百田尚樹の最新ニュース/3ページ

【百田尚樹】に関するニュースを集めたページです。

百田尚樹氏に94歳の元撃墜王が語った「居眠り」の恐怖
百田尚樹氏に94歳の元撃墜王が語った「居眠り」の恐怖
 元日本軍エースパイロットたちの証言を集めた戦記ノンフィクション『撃墜王は生きている!』(井上和彦著、小学館文庫)には、ラバウルで43機を撃墜した帝国海軍のエースパイロット、本田稔・元少尉(現在94歳)…
2019.03.11 14:43
作家・百田尚樹氏「戦後の日本人は軍人への敬意を失くした」
作家・百田尚樹氏「戦後の日本人は軍人への敬意を失くした」
 戦後70年を過ぎ、戦争の記憶はますます遠ざかる。『永遠の0』で知られる作家・百田尚樹氏は、元日本軍エースパイロットたちの証言を集めた戦記ノンフィクション『撃墜王は生きている!』(井上和彦著、小学館文庫…
2019.03.11 14:44
百田尚樹氏 「今こそ、韓国に謝ろう」の真意を語る
百田尚樹氏 「今こそ、韓国に謝ろう」の真意を語る
 作家の百田尚樹氏が、意外な主張をし始めて話題になっている。「今こそ、韓国に謝ろう」──6月中旬、同名の著書を上梓した百田氏。韓国に対し、何を謝罪すべきなのか。日本が、朝鮮半島に対して行った“悪行”の数々…
2019.03.11 14:44
高須院長「百田氏を助太刀してリベラルや民進党と戦う!」
高須院長「百田氏を助太刀してリベラルや民進党と戦う!」
 高須クリニックの高須克弥院長が世の中の様々な話題に提言するシリーズ企画「かっちゃんに訊け!!」。今回は、最近の国会の動向について訊きました。 * * *──現在国会では「テロ等準備罪」を新設する組織犯…
2019.03.11 15:36
ネットニュース編集者の中川淳一郎氏
ネットの反差別運動の歴史とその実態【4/4】
 ネットニュース編集者・中川淳一郎氏による「ネットの反差別運動の歴史とその実態」レポート(全4回中最終回・文中一部敬称略)。 * * * さて、2016年1月10日、突如として反差別界隈で注目を集める人物が…
2019.03.11 15:36
朝日新聞 自社に都合悪い異論を排除するファシズム的紙面
朝日新聞 自社に都合悪い異論を排除するファシズム的紙面
〈当社は、読者の信頼を取り戻すための第一歩として、訂正記事の書き方を変えます〉〈必要に応じて間違えた理由などを丁寧に説明します〉──2014年12月9日、朝日新聞は朝刊紙面でそう宣言した。 2014年といえば、「…
2019.03.11 15:37
百田尚樹×ケント・ギルバート 半島有事や日本の呑気さ語る
百田尚樹×ケント・ギルバート 半島有事や日本の呑気さ語る
 なぜ韓国は、ここまで反日的になるのか。そして、「剣道の期限は韓国」などと、なぜ国際社会に対して嘘をつき続けるのか。そこには「儒教の呪い」があるという。著書『儒教に支配された中国人と韓国人の悲劇』が…
2019.03.11 15:37
ケント氏「韓国には嘘が恥ずかしいという概念がないのか」
ケント氏「韓国には嘘が恥ずかしいという概念がないのか」
 なぜ韓国は、ここまで反日的になるのか。そして、なぜ国際社会に対して嘘をつき続けるのか。そこには「儒教の呪い」があるという。著書『儒教に支配された中国人と韓国人の悲劇』が話題のケント・ギルバート氏と…
2019.04.01 17:22
【書評】成熟をしないことが村上春樹なりの筋の通し方
【書評】成熟をしないことが村上春樹なりの筋の通し方
【書評】『騎士団長殺し』(第1部 顕れるイデア編・第2部 遷ろうメタファー編)/村上春樹・著/新潮社/各1800円+税【評者】大塚英志(まんが原作者) 村上春樹の新作の評判が今一つのようだ。今になって同じ…
2019.03.11 15:37
ケント・ギルバート/百田尚樹対談 「儒教に呪われた韓国」
ケント・ギルバート/百田尚樹対談 「儒教に呪われた韓国」
 なぜ韓国は、ここまで反日的になるのか。そこには「儒教の呪い」があるという。著書『儒教に支配された中国人と韓国人の悲劇』が話題のケント・ギルバート氏と作家の百田尚樹氏が、韓国の本質を語り合った。 *…
2019.03.11 15:38
古谷経衡氏 筒井康隆氏を「ネトウヨ」と呼ぶ者に苦言
古谷経衡氏 筒井康隆氏を「ネトウヨ」と呼ぶ者に苦言
 ジャンルを横断し、野心的な作品を世に問い続けてきた筒井康隆氏の発言がネットで炎上した。御年82歳の大御所作家に世間は厳しい。だが、“熱狂的ツツイスト”を自称する古谷経衡氏の立場は明快だ。発言自体は肯定…
2019.03.11 15:38
写真は府中刑務所(時事通信フォト)
刑務所で百田尚樹氏の本が大人気 下巻だけ読む者も
 若者の読者離れが叫ばれるなか、誰もが読書家になるのは刑務所、あるいは拘置所だ。自由を奪われた彼らはどんな本を読んでいるのか? ノンフィクションライターの高橋ユキ氏が迫る。 * * * 山田誠二受刑…
2019.03.11 15:39
百田尚樹氏「日本人は中国とは理解し合えないと肝に銘じよ」
百田尚樹氏「日本人は中国とは理解し合えないと肝に銘じよ」
 日本人は、勘違いに基づいた「中国への憧れ」を持っているため、適切な対抗策をとれずにいるのだと作家の百田尚樹氏はいう。勘違いを育む漢文の授業も廃止したらよいとの持論を持つ百田氏が、現実的に今の中国と…
2019.03.11 15:41
百田尚樹氏「中国文化は日本人に合わぬ。漢文の授業廃止を」
百田尚樹氏「中国文化は日本人に合わぬ。漢文の授業廃止を」
 日本はなぜ、中国の脅威を感じながらも適切な対抗策を取れないのか。作家の百田尚樹氏は、その背景には日本人の勘違いに基づいた「中国への憧れ」があると語る。 * * * 中国の尖閣諸島への“侵略”は日に日…
2019.03.11 15:41
“安倍晋三記念小学校”総裁「夫妻と日本会議と私の関係」
“安倍晋三記念小学校”総裁「夫妻と日本会議と私の関係」
 ドナルド・トランプ米大統領との「外交成果」を誇り、天皇の生前退位問題でも「政府方針」で強行突破。“オレオレ感”が増幅する安倍晋三・首相の力の源泉には保守層を中心とした高い支持がある。 中でも安倍政権…
2019.03.11 15:45
百田尚樹氏 中国や北朝鮮に蹂躙されなければ日本目覚めない
百田尚樹氏 中国や北朝鮮に蹂躙されなければ日本目覚めない
 中国の脅威は日に日に増し、2017年中にも尖閣諸島が奪われる懸念がある。今年は、国を守るために重要な憲法改正論議も山場を迎える可能性がある。が、いざ憲法改正となると“内なる敵”がいるという。櫻井よしこ氏…
2019.03.11 15:50
百田尚樹氏 地上波テレビは左翼だらけという印象
百田尚樹氏 地上波テレビは左翼だらけという印象
 中国の脅威は日に日に増し、2017年中にも尖閣諸島が奪われる懸念がある。今年は、国を守るために重要な憲法改正論議も山場を迎える可能性がある。が、いざ憲法改正となると“内なる敵”がいるという。櫻井よしこ氏…
2019.03.11 15:50
百田尚樹氏 中国は尖閣どころか本気で沖縄まで狙っている
百田尚樹氏 中国は尖閣どころか本気で沖縄まで狙っている
 中国の脅威は日に日に増し、2017年中にも尖閣諸島が奪われる懸念がある。今年は、国を守るために重要な憲法改正論議も山場を迎える可能性がある。が、いざ憲法改正となると“内なる敵”がいるという。注目の2人が、…
2019.03.11 15:51
宮崎あおい
岡田准一、綾瀬との熱愛情報出るも宮崎あおいと順調交際
「お互い破局してフリー。そんなタイミングでの共演で、一気に関係が深まったらしい。ふたりきりでの食事も密かに重ねている」 師走に入り熱愛情報が駆け巡った“ふたり”とは、岡田准一(36才)と綾瀬はるか(31才…
2019.03.11 15:37
『カエルの楽園』 読了後じっくり日本を考えさせられる一冊
『カエルの楽園』 読了後じっくり日本を考えさせられる一冊
【5分でわかるベストセラー】『カエルの楽園』百田尚樹/新潮社/1404円【評者】伊藤和弘(フリーライター) 本書はソクラテスという名のアマガエルを主人公にした小説です。登場するキャラクターはカエルばかりで…
2019.03.11 15:56

