芸能

「“体を売っている”偏見を全部取っ払いたい」Lカップグラドル・田野憂が明かしたセクシー女優への転身秘話

「いずれは自分の会社を設立したいなと思っています」(田野さん)

「いずれは自分の会社を設立したいなと思っています」(田野さん)

『週刊ポスト』から華々しいデビューを果たしたグラビアアイドル・田野憂さん(20)。同誌2024年5月7日発売号では温泉旅館を舞台に新たな撮り下ろしグラビアを掲載し、ファンを魅了した。

 一方で、発売と同日にグラビアアイドルからセクシー女優に転身することが発表され、SNS上では大きな話題となった。発表後Xアカウントのフォロワーは3万人から7万人(5月13日時点)と倍以上に増加した。渦中の彼女に反響を尋ねると、ファンからは多くの声が届いているそうだ。

「突然の発表で驚かせてしまったかもしれません。『グラビアのほうが良かった……』という声もあれば『待ってました!』という声もありました。体感として“嬉しい”が8割、“残念”が2割くらいで、DMもとんでもない量が届きました。他にも『コンビニに週刊ポストが置いていない!』という情報も全国のファンから聞いています。注目していただいてとても嬉しいです。

 セクシー女優はもともと挑戦したかったお仕事でしたので、抵抗感はなかったです」(田野さん。以下同)

 約3か月間のグラドル活動を「本当に楽しかったです!」と田野さんは笑顔で振り返る。

「スタッフの皆さんと長い時間を過ごしてひとつのものを作り上げる体験は特別でした。メイクをしていただいて、服を選んでいただいて、写真も撮っていただけることは貴重な時間だったと思います。感謝の気持ちでいっぱいです」

 初めてのグラビア撮影では「何をして良いのか分からなかった」と田野さんは話す。ポージングや表情のバリエーションを1から作り上げていくことに不安を抱えていたが、撮影を重ねていくうちに、自然体でいればいいと吹っ切れる瞬間があったそうだ。

「スタッフの皆さんが現場を盛り上げてくださる中で、ありのままでいいんだなと思ったんです。写真はその場の空気感をそのまま切り取っているので、自分が素直に楽しんでいるほうが良いんだなと気づかされました。

 初めて撮り下ろしの写真を見た時、見たことのない自分がいて驚きました。決められたポージングで撮られるのがグラビアだと思っていたのですが、自然体を写すのがグラビアなんだなと。でも、2回目の撮影の時はもうちょっと可愛く写りたいなと思ったので、いろいろなグラビアを見て、いいなと思ったポーズや表情を吸収していました(笑)。

 セクシー女優の仕事はアートとは別の要素も入ってくるので、作り込む要素が多いと思いますが、素直に楽しんでいる自分の姿を出せるようにしていきたいです」

関連記事

トピックス

SixTONES・ジェシー(28)
交際報道のSixTONES・ジェシーが愛用「ファミマの靴下」がXトレンド入り、「話題」と投稿のファミマが答えた“本当の意図”
NEWSポストセブン
フレッシュさが魅力の石川(右)と突破力に定評がある出川(左)
《五輪キャスターバトル》“圧倒的な高評価”フジ石川佳純を猛追するテレ東“応援団長”出川哲朗 日テレ萩野公介は不安要素を露呈
女性セブン
名古屋場所
溜席の着物美人が名古屋場所にワンピース姿で登場 理由は愛知県体育館の暑さで、今年最後になる会場を見届ける思いか
NEWSポストセブン
綾瀬はるか(39)
SixTONESジェシーが惚れた12歳上・綾瀬はるかのナチュラル素顔「2日とも同じ自然体なファッション」
NEWSポストセブン
医療法人・徳洲会の創設者で元衆議院議員の徳田虎雄氏
《追悼評伝》徳田虎雄氏“不随の病院王”の功罪「『絶対善』の目的のためには手段はすべて肯定される」 伝説の選挙戦「保徳戦争」では現金が乱舞し選挙賭博も横行
週刊ポスト
SixTONES・ジェシー(28)
《ハグやキスもカジュアルに》SixTONESジェシーは「きれいなお姉さんに惹かれがち」綾瀬はるかと結ばれた“必然の恋愛観” ズドンとハートを射抜かれた
NEWSポストセブン
大村崑さん
名古屋場所 土俵下に転落した正代と接触の大村崑が初告白「実は落ちてくることは予想できていました」
NEWSポストセブン
熱愛が明らかになった綾瀬はるかとジェシー
【スクープ】綾瀬はるかとSixTONESジェシーが12才差真剣交際 「仲良くさせていただいております。ズドン」とジェシーが取材に回答
女性セブン
(写真/被害女性の母親提供)
体重は33キロに減り、電気も水道も止められて…22歳シングルマザー「ゴルフクラブ殴打殺人」 被害女性の母親が語る「犯人の主張に絶望」「なぜ娘が…」
NEWSポストセブン
逮捕された佐野海舟容疑者(時事通信)
《性的暴行で逮捕》佐野海舟容疑者、オンラインサロン上に“新規メッセージ”でファンが騒然「僕はひたすら待ち続けます」
NEWSポストセブン
俳優・中野英雄と次男の仲野太賀(時事通信フォト、HPより)
《俳優・中野英雄が告白》大ブレイク中の息子・仲野太賀への思い「昔渡した腕時計を、今も…」「あいつは全部自分で切り拓いた」離婚後も変わらなかった“家族の絆”
NEWSポストセブン
名古屋場所
《名古屋場所に登場の溜席着物女性》美人どころを引き連れ周囲の目を惹く存在に 土俵に最も近い席で15日間皆勤
NEWSポストセブン