芸能

朝ドラ「史上最高の母親役」ランキング 歴代109作品で圧倒的1位は『あまちゃん』の小泉今日子

理想の母

圧倒的1位は『あまちゃん』の小泉今日子

「この世はな、義理と人情でできてんねん」──10月2日にスタートしたNHK連続テレビ小説『ブギウギ』で趣里(33才)演じるヒロイン・鈴子に負けじと視聴者の心を掴んでいるのは、「芸は身を助けるし、人生楽しなる!」をモットーに映画と芝居が大好きな夫とふたり、銭湯を切り盛りしながら娘の夢を後押しする“肝っ玉母ちゃん”ツヤを演じる水川あさみ(40才)だ。コラムニストの吉田潮さんはこう期待を込める。

「素早いツッコミとチャキチャキした関西弁の姉御肌キャラの“おかん”は水川さんにぴったり。趣里さんと7才差なのにしっかり親子に見えています。しかも10月27日に放送された第20話で、鈴子と血がつながっていないことが明らかになったから、今後ツヤの存在はかなり大きくなるはず。この作品は水川さんにとって代表作になるでしょう」

『ブギウギ』に限らず「朝ドラにおける母親の役割はとても重要」と語るのは、『花子とアン』(2014年)で、ヒロイン役の吉高由里子(35才)の母親を演じた室井滋だ。

「ヒロインがまだ子供の時代から登場する母親は、いわば朝ドラのスタートラインを切る役割を担う存在。半年間にわたって放送するんだから、序盤で視聴者に興味を失われたら困るじゃないですか。その重責がやる気にもつながりました。

 撮影現場では本当のおかんみたいな気持ちで吉高さんをいつも目で追っていました。一度吉高さんが着物を着替えるときに湿疹が出てしまったことがあったのですが、マネジャーさんでもほかのスタッフでもなく、とっさに『おかあ』と呼ばれたときはうれしかった半面、“私がなんとかしなきゃ”と本気でオロオロしたことを覚えています」

『花子とアン』(2014年)で、ヒロイン役の吉高由里子(35才)の母親を演じた室井滋だ。

『花子とアン』(2014年)でヒロインの母親を演じた室井滋

 その作品の明暗を握る“陰の主役”ともいうべき朝ドラの母親たち。史上最高の名母親は一体誰なのか、13人の朝ドラ好きと本気で考えてみた。

【選出方法】
 以下、13名に「最高の朝ドラ母親役」を5〜10個あげてもらい、1位から順に10点、9点、8点、7点、6点、5点、4点、3点、2点、1点として計算した。

泉麻人さん(コラムニスト)、今井舞さん(コラムニスト)、カトリーヌあやこさん(コラムニスト)、木俣冬さん(『みんなの朝ドラ』著者)、田幸和歌子さん(『大切なことはみんな朝ドラが教えてくれた』著者)、西森路代さん(コラムニスト)、桧山珠美さん(コラムニスト)、ペリー荻野さん(コラムニスト)、堀井憲一郎さん(コラムニスト)、室井滋(女優)、矢部万紀子さん(コラムニスト)、吉田潮さん(コラムニスト)、渡辺裕子さん(コラムニスト)

厳しい言葉に込めた優しさ

 歴代109作品の中で圧倒的1位に輝いたのは『あまちゃん』(2013年)の小泉今日子(57才)が演じた春子。「じぇじぇじぇ」が流行語大賞に選ばれるなど作品そのものに大きな注目が集まったのはもちろん、自分と同じようにアイドルを志す娘にかける春子のせりふの数々が、視聴者に強烈な印象を残した。

「忘れられないのは、娘のことを“地味で暗くて向上心も協調性も個性も華もないパッとしない子”と言い放つシーン。リズムがあって批評性があってユーモアがあって、小泉さんの魅力そのもの。放送初回のサングラスに真っ赤なロングスカート姿にも目が釘付けになりました」(コラムニスト・矢部万紀子さん)

 上京する娘に贈る言葉が粋だったと話すのはコラムニストの渡辺裕子さん。

「娘の背中を押しながら、叶わなかった自分の夢を昇華していく春子に心揺さぶられました。特に“あんたじゃなくてみんなが変わったんだよ! 自信もちなさい!”と周りのみんなを変えられる娘のアイドルとしての素質を断言する一言は、ちゃんと娘のことを見てきたお母さんらしいせりふでした」

