ライフ

ワクチン「4回目・5回目」接種後に死亡した34人が飲んでいた薬とその傾向

ワクチン接種後の死亡者はどんな薬を飲んでいた?(イメージ)

ワクチン接種後の死亡者はどんな薬を飲んでいた(イメージ)

 日本人全体のコロナワクチン総接種回数はすでに3億7700万回にも及んでいる。接種回数を重ねるごとに、「打った後」のデータも積み上げられてきた。

 1月20日、厚労省のワクチン分科会副反応検討部会で公表された資料によると、初めて「5回目接種後」に死亡した人が22例報告された。予防接種法が定める「副反応疑い報告」制度に基づき、全国の医療機関などから届いた報告を集計したものだ。

 ワクチンと死亡との因果関係はすべて「γ(評価できない)」とされているが、厚労省の資料によれば、4回目・5回目接種後に死亡した例は89件に上る。すでに3回以上の接種を経験し重篤な副反応がなかった人が、4回目以降の接種後に亡くなったことになる。ナビタスクリニック川崎の谷本哲也医師が解説する。

「接種を重ねるごとに副反応が弱まるということはなく、厚労省の発表によると、倦怠感や頭痛などの接種後の副反応は3~5回目も1・2回目と同程度とされています。既往症がある方などは今後もワクチン接種のたびに体調などを気にかけて、慎重に判断する必要があります」

 厚労省の資料には、死亡例について、接種日や死亡日のほか、生前にどのような基礎疾患を抱え、どんな薬を服用していたかが記されている。

「心疾患系の薬が多い」

 本誌・週刊ポストは判断の参考材料として、4・5回目接種後に死亡した89人のうち、予診票に服用薬が記されていた34人の詳細を調査。さらに、これまでのワクチン接種後の死亡者2003人のデータをすべて確認し、予診票に記載の多かった上位10種の薬(同じ有効成分の薬は同一のものとして集計)を調べた。以下列挙する。

【1】降圧剤(Ca拮抗薬) アムロジピン、アムロジン、ノルバスクほか…176人
【2】便秘薬 酸化マグネシウム、マグミットほか…135人
【3】抗血小板薬 アスピリン、バイアスピリンほか…104人
【4】消化性潰瘍治療薬 ランソプラゾール、タケプロンほか…101人
【5】利尿薬 フロセミド、ラシックスほか…87人
【6】抗血小板薬 クロピドグレル、プラビックスほか…64人
【7】心不全治療薬 ビソプロロールフマル、メインテートほか…62人
【8】便秘薬 センノシド、プルゼニドほか…57人
【9】脂質異常症治療薬 ロスバスタチン、クレストールほか…46人
【10】降圧剤(ARB) カンデサルタン、ブロプレスほか…45人

 高血圧などに一般的に用いられる治療薬が多いが、薬剤師の長澤育弘氏(銀座薬局代表)がある傾向を指摘する。

「いずれも比較的副作用が少なく安全でよく飲まれる薬ですが、心臓血管系の薬が非常に多いのが特徴的です。高齢者によく処方される糖尿病治療薬が上位に入っていないことは意外でした」

関連記事

トピックス

和田アキ子「お見舞い拒否」でも病室に招き入れた藤原達也 “元ワル”で“ギャンブル好き”な共通点
和田アキ子「お見舞い拒否」でも病室に招き入れた藤原達也 “元ワル”で“ギャンブル好き”な共通点
女性セブン
(時事通信フォト)
HIRO社長カムバックのLDH、新任「社外取締役」「監査役」もスゴかった
NEWSポストセブン
別居と離婚を認めた降谷建志とMEGUMI
《MEGUMIと立場逆転》不倫騒動で株を下げた降谷隆志 学ぶべきだった父・古谷一行さんの対応
NEWSポストセブン
KEIKOが公開した「アーティスト写真」
【12年ぶり素顔公開】globeのKEIKO、マスク外して完全復活へ 「生配信」にも出演
NEWSポストセブン
佳子さまの髪形やファッションを参考にされていたことも(9月、栃木県那須町。写真/JMPA)
「佳子さまに揺るぎない信頼」の愛子さま 雅子さまは何を思う…“思想”から影響を受ける可能性への憂慮
女性セブン
“立ちんぼ”
「手錠が痛かった」歌舞伎町の大久保公園で覆面警察に逮捕されたアイドル似“交縁少女”の告白【前編】
NEWSポストセブン
6日間にわたるベトナムへの公式訪問をされた秋篠宮ご夫妻(9月23日撮影、EPA=時事)
【ガーリーな姫ファッション】紀子さまベトナム訪問のお召し物に見る美智子さまとの共通点
NEWSポストセブン
フレンチフライ(フライドポテト)専門店にいたのは松嶋菜々子と反町隆史(49才)夫妻だった。
【全文公開】松嶋菜々子、復活『GTO』で夫・反町隆史と共演 なぜいま夫婦共演が“解禁”となったのか?
女性セブン
木村拓哉
【全文公開】木村拓哉、「事務所を立て直す」の強い思いで積極的に“全方位外交” 因縁を越えてDA PUMPのライブも訪問
女性セブン
紀子さま(9月24日撮影、EPA=時事)
【宮内庁騒然】紀子さまが「美智子さまを“皇后”」「ベトナム訪問を“旅行”」と表現されて
NEWSポストセブン
10月には32才となる眞子さんと、小室氏
小室圭さん、セレブ人脈を期待され重要任務に引っぱりだこ 「表舞台から離れたい」眞子さんの希望は遠のくばかり
女性セブン
羽生結弦(AFP=時事)と末延さん
羽生結弦結婚で「地元の人達は知っていた」相手の素性がなかなか広がらなかった理由
NEWSポストセブン