スポーツ

田中将大、安樂パワハラ騒動と成績低迷で晩節の苦境 一度は遠く離れた「ハンカチ王子」との縮まる差

今季が契約最終年の楽天・田中将大(時事通信フォト)

安樂パワハラ騒動でピンチの田中将大(時事通信フォト)

 楽天の安樂智大(27才)のパワハラ問題が、思わぬ方向に飛び火している。ロッカールームで後輩の下半身をむき出しにさせたり、飲みの誘いを断った相手に深夜に執拗に電話をしたりといったいじめ行為に対し、複数の選手が怒りの声をあげた今回の一件。球団はヒアリングの結果、「ほほ事実」と安樂の行為を認定して安樂を自由契約にし、これで幕引きかと思われたが、くすぶっているのは“兄貴分”の田中将大(35才)の存在だ。

 田中は2013年、24勝0敗という驚異的な成績で楽天を初優勝に導き、ヤンキースを経て再び楽天に舞い戻ったチームの顔。ところが一、田中が一連の安樂の行為を容認していた疑いが浮上し、レジェンドに対して厳しい目が向けられている。

「田中は去就が注目されていた2020年オフ、年俸9億円(推定。以下同)を用意した楽天に電撃復帰。戦力としてはもちろん、チームリーダーとして若手投手を引っ張ることも期待されましたが、若手にとっては雲の上の選手で、仰ぎ見られるような存在でした。そんななか、数少ない“田中軍団”の一員だったのが安樂です。

 安樂は常日頃から田中にべったりで、田中は安樂をいさめなかればならない立場だった。それなのにSNSでは、チームメイトとの記念撮影時に安樂が前に座る若手投手の背中を蹴り、その様子を田中がニヤニヤと笑って見ている動画が拡散しています。これでは田中がいじめを容認していたと捉えられても仕方ない。安樂が後輩の下半身をむき出しにさせた際、田中が居合わせていたという報道もありました。

 田中は安樂が自由契約になったのを受け、X(旧Twitter)で『もっと後輩たちの様子に気を配り、問題があれば率先して注意すべきで意識が甘かった』と謝罪しましたが、遅きに失した感は否めません」(野球担当記者)

 楽天には田中以外にも岸孝之(39才)、浅村栄斗(33才)、則本昂大(32才)など、輝かしい実績を残してきたベテランが多数在籍しており、たとえ安樂が田中を慕っていたとはいえ、田中ばかりの責任を問うのは酷だ。しかし、田中に厳しい声が寄せられるのは、安樂問題だけが理由ではないようだ。

「田中はメジャー7年間で、6年連続2ケタ勝利を含む78勝を記録し、日本球界でも最低2ケタがノルマでした。ところが復帰初年はわずか4勝に終わり、昨年は9勝を上げましたが、12敗はリーグ最多。そして今年も7勝に留まり、防御率は4.91と、チーム防御率より1点以上も悪い数字でした。

 球界最高額だった9億円の年俸はすでに半分近くまで下がりましたが、それでも田中がチーム内で一二を争う高給取りなのは事実。チームの人件費には限りがあるのに、3年で20数億円を払った結果が合計20勝では、お荷物と言われても仕方がない。田中は日米通算200勝まであと3勝ですが、今季の投球を見れば衰えは明らか。しかし、レジェンドを邪険に扱うことは出来ないので、今江敏晃新監督は田中の処遇で頭を悩ませることになりそうです」(同上)

 ここで気になるのは、高校時代のライバル・斎藤佑樹(35才)との対比だ。斎藤は早稲田実業高校時代の2006年、駒大苫小牧の田中と夏の甲子園決勝で死闘を繰り広げ、この時は斎藤が勝利。その後、早稲田大学を経てプロに入ったものの、プロ通算11年で15勝に終わり、野球選手としての実績を見れば田中の完勝だが、世間の評価を比べると、その差は確実に縮まっている。

関連記事

トピックス

公明党が不信感を募らせる背景には岸田首相の“二股”も原因(時事通信フォト)
【自公25年目の熟年離婚へ】日本維新の会と“二股”をする岸田首相への怒り 国会最終盤で公明党による“岸田降ろし”が勃発か
週刊ポスト
大谷が購入した豪邸(ロサンゼルス・タイムス電子版より)
大谷翔平がロスに12億円豪邸を購入、25億円別荘に続く大きな買い物も「意外と堅実」「家族思い」と好感度アップ 水原騒動後の“変化”も影響
NEWSポストセブン
杉咲花
【全文公開】杉咲花、『アンメット』で共演中の若葉竜也と熱愛 自宅から“時差出勤”、現場以外で会っていることは「公然の秘密」
女性セブン
被害者の渡邉華蓮さん
【関西外大女子大生刺殺】お嬢様学校に通った被害者「目が大きくてめんこい子」「成績は常にクラス1位か2位」突然の訃報に悲しみ広がる地元
NEWSポストセブン
京急蒲田駅が「京急蒲タコハイ駅」に
『京急蒲タコハイ駅』にNPO法人が「公共性を完全に無視」と抗議 サントリーは「真摯に受け止め対応」と装飾撤去を認めて駅広告を縮小
NEWSポストセブン
阿部慎之助・監督は原辰徳・前監督と何が違う?(右写真=時事通信フォト)
広岡達朗氏が巨人・阿部監督にエール「まだ1年坊主だが、原よりは数段いいよ」 正捕手復帰の小林誠司について「もっと上手に教えたらもっと結果が出る」
週刊ポスト
イラン大統領「ヘリ墜落死」を佐藤優氏が分析 早々に事故と処理したイラン政府の“手際のよさ”の裏で密かに進む「国家の報復」
イラン大統領「ヘリ墜落死」を佐藤優氏が分析 早々に事故と処理したイラン政府の“手際のよさ”の裏で密かに進む「国家の報復」
週刊ポスト
家族で食事を楽しんだ石原良純
石原良純「超高級イタリアン」で華麗なる一族ディナー「叩いてもホコリが出ない」視聴率男が貫く家族愛
女性セブン
快進撃が続く大の里(時事通信フォト)
《史上最速Vへ》大の里、来場所で“特例の大関獲り”の可能性 「三役で3場所33勝」は満たさずも、“3場所前は平幕”で昇進した照ノ富士の前例あり
週刊ポスト
杉咲花と若葉竜也に熱愛が発覚
【初ロマンススクープ】杉咲花が若葉竜也と交際!自宅でお泊り 『アンメット』での共演を機に距離縮まる
女性セブン
中条きよし氏(右)のYouTubeチャンネル制作費は税金から…(時事通信フォト)
維新・中条きよし参院議員、公式YouTube動画制作に税金から500万円支出 チャンネルでは「ネコと戯れるだけの動画」も
週刊ポスト
「週刊ポスト」本日発売!「官房機密費」爆弾証言スクープほか
「週刊ポスト」本日発売!「官房機密費」爆弾証言スクープほか
NEWSポストセブン