芸能

映画『キングダム』“第5弾以降”の撮影が7月に開始へ、坂口憲二が出演か 『教場』で共演した木村拓哉が復帰を後押し

坂口憲二(時事通信フォト)

坂口憲二が映画『キングダム』に出演か(時事通信フォト)

 昨年、9年ぶりにドラマ出演を果たした坂口憲二(48才)。その後、彼の俳優としての活躍は聞こえてこなかったが、この夏にいよいよ本格始動する。その裏にはかつて同志として切磋琢磨した“先輩”の存在があったようだ。

 あの大作映画がついにこの夏、再始動するという。

「7月頃から、とある地方で映画『キングダム』の第5弾以降の撮影が始まると聞いています」(映画会社関係者)

 この関係者によると、主演の山崎賢人(29才)はもちろん、吉沢亮(30才)や橋本環奈(25才)らおなじみの面々に加えて、新たに名だたる俳優たちが参加するという、期待の続編だ。

「第5弾から参加するのは、主役級の俳優さんばかり。なかでも、注目すべきは坂口憲二さん(48才)だと言われています。

 一時は芸能活動を休止していたので、坂口さんにとっては久々の映画出演。それだけに意気込みはすごく、出演が決まるやいなや体を鍛え直すなど、準備に余念がないそうです」(前出・映画会社関係者)

 映画『キングダム』は「週刊ヤングジャンプ」(集英社)で現在も連載が続き、青年マンガ史上初となる累計発行部数1億部を突破した原作を実写化したもの。春秋戦国時代の中国を舞台に、天下統一をめざす勇者たちの大河ロマンが繰り広げられ、『キングダム』(2019年)、『キングダム2 遥かなる大地へ』(2022年)、『キングダム 運命の炎』は3作連続で興行収入50億円を超える超人気シリーズとなった。7月には4作目となる『キングダム 大将軍の帰還』が公開される。

「原作がかなりの長編だけに、ファンからは『映画版はいつまで続くのか』との声が多くあがっています。

 実は長編化を念頭に2~4弾まではまとめて撮影しており、これから撮影が始まる5弾以降も一気に7弾まで撮影する。最終的には10作を超える壮大なスケールになる計画もあるそうです」(別の映画会社関係者)

 3作分の撮影ならば、かなりの長丁場となりそうだ。

「撮影は冬までかかるそうです。久しぶりの映画出演とはいえ、日本の俳優で坂口さんほど野性味のある役を演じることができるかたはそうそういませんから、スタッフは彼との撮影に大きな期待を寄せています」(前出・別の映画会社関係者)

「世界の荒鷲」と称されたプロレスラーの坂口征二氏(82才)を父に持つ坂口は1999年にファッション誌『MEN’S CLUB』でモデルデビュー。同年にドラマ『ベストフレンド』(テレビ朝日系)で俳優活動をスタートし、『プライド』(2004年)、『医龍シリーズ』(2006年・ともにフジテレビ系)などで人気を博した。

 野性味あふれる二枚目俳優として順調にスター街道を歩んでいた坂口に異変が生じたのは2012年のことだった。右股関節に痛みを感じ、2015年に国指定の難病「特発性大腿骨頭壊死症」【*】と診断されて手術を受けた。その後は仕事をセーブしていたが、病状は好転しなかった。

【*大腿骨の先端の丸い部分である「大腿骨頭」の血流が悪くなり、骨の組織が死んだ状態になる病気】

「しっかり体調を戻してから、自分のできることをやっていきたい。それが表現の世界なのか、またまったく違う世界なのかは、いま現在はわからない」──2018年3月、坂口はこう語って芸能活動の無期限休止を表明し、所属事務所を退社した。

 表舞台から姿を消した坂口だが、その後、思わぬ分野で名を馳せた。

「もともと大のコーヒー好きだった坂口さんは療養中に米オレゴン州のポートランドを訪れて現地のコーヒー文化に触れ、帰国後にコーヒーのいれ方や豆の焙煎法などを学び、2018年にオリジナルブランド『The Rising Sun Coffee』を立ち上げ、店舗もオープンしました。根が真面目な努力家だけに徐々に事業は軌道に乗り、コーヒーショップは3店舗まで拡大しました」(坂口の知人)

関連記事

トピックス

SixTONES・ジェシー(28)
交際報道のSixTONES・ジェシーが愛用「ファミマの靴下」がXトレンド入り、「話題」と投稿のファミマが答えた“本当の意図”
NEWSポストセブン
世界体操・種目別 女子平均台決勝の演技
体操・宮田選手の五輪辞退に「当然だ!」の声があふれる気持ち悪さ
NEWSポストセブン
いまは受験勉強よりもトンボの研究に夢中だという(2023年8月、茨城県つくば市。写真/宮内庁提供)
悠仁さま“トンボ論文”研究の場「赤坂御用地」に侵入者 専門家が警備体制、過去の侵入事件を解説
NEWSポストセブン
坂田信弘さん
【訃報】プロゴルファー・坂田信弘さん逝去 古閑美保、上田桃子らを輩出した名指導者 漫画『風の大地』『奈緒子』などの原作者としても活躍
NEWSポストセブン
フレッシュさが魅力の石川(右)と突破力に定評がある出川(左)
《五輪キャスターバトル》“圧倒的な高評価”フジ石川佳純を猛追するテレ東“応援団長”出川哲朗 日テレ萩野公介は不安要素を露呈
女性セブン
名古屋場所
溜席の着物美人が名古屋場所にワンピース姿で登場 理由は愛知県体育館の暑さで、今年最後になる会場を見届ける思いか
NEWSポストセブン
綾瀬はるか(39)
SixTONESジェシーが惚れた12歳上・綾瀬はるかのナチュラル素顔「2日とも同じ自然体なファッション」
NEWSポストセブン
医療法人・徳洲会の創設者で元衆議院議員の徳田虎雄氏
《追悼評伝》徳田虎雄氏“不随の病院王”の功罪「『絶対善』の目的のためには手段はすべて肯定される」 伝説の選挙戦「保徳戦争」では現金が乱舞し選挙賭博も横行
週刊ポスト
SixTONES・ジェシー(28)
《ハグやキスもカジュアルに》SixTONESジェシーは「きれいなお姉さんに惹かれがち」綾瀬はるかと結ばれた“必然の恋愛観” ズドンとハートを射抜かれた
NEWSポストセブン
大村崑さん
名古屋場所 土俵下に転落した正代と接触の大村崑が初告白「実は落ちてくることは予想できていました」
NEWSポストセブン
熱愛が明らかになった綾瀬はるかとジェシー
【スクープ】綾瀬はるかとSixTONESジェシーが12才差真剣交際 「仲良くさせていただいております。ズドン」とジェシーが取材に回答
女性セブン
(写真/被害女性の母親提供)
体重は33キロに減り、電気も水道も止められて…22歳シングルマザー「ゴルフクラブ殴打殺人」 被害女性の母親が語る「犯人の主張に絶望」「なぜ娘が…」
NEWSポストセブン