国内

《那須夫婦焼損事件》「実行犯は暴力団とかかわりない」と暴力団関係者が事件直後に判断した根拠「暴力団らしからぬやり口」とは?

殺害された宝島さん夫婦の長女内縁関係にある関根容疑者(時事通信フォト)

殺害された宝島さん夫婦の長女と内縁関係にある関根容疑者(時事通信フォト)

 栃木県那須町の河川敷で燃やされた夫婦の遺体が見つかった事件は、首謀者とみられる男が逮捕され、新たな展開を見せている。当初、一部では暴力団関係者の関与を指摘する声が出ていたが、今のところそうした事実は明らかになっていない。当の暴力団関係者は事件をどう見ていたのか。暴力団組織の内部事情に詳しい人物、通称・ブラックテリア氏が明かした。

 * * *
 栃木県那須町伊王野の河川敷で4月、会社役員夫婦の遺体が焼かれた状態で見つかるという事件がおきた。遺体はいずれも結束バンドで両手を縛られ、黄色のビニール袋を被せられ、その上から粘着テープが巻かれ、十字に重ねられて焼かれていた。警察官が現場に急行すると、遺体は両方ともまだ火がくすぶっていた状態だったという。

 この事件翌日に会った暴力団関係者S氏は、開口一番「栃木の件で大騒ぎだよ」といい、多くのメディアからと問い合わせがきていると話す。遺体の処理が猟奇的だったからだろう。メディア各社は暴力団が関係しているのではと疑い、「何か情報がないか」とS氏に連絡を取ってきたのだ。

 被害者は東京・上野で十数件の飲食店を経営する宝島龍太郎さん(55才)と妻の幸子さん(56才)。遺体が遺棄されて燃やされていたのは、那須町中心部のJR黒磯駅や黒田原駅から車で10~15分ほどの場所。黒磯市に住む知人は「駅から近いけれど山の中にある河川敷だから行く人はほとんどいない。だけどその奥には家があるはず」という場所。那須町はJR那須塩原駅周辺には住宅街や商店街があるが、少し走れば田んぼと山と川が広がる自然豊かな場所だ。

 事件が明るみに出るとすぐ、メディア各社のヤクザ担当から暴力団と事件との関与を聞かれたS氏は、早速独自の情報ネットワークを駆使して情報を集めた。「蛇の道は蛇」ということわざがあるように、もしヤクザが関係しているなら、彼らには早いうちから何らかの噂や情報が流れるものだ。このネットワークはとにかく情報が集まるのが早い。この記事を書いている最中にも、東京都調布市で8日未明、男が交通トラブルによる口論のすえ、拳銃のようなものを発砲して逃走するという事件に関する情報が流れてきた。犯人と思しき人物はどこそこの組で、○○〇というヤツではないかという。この情報網は暴力団と関係する半グレなどの動向も、ある程度探ることができると聞く。

 そうして素早く情報を集めたS氏は、問い合わせしてきたメディアに「暴力団とのかかわりは今のところどこからも出てこない。暴力団が絡んだ事件ではないだろう」と返答したという。それを聞いた各社のヤクザ担当たちは出番を失いがっかりしたらしい。S氏による事件の見立ては「実行犯は暴力団とかかわりのないような半グレや輩だろう。やり方がずさんだ」だった。

関連記事

トピックス

南野陽子が『ザ・ベストテン』の思い出を振り返る
南野陽子が振り返る伝説の音楽番組『ザ・ベストテン』の思い出 「アットホームな雰囲気だけど背筋が伸びる」
週刊ポスト
今いくよ・くるよのコンビは上方漫才大賞の大賞をはじめ、いくつもの賞を受賞し、“女性漫才師のパイオニア”として活躍した。(時事通信フォト)
《時代を敏感に感じ取ってきた女性芸人たち》日常的だった「容姿いじり」からの脱却、変化するその環境や意識
女性セブン
《溢れる動物愛》三浦百恵さん、飼い始めて10年以上の“巨大ガメ”が産卵 2匹のトイプードルの毎日の散歩は三浦友和とともに
《溢れる動物愛》三浦百恵さん、飼い始めて10年以上の“巨大ガメ”が産卵 2匹のトイプードルの毎日の散歩は三浦友和とともに
女性セブン
田村瑠奈被告
【テキーラに浮かぶ眼球】ススキノ事件・瑠奈被告(30)が愛した「怪談バー」 ずっしりと重い“人の生首”も 逮捕直前、夫婦が行きつけの店で交わした会話
NEWSポストセブン
ハーゲンダッツ ジャパンの新商品発表会に登壇した小松菜奈
【8.5頭身の圧巻スタイル】小松菜奈「紫色のスレンダーボディ」「出会った人すべてが恋に落ちる」どうしようもない魅力
女性セブン
問題視されたポスター(現在は撤去済み)
《風営法違反で警告》選挙ポスター掲示板「女性専用風俗店」の運営者が罪に問われる可能性 弁護士が指摘
NEWSポストセブン
杉咲花と若葉竜也に熱愛が発覚
【オシャレ最上級者】杉咲花と交際中の若葉竜也「2500円の私服Tシャツ」の意味深ロゴ「アンメット」にかけていたのか
NEWSポストセブン
河合悠祐候補と、ほぼ裸ポスターのモデルとなった桜井MIU
《都知事選「ほぼ裸ポスター」問題》女性モデル“みだら写真”の迷惑防止条例違反と公職選挙法、憲法の関係は 弁護士が解説
NEWSポストセブン
宮沢りえ
《テカテカでも好感度大》宮沢りえ、松嶋菜々子…“アラフィフらしい姿”が支持される理由 「若さ」よりも重視される「自然体かどうか」
NEWSポストセブン
櫻井翔が母校のために作詞
《会場は感動の嵐》櫻井翔、母校・慶應幼稚舎150周年のために「リリック」を書き上げる、記念式典では児童全員が合唱
女性セブン
キムタクは目下、無実の罪を背負った脱獄犯役を熱演中。Koki,も毎週、手に汗握って見守る
【原作は韓国の人気ウェブ漫画】Koki,が主演映画を撮影中「外見にコンプレックスを持つ女子高生がメイクで女神に変身する」難役に挑戦
女性セブン
中村芝翫と三田寛子(インスタグラムより)
「三田寛子さんに謝るべきだ」愛人と同棲状態の中村芝翫、忠告した友人を“出禁状態”に 事務所は「芝翫が誰かを出禁にすることは一切ございません」と回答
NEWSポストセブン