不適切”なシーンとの指摘(公式サイトより)
『不適切にもほどがある!』で本当に”不適切表現” 在宅酸素療法中に近くで阿部サダヲがタバコに火、医師は「危険」と指摘 TBSは“お詫び”掲載
NEWSポストセブン
山根夫妻。奥様が明かす最期の瞬間
逝去の山根明さん 妻が明かした「男・山根」の最期の瞬間 意識もうろうとする中、娘の声かけに涙がこぼれ落ちた
NEWSポストセブン
カメラに向かって涙ながらに告白する高橋茉莉氏
《看過できない行為あった》公認取り消し元アナ候補の高橋茉莉氏「ファーストクラス海外旅行」から「六畳一間」への転落【不運すぎる27年間】
NEWSポストセブン
角谷暁子アナ(テレビ東京の公式アナウンサーサイトより)
YouTube動画が100万回再生 テレ東・角谷暁子アナ4月改編で抜擢期待も「超セレブ生活」の不安材料
NEWSポストセブン
亡くなった山本陽子さん。81歳だった
【追悼】山本陽子さん、ショックを受けた岡江久美子さんとの別れ 親しい人を相次いで見送り、孤独死対策も考えていた
女性セブン
《「ここは撮影禁止だ!」》大谷翔平をクラブハウス内で無断撮影してYouTubeに公開した韓国メディアが出入り禁止に
《「ここは撮影禁止だ!」》大谷翔平をクラブハウス内で無断撮影してYouTubeに公開した韓国メディアが出入り禁止に
女性セブン
浅田美代子がパーティを開催。芸能人や元首相までが集まった
浅田美代子50周年イベントに佐藤浩市、三浦友和が登場、MISIAは生歌披露、小泉元首相も姿を見せる 藤井フミヤと小泉今日子の“まさかの2人”も
女性セブン
4年ぶりの抽選なしの一般参賀に、天皇陛下らが揃って手を振られた
天皇誕生日の一般参賀、4年ぶり“抽選なし”で1万人近くが集まる 皇族方が笑顔で一堂に
女性セブン
木村拓哉と香取慎吾の仲
【木村拓哉と香取慎吾】不仲説のあった2人の関係性が大きく変化 急逝した「SMAPの恩人」が願っていた再集結への道
女性セブン