工藤公康一覧/5ページ

【工藤公康】に関するニュースを集めたページです。

ヤクルト34番は不運 金田正一「永久欠番にしなかったから」
ヤクルト34番は不運 金田正一「永久欠番にしなかったから」
 名選手と背番号はセットになるもの。古くは村山実の「11」があり、工藤公康の「47」、イチローの「51」など様々だ。だが、本来栄えある番号であるはずのヤクルトの背番号「34」には、“カネやんの怨念”が詰まっているといわれる。 スワローズの34番といえば、いわずと知れた400勝投手・カネやんこと金田正一氏の背番号。しかしこの大投手の背番号を背負った後輩たちは、不遇の人生を送っている。 1970年、“金田2世”と騒がれてドラフト2位で入団した三橋豊夫は、2年目の肘の故障が響いて未勝利。続く黒坂幸夫も6年間で未勝利。1984年ドラフト1位の高野光は通算51勝をマークしたが、引退後に自殺してしまった。 その後1994年ドラフト1の北川哲也が背負うも、4年で4勝。それからしばらくは外国人投手に受け継がれたが、2009年にカネやんの享栄高の後輩、八木亮祐が背負う。しかし故障のため一軍登板すらできず、間もなく70番に変更された。 金田氏は何というか。「ヤクルトで34が呪いの番号になっている? そりゃそうだろう。親会社が変わったからだか何だか知らんが、そもそもワシの34をスワローズの永久欠番にしなかったことが間違っとるんだ。みんな、34に気合負けしとるんだろう」 怨念が一球団で収まりきらないところが、カネやんの恐ろしさ。ロッテの背番号「34」にも、それは波及しているという。野球カード制作兼ライターで、背番号に詳しいしゅりんぷ池田氏が語る。「1973年にロッテ監督に就任した金田氏は自らの代名詞『34』を希望したが、この番号を先に11年付けていた主力選手の池辺巌が背番号を譲ることを渋って対立。結局金田監督が背番号を“強奪”し、池辺は1975年に阪神に放出された。これが原因なのか、それ以降、ロッテの34は活躍できなくなりました」 1993年ドラフト1の加藤高康は2年で退団。1995年にFAで阪神から移籍した仲田幸司もロッテでは未勝利。オリックスから移籍の渡部高史も1年で引退。2009年ドラ1の木村優太もプロ5年で未勝利と苦しんでいる。 恐る恐る、もう一度金田氏に聞いてみた。「池辺が譲らなかった? バカタレ、このワシが監督で行くんだから、誰でもすんなり空けるさ。どこに行っても、34はワシの番号なんだから。池辺をトレードした? それはアイツが悪かったからじゃ」 祟りの正体、ここにあり!? 球界で34を背負うのは、やめた方がいいかも。※週刊ポスト2013年12月13日号
2013.12.05 16:00
週刊ポスト
FA移籍の「人的補償」の歴史 成功例は福地、赤松、工藤など
FA移籍の「人的補償」の歴史 成功例は福地、赤松、工藤など
 プロ野球のフリーエージェント(FA)戦線が活発化してきた。今年は涌井秀章、片岡治大(ともに西武)、大竹寛(広島)、小笠原道大(巨人)など8選手が手を挙げ、争奪戦が始まっている。もちろん、宣言した当事者にとっては、自身の野球人生を左右する一大イベントだが、それとは別に各チームの“一軍半の選手”も、FA移籍を注視しているはずだ。 というのも、年俸ランクがAもしくはBの選手(※注)がFA移籍する場合、選手が流出する球団は人的補償を要求できるからだ。選手は28人のプロテクトに入らなければ、人的補償として他球団へ移籍せざるを得なくなる。【※注】各球団の外国人選手を除く年俸ランクで、1~3位はAランク、4~10位はBランク、11位以下はCランクとなる。 1993年オフにFA制度がスタートした日本球界では、これまで人的補償で15人が移籍している。1990年代は、川邉忠義が巨人から日本ハムへ移ったのみだったが、2000年代に入り、その数は急増した。スポーツライターはこう分析する。「投手でいえば、昔は先発完投を求められましたが、今は先発、中継ぎ、抑えと完全な分業制になりました。1990年代もその傾向はありましたが、2000年代に入り、顕著になった。 野手も、昔は9人野球が理想とされましたが、今は9人で試合が終わることは滅多に見られない。メジャーに倣い、主力が休養日を取るチームもあるほど。要するに、全体的に選手層が厚くなったのです。レギュラークラスの実力を持つ選手が増え、必然的に良い選手がプロテクトに入りきらなくなったのでしょう」 過去を振り返ると、2008年は人的補償の当たり年だった。