国内

『鎌倉殿の13人』は実録ヤクザ映画だ 鈴木智彦氏が分析する山口組との類似性

六代目山口組の司忍組長(時事通信フォト)

六代目山口組の司忍組長(時事通信フォト)

 いよいよ最終回に向けて緊迫感が増すNHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』。ドラマを観ていて、ある組織との類似性に驚いたという、フリーライターの鈴木智彦氏が分析する。【前後編の前編】

『鎌倉殿の13人』は、ほぼ実録ヤクザ映画である。描かれるのは権力闘争とテロリズムで、ヤクザ映画のテーマともろに被る。暴力は万能で、全てを解決する唯一の手段だ。だから人間という野蛮な種は、欲望を実現させるため同族を大量に殺す。現代でも戦争とテロリズムは根絶できず、世界中で殺し合いが絶えない。日本史の中でも、鎌倉幕府は特にヤクザっぽい。貴族支配と武家支配が切り替わる過渡期だからだ。

 武家政権が確立する以前も、奸智に長ける貴族たちの欲望が陰謀の種となり、京の都では陰湿な権力闘争が日常茶飯だった。だが、武士は貴族と違い、弱肉強食の論理を奉じる暴力集団である。勝った側の理屈が正義であり、揉め事がこじれれば殺し合いでカタをつける。武家政治の中心地である鎌倉では謀略=謀殺を意味し、実際、鎌倉の空気は、殺人が頻発する犯罪都市さながらにピリピリしていた。

「武士が台頭するまで、京都にテロは発生しませんでした。一方鎌倉はテロが日常茶飯事なんですよ。争いがあると常に人殺しに発展しかねない町なんです。映画でいうと『仁義なき戦い』とか『ゴッドファーザー』なんかのエリアなんですね」

 国際日本文化研究センターの井上章一所長はNHK・BSの番組に出演してこう解説した。NHKだけあってタイトルは『英雄たちの選択 北条義時・チーム鎌倉の逆襲』と抑え気味だが『広域暴力団・鎌倉連合会の全国制覇と内部抗争』と言い替えたほうが分かりやすいだろう。

「西のヤクザ」と「坂東武者」

 特に鎌倉幕府は日本最大の暴力団・山口組に似ている。山口組は山形県・広島県・沖縄県などを除くほぼ全国に傘下団体を持ち、今や暴力団員の2人にひとりが山口組組員というマンモス組織だ。世界規模の知名度を誇り、他団体の組織名を知らなくても、山口組の名前だけは聞いたことがあるだろう。組織の代紋が菱形なのもよく知られているので、「出身は山口、星座はヤクザ、血液型は菱形」という盛り場の定番ジョークもある。

 ヤクザの親分たちは本家の所在地で呼び合うので、山口組とそのトップは本来、発祥の地である「神戸」だった。しかし2015年8月に山口組が分裂、離脱組が『神戸山口組』を旗揚げして“神戸”の名称を戦略的に横取りした。六代目山口組・司忍組長は名古屋に本拠を置く弘道会の出身で現在も名古屋に自宅がある。現在、山口組総本部は神戸市の篠原本町だが、山口組本家は名古屋を意味するようになっている。

関連記事

トピックス

大谷翔平選手が出るためには「保険料」の問題も重大
大谷翔平、WBC合宿に暗雲 故障に備えた保険料は億単位、財政難NPBは捻出できるのか
女性セブン
コロナ禍のなか天国へ旅立った岡江久美子さん
《逝去から3年目の決断》岡江久美子さん「お別れ会」開催を断念、所属事務所社長が明かしたその理由
NEWSポストセブン
テレビ局の枠に収まらないキャラ(Instagramより)
【異色の転身】テレ東・森香澄アナが退社へ 今後は「あざとカワイイ系インフルエンサー」に
NEWSポストセブン
入社して3~4年目ぐらいは苦しんでいたと明かしたフジ宮司愛海アナ(写真/ロケットパンチ)
フジ宮司愛海アナが初めて明かした「パンへの執着」「4年の苦悩」 逆転を生んだ現場取材魂
週刊ポスト
『ビクタン収容所』にいた4容疑者のうち1人はスマートフォンを6台所持していた
連続強盗事件、ルフィが捕まっても止まらない 「襲撃リスト」はどう作られるのか
女性セブン
不倫疑惑の広島・小窪哲也コーチ
広島・小窪哲也コーチに不倫報道 「広島でスキャンダルが相次ぐ理由」とは
NEWSポストセブン
離婚を発表した島袋と早乙女
島袋寛子が離婚、元夫・早乙女友貴とのインスタ写真激減で心配されていた「不穏な投稿内容」
NEWSポストセブン
草なぎ剛を目撃
草なぎ剛「コロナ感染で休んだお詫びに」このご時世あり得ない太っ腹プレゼント
NEWSポストセブン
ヒロド歩美アナ
ヒロド歩美アナが電撃退社へ、浜田雅功お気に入りアナウンサーが「もっと幅広く活動したい」と苦渋の決断
NEWSポストセブン
デヴィ夫人(2022年6月)
デヴィ夫人が元白鵬の襲名パーティーで“激怒の途中退席”騒動「こんな屈辱は初めてです」と怒った理由
NEWSポストセブン
三浦瑠麗(時事通信フォト)
三浦瑠麗氏、相次ぐ番組出演見合わせ 夫の会社家宅捜索で“炎上キャラ”終了、復帰は困難か
NEWSポストセブン
不倫疑惑の広島・小窪哲也コーチ
広島・小窪哲也コーチに不倫を直撃 30代女性ラウンジ社長宅に3日連続「通い愛」
週刊ポスト