国内

眞子さん、メトロポリタン美術館就職のため博士号取得目指して大学院に再入学か 有力進学先はニューヨーク大学

日本の大学院では途中から“幽霊学生”となった

日本の大学院では途中から“幽霊学生”となった

 結婚について「考えたことはありません」。理想の男性像に関しては「確たるものはございません」。将来の夢や目標については「学生生活を通していろいろと考えつつ、徐々に考えをまとめていけたら」──2011年10月、成年を迎えるにあたっての記者会見で、眞子さんはこう答えた。まさか12年後、異国の地で将来を“再考”しなければならない事態に陥るなど、当時の彼女は想像もしていなかっただろう。

 小室圭さんの誕生日から遅れること18日後の10月23日、眞子さんも32才の誕生日を迎えた。祝福もつかの間、小室さん夫婦は目下、慌ただしい日々を過ごしているという。

「現在のマンションを11月中旬までに解約する運びとなり、新居への引っ越し準備に追われているそうです。小室さんは所属する弁護士事務所での担当任務が増えて仕事が忙しく、眞子さんが中心となって進めているのではないでしょうか」(在米ジャーナリスト)

 新居はニューヨーク郊外の閑静な住宅地に位置する3LDKの一戸建てで、家賃相場は約125万円とみられている。この規模の住まいであれば、小室さんの母・佳代さんや祖父を日本から呼び寄せて同居することも可能だ。

「小室さん夫婦は、いずれ子供を持つことも視野に入れて、大豪邸への引っ越しを決断したのでしょう。ただ、眞子さんはいますぐ子供のことだけを考えたいわけではないようです。背景には、メトロポリタン美術館(以下、MET)での就職への未練があるといいます」(前出・在米ジャーナリスト)

 METはニューヨークの中心部にある世界最高峰の美術館だ。眞子さんは2022年2月、日本人画家の作品に解説文書を寄せたことがある。翻案はMETの日本美術部門のキュレーターであるジョン・カーペンター氏だ。

 キュレーターとは管理責任者のことを指し、業務は展覧会の企画や作品の鑑定、収集、保存など多岐にわたる。彼は日本の皇室にも精通していたことから、METで眞子さんが働くのは既定路線とみる向きもあった。その後も名前を表に出していないだけで、一部では彼女がMETで仕事を続けているのではないかと囁かれたこともあったが、今年の9月下旬、METの館長は記者会見で「眞子さんは従業員ではない」と明言した。

「眞子さんはかねて、美術にかかわる仕事をしたいと希望していたそうです。カーペンター氏と懇意になり、解説文書を寄せた時点までは、ある意味“計画通り”だったのかもしれません。

 しかし、METは世界に名だたる美術館です。キュレーターのみならず、従業員は皆、ネイティブ以上の語彙力は当然ながら、各ジャンルの高度な専門知識や研究のバックグラウンドを持ち合わせていないと話にならない。博士号さえ取得していない眞子さんの“学歴”では不充分だと判断されたのでしょう」(前出・在米ジャーナリスト)

 かくしてMETで働きたくても働けないという状況に陥った眞子さんは、方針転換を迫られることとなったようだ。

「眞子さんは落胆を隠しきれず、しばらく表立って活動することも控えていたようです。ただ、新居の決まったタイミングが、心機一転の機会となったのでしょうか。現在、大学院に改めて入学し、学生として再出発する意向を固めているそうです」(別の在米ジャーナリスト)

関連記事

トピックス

逮捕された細谷夫婦
【浅草・4歳女児毒殺妻の“裏の顔”】親子で「ちいかわ」ペアルック外出も、自宅では夫に「お茶を作りに戻れ」「殺せー!」と絶叫
NEWSポストセブン
渦中の万木議員と中川議員
《滋賀・車中での不適切行為裁判に判決》男性市議に提訴された女性市議が敗訴 決め手となった「写真」の存在【双方直撃】
NEWSポストセブン
『ブギウギ』で田中麗奈が演じる“ラクチョウのおミネ”に注目(Imaginechina/時事)
朝ドラ『ブギウギ』で田中麗奈が熱演する「ラクチョウのおミネ」 モデルは“ラクチョウのお米”で100人以上の女性のまとめ役だった
週刊ポスト
広末涼子と鳥羽周作氏
広末涼子、個人事務所設立で期待高まる俳優復帰 懸念材料は交際中・鳥羽周作氏の「炎上体質」か
NEWSポストセブン
雅子さま、チャールズ国王のがん公表で訪英プランが不透明に よみがえるのは“エリザベス女王対面できなかった”寂しい記憶
雅子さま、チャールズ国王のがん公表で訪英プランが不透明に よみがえるのは“エリザベス女王対面できなかった”寂しい記憶
女性セブン
かつての“氷上のプリンセス”のデート現場をキャッチ
元フィギュア村主章枝「ビリビリ破れたパンツ」でイケオジと西麻布ワイルドデート
NEWSポストセブン
長谷川京子が恋人と旅行に出かけた
長谷川京子、“大事な人と必ず訪れる大切な場所”タイに6才年下の恋人と旅行 浮かれて突っ走ることはない大人の恋
女性セブン
火鍋をしていた綾瀬はるか
【火鍋パーティーをキャッチ】綾瀬はるか、高級中華料理店で“塩”へのこだわりを力説 「ここは私に任せて」と会計を全額支払う
女性セブン
県議らとのゴルフ写真。左から2番目が増永県議、右端が松村・国家公安委員長(2018年8月に沖縄で撮影/Aさん提供)
自民党・熊本県議、14歳年下女性との不倫トラブルで露見した“賭けゴルフLINE”「勝ち分14000円」の記述も
週刊ポスト
通訳の水谷一平氏(右)よりも密着マーク
大谷翔平の“ずっとそばにいる女性”の正体 身長188cmの地元放送局リポーターは元バレーボールの有望選手、現在日本語を猛勉強中
女性セブン
小澤征爾氏の30億円の資産を巡り(時事通信フォト)
【全文公開】小澤征爾さん「30億円相続」でファミリーに不協和音 長男・征悦と桑子アナの結婚を巡って“分断”も
女性セブン
木村拓哉
【全文公開】近づくSMAP再始動、木村拓哉「準備OK」で中居正広も決断か 意外なキーマンは二宮和也
女性セブン