西武へFAした石井一久の代わりに、ヤクルトへ入団した福地寿樹は打率3割2分で打撃ベストテン6位に入り、盗塁王を獲得。2012年に引退するまで、毎年2ケタ盗塁を続け、ヤクルトに欠かせない選手となった。今年からはコーチに就任。福地にとって、人的補償が野球人生の道を拓いたといえるだろう。 阪神へFAした新井貴浩の代わりに、広島へ入団した赤松真人は前年わずか28試合だった出場数が125試合まで増加。新天地で活路を見出し、翌年は初の規定打席に到達。2010年には、フェンスによじ登って、ホームラン性の当たりをキャッチするなど、すっかり広島の看板選手となった。 また、中日へFAした和田一浩の代わりに、西武へ入団した岡本真也は47試合にリリーフ登板し、日本一に貢献。中継ぎとして、貴重な役割を担った。 この年は、FAした選手も活躍した上に、人的補償の選手も飛躍を遂げ、両球団にとって良い形となった。人的補償という言葉にはマイナスイメージがつきまとうが、選手にとっては大きなチャンスだともいえる。 なかには、FA選手よりも人的補償選手が好成績を残す場合もある。2006年、巨人は中日から野口茂樹を獲得。かつてのMVP投手は期待を寄せられたものの、わずか1試合の登板に終わる。野口は2008年限りで巨人を戦力外通告に。代わりに、中日へ移った小田幸平は、谷繁に次ぐ貴重な2番手捕手として、未だに現役生活を続けている。 2007年、巨人は横浜から門倉健を獲得。2年連続2ケタ勝利の門倉は開幕2戦目に先発するなどローテーションの一角として期待されたが、なかなか勝てず、1勝5敗でシーズンを終えた。いっぽうで、門倉の代わりに横浜へ移った工藤公康は先発として7勝を挙げ、チームの4位浮上に貢献した。 入団時は三顧の礼をもって迎えられるFA選手たちだが、1年後は人的補償で移籍した選手のほうが活躍している可能性もある。現在のFA交渉でホクホク顔の選手たちが、来年も笑っていられるとは限らないところに、プロ野球の面白さがある。
2013.11.23 16:00
NEWSポストセブン
小笠原FA宣言 巨人へFA移籍の15人中12人が巨人で現役終えず
小笠原FA宣言 巨人へFA移籍の15人中12人が巨人で現役終えず
 巨人・小笠原道大(40)がFA(フリーエージェント)宣言をした。2010年の統一球導入から打棒が奮わなくなり、今年はわずか22試合出場で打率2割5分、1本塁打、8打点と成績を残せず。日本シリーズに出場できる40人枠から外されたことは、実質的な戦力外通告に等しかった。 それでも、巨人は小笠原を自由契約にはせず、トレード要員と噂されていたが、小笠原はみずから手を挙げ、現役続行を表明した。 小笠原といえば、2006年オフに日本ハムから巨人にFA移籍。このとき、巨人は4年連続V脱という低迷期。そのピンチを救ったのは、小笠原のバットだった。チームを5年ぶりの優勝に導き、MVPを獲得。リーグをまたいでの2年連続受賞は史上初の快挙だった。以来、4年連続で3割30本塁打を達成し、名実ともに巨人の顔となっていただけに、この退団の経緯は残念だろう。 巨人は、1993年オフの落合博満を皮切りに、一昨年オフまでに15人のFA選手を獲得してきた。FAで巨人入りすれば、高年俸と引退後の生活が保証されそうなものだが、どうもそう簡単にはいかないようだ。 実は、過去の15人のうち、そのまま巨人で引退した選手は川口和久(広島→巨人)だけ。これまで、現役の村田修一、杉内俊哉を除く12人が自由契約やFAの人的補償で巨人を去っている。小笠原のように巨人へFA移籍した選手がFAで他球団移籍するのは、初のケースだ。自由契約組は8人。 巨人初のFA獲得選手である落合博満は、3割を打った1996年オフに日本ハムに移籍。その落合を追い出した形となった清原和博(西武→巨人)は2005年オフに自由契約となり、オリックスに移籍した。広沢克己(ヤクルト→巨人)は阪神、河野博文(日本ハム→巨人)はロッテ、豊田清(西武→巨人)は広島で現役を終えている。 野口茂樹や前田幸長(ともに、中日→巨人)、門倉健(横浜→巨人)は、日本のプロ球界では巨人が最後の所属球団だが、その後アメリカに渡り、メジャーに挑戦している。彼らはいずれも、最終的には巨人から戦力外通告を受けている。 巡り巡って、みずからがFA人的補償の対象になるのも、巨人にFA移籍してきた選手の宿命か。江藤智(広島→巨人)は西武、工藤公康(ダイエー→巨人)は横浜、藤井秀悟(日本ハム→巨人)も横浜へ去って行った。 なお、引退後、巨人のコーチに就任したのは、川口和久、江藤智、豊田清の3人しかいない。現在、現役で巨人に残る2人のFA移籍選手、村田修一と杉内俊哉はどうなるか。
