スポーツ

大谷翔平、忖度なしの米メディアからは厳しい視線 「水原氏が大谷の口座からどう送金したか」への疑念は消えず 捜査が及ぼす成績への悪影響も懸念

大谷翔平の前に待ち受ける長く険しい道のり(Getty Images)

大谷翔平の前に待ち受ける長く険しい道のり(Getty Images)

 ドジャース・大谷翔平(29)の元通訳・水原一平氏(39)の違法賭博問題は、シーズン本番を迎えても収束しそうにない。日本では大谷の会見がひとつの“区切り”として受け止められたが、現地・米国では大きく事情が異なる。稀代のスターである大谷の前には今、長く険しい道のりが待ち受けている。

 ドジャーブルーのユニフォーム姿を初めて“敵地”のスタジアムに披露する舞台で、観客からは怒号が飛び、大ブーイングに包まれる──今季の大谷を待つのは、そんな未来ではないか。

 通訳を務めていた水原氏の衝撃の「違法賭博解雇」を受け、大谷は会見(日本時間3月26日)で「ショックという言葉が正しいとは思わない」と声を振り絞った。信頼を置いていた“相棒”を失った姿は日本人の目には儚げに映り、大谷を応援する声が溢れたが、米国での見方は異なる。米国在住の日本人ジャーナリストが語る。

「米国内のX(旧ツイッター)での主な論調は『会見を開いたことは評価する』というもので、『なぜ質疑応答を受け付けなかったのか』『内容には多くの疑問が残る』といった批判的な意見は依然として多い」

 日本では、会見翌日の古巣・エンゼルスとのオープン戦で大谷の凱旋に歓迎ムードが溢れていたことが強調されて報じられたが、そうした温かい雰囲気はむしろ例外的になるとみられている。

「もともと、ドジャース加入前に移籍先候補とされ、大谷が“袖にした”かたちとなったヤンキース、メッツ、ジャイアンツなどの名門球団の本拠地では今季は激しいブーイングも予想されていました。そこにきて疑惑の全容が解明されないまま米国でも開幕を迎えたわけで、敵地のスタジアムがさらにシビアな空気に包まれることは想像に難くない」(スポーツジャーナリスト)

 水原氏は大谷の口座から違法なブックメーカーへ450万ドル(約6億8000万円)の送金をし、それが「大規模な窃盗」であるというのが大谷や代理人の説明だが、疑問は残っている。『メジャーリーグ・完全データ選手名鑑』の編著者で、メジャー事情に詳しいスポーツジャーナリストの友成那智氏が指摘する。

「本来、会見で明確にしないといけなかったのは、水原氏がどうやって大谷の口座から勝手に送金できたか。この謎が解明されない限り、米国メディアが大谷に対して抱く疑念が消えることはないでしょう」

関連キーワード

関連記事

トピックス

羽生結弦の元妻・末延麻裕子がテレビ出演
《離婚後初めて》羽生結弦の元妻・末延麻裕子さんがTV生出演 饒舌なトークを披露も唯一口を閉ざした話題
女性セブン
古手川祐子
《独占》事実上の“引退状態”にある古手川祐子、娘が語る“意外な今”「気力も体力も衰えてしまったみたいで…」
女性セブン
《家族と歩んだ優しき元横綱》曙太郎さん、人生最大の転機は格闘家転身ではなく、結婚だった 今際の言葉は妻への「アイラブユー」
《家族と歩んだ優しき元横綱》曙太郎さん、人生最大の転機は格闘家転身ではなく、結婚だった 今際の言葉は妻への「アイラブユー」
女性セブン
年商25億円の宮崎麗果さん。1台のパソコンからスタート。  きっかけはシングルマザーになって「この子達を食べさせなくちゃ」
年商25億円の宮崎麗果さん。1台のパソコンからスタート。 きっかけはシングルマザーになって「この子達を食べさせなくちゃ」
NEWSポストセブン
今年の1月に50歳を迎えた高橋由美子
《高橋由美子が“抱えられて大泥酔”した歌舞伎町の夜》元正統派アイドルがしなだれ「はしご酒場放浪11時間」介抱する男
NEWSポストセブン
入社辞退者が続出しているいなば食品(HPより)
「礼を尽くさないと」いなば食品の社長は入社辞退者に“謝罪行脚”、担当者が明かした「怪文書リリース」が生まれた背景
NEWSポストセブン
STAP細胞騒動から10年
【全文公開】STAP細胞騒動の小保方晴子さん、昨年ひそかに結婚していた お相手は同い年の「最大の理解者」
女性セブン
入社辞退者が続出しているいなば食品(HPより)
いなば食品、入社辞退者が憤る内定後の『一般職採用です』告知「ボロ家」よりも許せなかったこと「待遇わからず」「想定していた働き方と全然違う」
NEWSポストセブン
ドジャース・大谷翔平選手、元通訳の水原一平容疑者
《真美子さんを守る》水原一平氏の“最後の悪あがき”を拒否した大谷翔平 直前に見せていた「ホテルでの覚悟溢れる行動」
NEWSポストセブン
逮捕された十枝内容疑者
《青森県七戸町で死体遺棄》愛車は「赤いチェイサー」逮捕の運送会社代表、親戚で愛人関係にある女性らと元従業員を……近隣住民が感じた「殺意」
NEWSポストセブン
ムキムキボディを披露した藤澤五月(Xより)
《ムキムキ筋肉美に思わぬ誤算》グラビア依頼殺到のロコ・ソラーレ藤澤五月選手「すべてお断り」の決断背景
NEWSポストセブン
大谷翔平を待ち受ける試練(Getty Images)
【全文公開】大谷翔平、ハワイで計画する25億円リゾート別荘は“規格外” 不動産売買を目的とした会社「デコピン社」の役員欄には真美子さんの名前なし
女性セブン