芸能

バンドの潤滑油だったHEATHさん急逝で遠のくX JAPAN活動再開 YOSHIKIとToshlは安置室でも“すれ違い”

3人

HEATHさん(右)が亡くなったことでX JAPAN活動再開が遠のく

 活動再開を期待するファンの声が悲鳴に変わった。2018年10月以降、バンドとしての活動がないX JAPANにあって、再稼働のキーマンといわれていたベーシストが急逝したのだ。そして彼の死は、深刻なバンドの現状を浮き彫りにした──。

《身内に不幸があり、自分の判断で急遽日本に戻って来ました》

 X JAPANのYOSHIKIが、喪服姿の写真とともにこうSNSに綴ったのは、11月3日のこと。アメリカでの「栄誉賞授賞式」などの予定を、すべてキャンセルしての緊急帰国だった。向かったのは、東京・新宿区内のとある施設。無言の対面を果たしたのは、X JAPANのベーシスト・HEATHさん(享年55)だった。HEATHさんの知人が明かす。

「今年に入ってから、HEATHさんは体調の優れない日が続いていました。その影響で、今年は夏に開催されたYOSHIKIさんのディナーショーに参加した以外、目立った活動はしていませんでした。秋が近づいても体調は改善しなかった。そこで医師の診療を受けたところ、がんが見つかったんです。

 しかも数か所に転移していて、かなり進行していました。手の施しようがなく、残念ながら、がんの発見からわずかしか経っていない10月下旬までに帰らぬ人となってしまいました。がんを患っていることを、メンバーに知らせる余裕もありませんでした」

 メンバーに届いた突然の訃報は、X JAPANに生じていた亀裂を、強烈に浮かび上がらせた──。

「破壊と創造」を標榜するX JAPANにおいて、HEATHさんは重要な存在だった。1968年に兵庫県尼崎市の音楽一家に生まれたHEATHさんは、家族の影響で幼い頃から楽器を手にし、中学生の頃にはバンド活動を開始。X JAPANへの加入は1992年。もともとのベーシスト、TAIJIさん(享年45)との入れ替わりだった。

「加入当初、HEATHさんは大きなプレッシャーのなかにいました。見た目もよく演奏のテクニックも兼ね備えたTAIJIさんの後任は、HEATHさんでは務まらないという厳しい声が上がっていたんです。ですが、そうした雑音をHEATHさんは実力で黙らせました」(音楽関係者)

 ファンの支持を得たHEATHさんは、メンバーからの信頼も厚かった。2009年、HEATHさんは当時の所属事務所とのトラブルに見舞われ、X JAPANの韓国公演が延期になるという事件が起きた。

「このときトラブルの解決に向けて奔走したのは、YOSHIKIさんでした。彼はHEATHさんを“一緒にいたいと思える仲間”と公言し、その窮地を救ったのです」(前出・音楽関係者)

 一目置いていたのは、Toshl(58才)も同じだった。

「メンバーとはあまり外食しなかったToshlさんですが、HEATHさんとは公演終わりに食事に行くこともありました。個性の強いX JAPANのメンバーのなかで、彼は飄々としていていつも自然体でした。そんな彼との時間が、心地よかったようです」(芸能関係者)

 爆発的な人気を誇り、モンスターバント化していったX JAPANは、やがてメンバー間でのコミュニケーションが希薄になっていった。だがHEATHさんがいれば場が和み、会話があふれた。その彼をもってしても、ここ5年ほどはバンドに鳴り響いていた不協和音を修正できなかった。

関連記事

トピックス

訪英に向け、慎重を期されている(4月、東京・千代田区。撮影/JMPA)
【消せないトラウマ】雅子さま、訪英直前の記者会見は欠席か ロンドン到着後の日程も不透明 「慎重すぎるのでは…」との指摘も
女性セブン
坂口憲二(時事通信フォト)
映画『キングダム』“第5弾以降”の撮影が7月に開始へ、坂口憲二が出演か 『教場』で共演した木村拓哉が復帰を後押し
女性セブン
殺人容疑で逮捕された内田梨湖容疑者(SNSより)
《強気な性格の私も愛して》内田梨瑚容疑者がSNSの写真転載にキレた背景に加工だらけのTikTok投稿【旭川・女子高生殺害】
NEWSポストセブン
殺人未遂容疑で逮捕された笹山なつき容疑者
《鹿児島2歳児カッター切りつけ》3月末に10人退職…“要塞”と揶揄される保育園の中で何が「口調の強い園長先生」「新卒職員が2カ月で髪ボサボサで保護者会に…」近隣住民語る10年前の異変
NEWSポストセブン
上重聡さんが野球YouTubeの魅力を語る
甲子園で松坂大輔と投げ合った元日テレ・上重聡アナが語る野球YouTubeの魅力と「視聴必至のチャンネル」4選
週刊ポスト
「完封デート」の小笠原慎之介選手(時事通信)
中日・小笠原慎之介“北川景子似美女”と焼肉→ホテルの「完封デート」撮 “モテないキャラ”も育んでいた遠距離愛
NEWSポストセブン
殺人容疑で逮捕された内田梨瑚容疑者(SNSより)
《17歳の女子高生を殺害》昼は化粧品店で働いた内田梨瑚容疑者(21)が旭川の繁華街「未成年飲酒・喫煙」界隈で見せていた「ヤンキー系」素顔
NEWSポストセブン
トンボ論文で話題になった悠仁さま
悠仁さま「トンボ研究」が一段落 赤坂御用地内の御池の改修工事は10年の沈黙を破って再開
女性セブン
殺人容疑で逮捕された内田梨瑚容疑者(SNSより)
「リコ的に“年下に舐めた態度をとられた”」17歳女子高生を橋から落とした21歳容疑者が引けなくなった「イキリ体質」証言【旭川・女子高生殺害】
NEWSポストセブン
三田寛子と中村芝翫夫婦の家で、芝翫と愛人が同棲しているという
【不倫真相スクープ】三田寛子、実家を乗っ取られた? 中村芝翫と愛人の生活が“通い愛”から同棲に変化 ガレージには引っ越しの段ボールが山積み
女性セブン
自転車で牧場を回られる陛下、雅子さま、愛子さま
愛子さまが御料牧場でタケノコ掘り、ご一家でのサイクリング、愛猫&愛犬…貴重な写真を公開
女性セブン
中村芝翫と三田寛子
三田寛子、夫・中村芝翫と愛人の“半同棲先”に怒鳴り込んだ「絶妙タイミング」 子供たちも大事な時期だった
週刊ポスト