2013.11.23 07:00
NEWSポストセブン
工藤公康氏の長男・阿須加 「運動は得意だろう」と言われた過去
工藤公康氏の長男・阿須加 「運動は得意だろう」と言われた過去
 窃盗容疑で逮捕された、みのもんた(69才)の次男(31才、元日テレ職員)を筆頭に、よくも悪くも注目の集まる芸能人や有名人の子供。 子供にとって大きなプレッシャーになるケースももちろん多い。俳優の工藤阿須加(22才)は、元プロ野球投手・工藤公康氏(50才)の長男。子供時代、「運動は得意だろう」と言われるのは当たり前だったという。芸能関係者は言う。「すごくつらかったとこぼしていました。特に野球ではどのポジションでも注目を浴びてしまう。それでも運動がしたかった彼は、中学ではあえてテニス部に入部したそうです。ところが野球じゃなくても、スポーツをしている限りは、“将来プロになるのか”と思われていたのに加えて、大けがをしてしまい、結局、役者の道に進んだようです」※女性セブン2013年11月14日号
2013.11.04 07:00
女性セブン
古田氏 WBC解説で絶叫連発「あれじゃ応援」と40代会社員
古田氏 WBC解説で絶叫連発「あれじゃ応援」と40代会社員
 ほとんどの人がテレビで観ただろうWBC。そこで気になったのが、OBたちの野球解説である。TBSは衣笠祥雄氏と桑田真澄氏、佐々木主浩氏。そしてテレビ朝日は古田敦也氏と工藤公康氏が担当した。  中でも光ったのが桑田氏。あの独特なトーンの喋りで、選手たちをズバズバ斬り捨てた。 「特に澤村拓一には厳しく当たる。実況が“前の試合で好投した”と持ち上げると、『ほとんど真ん中でしたけどね』とバッサリで、『もう少し軽く投げてコースを狙うべき。球威があればいいというものではない』と、とにかく否定的でした」(民放関係者)  また3月12日のオランダ戦では、捕手・相川に対して、「相川君が捕手になった最初のイニングは失点が多い」、「配球を考えた方がいい」と批判。阿部のフェンスギリギリの本塁打には、「あれはドームランっていうんです」と、かつて本誌が真面目に分析したドームラン話を披露した。 「あまりリップサービスをしないイメージがあったので、これだけの面白発言は意外でした。目の肥えた視聴者には好評です」(同前)  一方「うるさい」と悪評紛々だったのが古田氏。 「8日の台湾戦では横にいる工藤氏と“オッシャー!”“オッケー!”と絶叫しまくっていた。気持ちはわかるが、あれじゃ解説じゃなくて応援」(40代会社員)  では視聴者は誰が好みなのか。 「今回の陣容で最も人気があったのは衣笠さんですよ。井端の右打ちに『うまいもんですねえ~』と唸っているだけでしたが、“癒される”、“古き良き昭和を感じる”となぜか好評でした」(前出・関係者)※週刊ポスト2013年3月29日号
2013.03.19 16:00
週刊ポスト
プロ野球界 有力選手と個人的関係結び存在意義高める選手も
プロ野球界 有力選手と個人的関係結び存在意義高める選手も
 プロ野球界では、たとえ能力があったとしても、運やチーム事情で翻弄されるような状況も生じる。そのため、中には有力選手と個人的な関係を結ぶことで、存在意義を高める選手もいる。特に投手と捕手では、そうしたケースが多い。近鉄ではかつて、エース・鈴木啓示がマウンドに立つ時は、決まって有田修三がマスクを被った。当時の正捕手は梨田昌孝だった。「たまたま鈴木が有田と組んで投げた試合で好投したので、鈴木がゲンを担いで定着してしまったんです。梨田は、“なんで鈴木の時はオレじゃないんだ”と思い、有田は有田で“どうしてオレは鈴木の時だけなんだ”と文句をいっていましたね」(在阪スポーツ紙デスク) こうした例は数多い。巨人時代の工藤公康の登板では、村田真一ではなく村田善則が起用されたし、最近でも中日・山本昌が投げるときには正捕手・谷繁元信を押しのけて、小田幸平がマスクを被っている。「絶対的なエースに取り入ることができれば寿命は延びる。ただ問題は、そのエースが引退やトレードでいなくなったときに、こっちまでとばっちりを受けることなんだけど(笑い)」(パ・リーグの中堅捕手)(文中敬称略)※週刊ポスト2013年3月15日号
2013.03.06 16:00
週刊ポスト
「工藤監督」排除の横浜DeNA 高田GMの「仲良し組閣」になる?