 2位にランクインしたのは平均視聴率52.6%、最高視聴率62.9%と大ブームとなった『おしん』(1983年)の泉ピン子(76才)。票を投じた人の多くが名シーンに選んだのは、ピン子演じるふじが口減らしのため極寒の川につかる場面。撮影は2月の山形県で行われ、ピン子は6時間も川につかったというまさに命懸けのシーンだ。

「お腹の子供を中絶するために川につかるというとんでもなく悲しい一幕。この時代を生きる女性のつらさをピン子さんが迫真の演技で体現していた」(コラムニスト・西森路代さん)

 コラムニストのペリー荻野さんも、ふじの持つ“強い信念”に一票を投じた。

「ふじの出稼ぎ先に、さみしさに耐えられなくなったおしんがひとり歩いて訪ねてきたとき。2人は一晩だけ一緒に過ごしますが、そのとき母は“ひとりで生きていかなきゃだめだ”と話し、おしんをもう一度奉公先に返す。現実の厳しさを娘に伝える母の覚悟と強さがにじみ出ていました」

関連記事

トピックス

結婚相手について語った大谷翔平
《大谷翔平が電撃婚》新妻を待ち受ける「奥様会」と「過激ファン」の洗礼 田口壮夫人は「生卵をぶつけられた人もいた」
NEWSポストセブン
(時事通信フォト)
《大谷翔平結婚》お相手“有力候補”のアスリート女性は「昨年引退済み」「インスタ全消し」渡米情報も
NEWSポストセブン
パチスロ好きという意外な素顔もある浅田舞
《6時間スロット打ちからカルチャー系に》浅田舞に新恋人との熱愛報道、関係者が気づいていたインスタグラムの「異変」
NEWSポストセブン
2010年、慶応義塾大学を卒業した水卜麻美
【女性アナ大学時代の晴れ姿・2010~2016】水卜麻美の世代には「視聴者の関心がアナウンサーとしての実力や親しみやすさに向き始めた」
週刊ポスト
「チョメチョメ」や昭和のスターや歌謡曲のオマージュなど小ネタが
いっぱいのドラマ『不適切にもほどがある!』に大ハマり中です!(番組のインスタグラムより)
【『不適切にもほどがある!』の魅力】昭和スターや歌謡曲オマージュも満載!“脚本のすべてを聞き逃したくない”から何度も見てしまう
女性セブン
政倫審もあれる中、岸田首相は大谷頼みで…
「大谷翔平結婚」で政倫審ウヤムヤにできた岸田首相、次はドジャース開幕戦のサプライズ観戦計画 “大谷頼み”が酷すぎる
NEWSポストセブン
結婚について語った大谷翔平(時事通信フォト)
《「いたって普通の人」》大谷翔平、お相手のパーソナリティーを一切明かさない“完璧な結婚報告会見”で見せつけた「格の違い」
NEWSポストセブン
大谷翔平
大谷翔平が明かした結婚相手「普通の日本人」は7月にお披露目か 大物同僚妻との奥様会への参加はどうなる
NEWSポストセブン
20年以上培った弁護士としての専門分野は離婚や親権問題
《不倫報道》エッフェル広瀬めぐみ議員が密会場所に選んだ「ご休憩8600円〜」歌舞伎町ホテルと「ジャンクなディナー」のこだわり
NEWSポストセブン
大谷翔平(時事通信フォト)
《大谷翔平が電撃婚》「アナウンサーじゃなくて良かった」とファン安堵 大谷を守った“女性アナ隔離政策”
NEWSポストセブン
谷原章介(左)と、コンテストに挑戦する息子の七音さん(右)
《本人に直撃》谷原章介が語った20歳長男「ジュノンボーイ挑戦」へのエール 七音さんもインスタで決意投稿「僕は僕なので」
NEWSポストセブン
(時事通信フォト)
《大谷翔平が電撃婚》徹底した秘密主義で「このタイミング」だった理由「左手薬指へのキス」にファン違和感
NEWSポストセブン
【実例「おじさん構文」「おばさん構文」】LINEで世代間ギャップを生む“書き言葉”と“打ち言葉”の違い
【実例「おじさん構文」「おばさん構文」】LINEで世代間ギャップを生む“書き言葉”と“打ち言葉”の違い
マネーポストWEB