「工藤監督」排除の横浜DeNA 高田GMの「仲良し組閣」になる?
日本球界では基本的にはコーチの組閣は監督の仕事である。横浜DeNAのように組閣をGMに一任というケースは珍しい。そのDeNAでは、決まりかけていた「工藤監督」が、一転して「中畑監督」で決着している。高田GMの決断に潜む危険性とは? ノンフィクション・ライターの神田憲行氏が解説する。* * *新生球団の横浜DeNAの初代監督に中畑清氏が就任した。最初決まりかけていたのは工藤公康氏だった。事態が急転したのは、工藤氏と高田繁・横浜DeNAゼネラルマネージャー(GM)との間にヘッドコーチを巡る人事の行き違いがあったからだという。工藤氏が元広島の達川光男氏、高田GMが横浜生え抜きの山下大輔を推して調整が出来無かった。ヘッドコーチは監督の右腕、参謀のような存在である。首相と官房長官みたいな関係だ。初めて指導者になる工藤氏がそこにこだわりたい気持ちはわかる。不思議なのは横浜DeNAがなぜその意向をくみ取らなかったのか、ということだ。高田GMが「従来とは違うやり方で」というニュアンスの発言をしているのに注目した。GMとはもちろん米球界から輸入された概念である。映画「マネーボール」ではブラッド・ピット扮するアスレチックスのビリー・ビーンGMが電話一本で他球団のGMと選手の「売り買い」をするシーンが強烈に印象に残るが、日本のGMはあんな強力な権限はもっていない。選手上がりのGMは広い人脈を活かす「顧問」みたいな関係だ。監督探し、ドラフト、トレードなどで親会社のスーツ組にアドバイスをする。プロ野球について素人のDeNAが高田氏をGMに起用して球界の「水先案内人」としたことは正解だったと思う。しかし工藤氏の交渉過程をみると、たんなる案内人ではなく、米国型GMのような存在らしい。日本球界では基本的にはコーチの組閣は監督の仕事である。これは監督の「仲良し」内閣(敢えてどこの球団とは申しませんが)を生む可能性もあるが、一方で、中日の落合前監督のように球団OBやしがらみを排除して名うてのコーチばかりを人選して強いチームを作り上げた例もある。横浜DeNAのように組閣をGMに一任というケースは珍しい。その試みが結局は「親会社の人事の丸投げ」「高田GMの仲良し組閣」にならないことを願うばかり。それにしても、工藤監督、達川ヘッドというのが見たかったのは私だけではあるまい。
2011.12.11 16:00
NEWSポストセブン
ダルビッシュ有 六本木夜間トレ後も絶好調、三振取りまくり
ダルビッシュ有 六本木夜間トレ後も絶好調、三振取りまくり
 ダルの敵はもはやダルだけ。日本ハムのダルビッシュ有(25)は9月11日の楽天戦で、自身最多を更新するシーズン223奪三振をマーク。この日は公式戦初となる中4日登板だったが、7回0封と、疲れなど微塵も感じさせない余裕のピッチングだった。「中4日でも中3日でも大丈夫。今年は疲労回復が早いので、どんどん投げさせてもらいたい」 そう豪語する驚異のスタミナは、マウンドだけに収まらなかった。翌日に宮城から東京に移動すると、夜は六本木の高級クラブでの「夜間トレ」に繰り出した。 店の関係者は語る。「夜10時頃に、友人のプロスキーヤーなど5~6人のグループで店に来ました。女の子たちは『ダルビッシュが来てるよ!』と浮き足立ち、VIPルームで大盛り上がり。ダルビッシュも焼酎の吉四六の水割りをぐいぐいイイ感じで飲んでいました。残念ながらお持ち帰りはありませんでしたが、結局、閉店の2時半過ぎまでいました」 肉体改造に励む一方で、妻・紗栄子とのトラブル要因にもなったといわれる「夜遊び」は健在だ。しかし、この男はそれでも結果を残す。その5日後のソフトバンク戦では12三振を奪い、史上5人目となる通算50度目の2ケタ奪三振という記録を達成したのだ。 カミソリシュートの異名をとった野球評論家の平松政次氏も脱帽の様子。「今年のダルビッシュは最高の成績だから、これ以上練習するより、息抜きした方がいいのでしょう。ただ、工藤公康が実践してきたように、長く現役を続けるためには多少の節制は必要。彼には往年の大投手に肩を並べられるように、できるだけ長く現役を続ける努力もしてもらいたいね」※週刊ポスト2011年10月7日号
2011.09.27 16:00
週刊ポスト
工藤公康 26歳の時に肝臓が肋骨から飛び出し死にかけていた
工藤公康 26歳の時に肝臓が肋骨から飛び出し死にかけていた
 プロ通算224勝140敗。現役最多勝の工藤公康投手(47歳)は、今季の所属球団こそ未定だが、現役続行にこだわっている。40代後半で若手とやり合う自信はどこから来るのか、作家・増田晶文氏が工藤投手に迫った――。 * * *「僕も、もうダメだと観念しかかった時がありました」 ピンチは1989年、26歳の時に訪れた。彼は夜毎、憑かれたかのように繁華街を飲み歩くようになる。独身の気軽さに加え、世はバブル経済の伸長期、そのうえ人気選手……。何より工藤には「若さ」があった。それを過信した。「毎晩のようにブランデーを2本、3本とあけ、そのまま一睡もせずにゲームに出たこともありました」 不節制は工藤の「若さ」をも凌駕し身体を蝕む。1989年にはわずか4勝のうえ8敗と大きく負け越す。「肝臓が腫れて肋骨の間からはみ出しそうになっていました。医師には、このままでは死ぬといわれるほど肝数値も最悪でした」 彼を救ったのが1990年のオフに結ばれた雅子だった。新妻は「本屋から段ボール箱で送られてくる」健康や栄養関係の書物を読破し、身体によいと噂の食材を取り揃えた。そして、情報と食物を徹底的に吟味し、研究を重ねたのだ。「ご飯とみそ汁、豆類や根菜、小魚を摂る粗食に行き着きました」 酒量も食事でビールを1、2杯まで減らし、夜の誘いは断固として断った。この習慣は今も継続中だ。 1991年、工藤は16勝3敗と蘇る。その後もコンスタントに2桁勝利を重ねた。「僕は年齢がかさむほどに人間は変わっていくものだと思っています。だけどこれはマイナスの意味じゃない。いい方向で変化すれば、心技体がそれぞれ補完してプラスに動いてくれます」 ただ、40代後半で若手とやりあうには、それまでの蓄積と工夫がモノをいう。「ちゃんと練習していない選手は20代後半で悪くなってしまいますね。とはいえ、どんな選手でも30代の前半になると必ずポテンシャルが落ちる。この時期をどう乗り切るかで40代のパフォーマンスは大きく違ってきます」 それこそが、工藤一流のコンディショニングの出発点となっている。彼は、早くから自分専属のトレーナーを雇い、筑波大など研究機関を訪ねて身体づくりのノウハウを得た。こうしてオーダーメイドのプログラムで肉体を鍛える一方、マッサージやストレッチなどのリラクシングも怠らない。「それでも左肘の手術をしましたし、満身創痍です。今ではケガを克服するという発想よりも、ケガと付き合いながら、身体をよりベターな状態に近づける方法を探り続けています」 工藤の左肘は酷使により完全に曲げられない。左肩の関節唇は3分の1を切り取っており、腱板も半分しかない。撮影■渡辺利博※週刊ポスト2011年3月11日号
2011.03.02 17:00
週刊ポスト
充電中の48歳工藤公康投手 「韓国野球はレベル高い」と語る
充電中の48歳工藤公康投手 「韓国野球はレベル高い」と語る
 プロ通算224勝140敗。現役最多勝の工藤公康投手(47歳)も今季は所属球団未定だ。彼はなぜ現役にこだわるのか。作家・増田晶文氏が工藤投手に迫った――。 * * * 工藤公康はこの5月5日で48歳になる。それでも彼は挑戦をやめない。海外も視野に現役続行へ熱い意欲を示した。 ところが2月半ば、工藤は苦渋の決断を下す。「今季は充電にあてる」――要因は昨季に傷めた左腿の裏側で、ここをかばって右ふくらはぎにまで痛みをおこしているのだという。「今は投球練習もできない状態ですが、悪いところを治しながらトレーニングをする方法はわかっていますからね」 工藤は、諦観の境地に達しているのかと思えるほど、さばさばと語った。「現役にこだわる理由をよく聞かれます。僕は野球しか能がないし、投球術や体力にまだ自信が持てることもありますが、やっぱり自分の人生なんですから、幕引きは球団じゃなくて、僕自身でけじめをつけたいんです」 工藤は付け加えた。「僕にとっては毎年、毎年が勝負です。だから現役最多の224勝とか“優勝請負人”と呼ばれた過去は関係ない。実績をふりかざして勝てるわけじゃないし、プライドってやつには持っていていいのもあれば、棄てちゃったほうがいいのもあるということです」 もし、工藤にケガがなければ、今季はどんな形で投げていたのだろう。「日本の球団からの声を待っていましたが、充電宣言を出す直前までオファーはありませんでした」。 あるいは、選択肢をアジアや独立リーグに広げることもありうるのか。工藤は思案しつつ慎重に答えた。「韓国のレベルの高さは大いに認めています。国が違えば野球も違うのは当然なので、韓国野球の持つ魅力は、ちゃんと勉強しておくべきだとは思います。でも、今の時点で韓国という選択肢はないし、まして国内の独立リーグの線も考えていません」 ならば目標となるのは――工藤はアメリカのマイナーリーグを睨んでいた。撮影■渡辺利博※週刊ポスト2011年3月11日号
2011.03.01 17:00
週刊ポスト

トピックス

デザインした服は多くの芸能人にも愛された三宅一生さん(写真は2001年、時事通信フォト)
イッセイミヤケ、芸能人にもファン多数 美輪明宏、楠田枝里子…愛された理由 
NEWSポストセブン
次なるステップは?(時事通信フォト)
元横綱・白鵬、周到すぎる宮城野部屋の「継承」で見えてきた“理事の椅子”
週刊ポスト
最近は工場勤務だった山上容疑者(中学生の頃の容疑者。卒業アルバムより)
山上徹也容疑者の母親は会見で何を語るのか 伯父の家を出て「大阪の支援者」のもとで過ごす今
NEWSポストセブン
「保守路線の継承者」として名前が挙がる高市早苗氏(時事通信フォト)
安倍晋三元首相の政策後継者 保守路線は高市早苗氏、外交は萩生田光一氏が受け継ぐか
週刊ポスト
ラガーさん
ラガーさん、再び甲子園から姿を消す 本人が明かした「チケットが高すぎる!」の叫び
NEWSポストセブン
海賊版サイト「漫画村」に無断掲載され、約19億円の損害賠償の対象となった漫画作品(時事通信フォト)
漫画の海賊版被害 深刻なダメージを受けているのは有名作品だけではない
NEWSポストセブン
語学力抜群の小島瑠璃子
小島瑠璃子が中国留学を発表 語学レベルは「北京・清華大学も射程圏内」の驚異
NEWSポストセブン
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
姉妹でCMギャラに差も?(左から広瀬アリス、広瀬すず/時事通信フォト)
広瀬アリス・すず、上白石萌音・萌歌 妹のほうが“CMギャラが高い”理由
週刊ポスト
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
起用でも二転三転が目立ち、ファンから戸惑いの声(時事通信フォト)
最下位低迷の中日 立浪和義監督の采配に「目指す野球の方向性が見えない」の指摘
NEWSポストセブン