トピックス

STAP細胞騒動から10年
【全文公開】STAP細胞騒動の小保方晴子さん、昨年ひそかに結婚していた お相手は同い年の「最大の理解者」
女性セブン
宗田理先生
《『ぼくらの七日間戦争』宗田理さん95歳死去》10日前、最期のインタビューで語っていたこと「戦争反対」の信念
NEWSポストセブン
水原一平容疑者は現在どこにいるのだろうか(時事通信フォト)
大谷翔平に“口裏合わせ”懇願で水原一平容疑者への同情論は消滅 それでもくすぶるネットの「大谷批判」の根拠
NEWSポストセブン
大久保佳代子 都内一等地に1億5000万円近くのマンション購入、同居相手は誰か 本人は「50才になってからモテてる」と実感
大久保佳代子 都内一等地に1億5000万円近くのマンション購入、同居相手は誰か 本人は「50才になってからモテてる」と実感
女性セブン
ドジャース・大谷翔平選手、元通訳の水原一平容疑者
《真美子さんを守る》水原一平氏の“最後の悪あがき”を拒否した大谷翔平 直前に見せていた「ホテルでの覚悟溢れる行動」
NEWSポストセブン
ムキムキボディを披露した藤澤五月(Xより)
《ムキムキ筋肉美に思わぬ誤算》グラビア依頼殺到のロコ・ソラーレ藤澤五月選手「すべてお断り」の決断背景
NEWSポストセブン
(写真/時事通信フォト)
大谷翔平はプライベートな通信記録まで捜査当局に調べられたか 水原一平容疑者の“あまりにも罪深い”裏切り行為
NEWSポストセブン
逮捕された十枝内容疑者
《青森県七戸町で死体遺棄》愛車は「赤いチェイサー」逮捕の運送会社代表、親戚で愛人関係にある女性らと元従業員を……近隣住民が感じた「殺意」
NEWSポストセブン
大谷翔平を待ち受ける試練(Getty Images)
【全文公開】大谷翔平、ハワイで計画する25億円リゾート別荘は“規格外” 不動産売買を目的とした会社「デコピン社」の役員欄には真美子さんの名前なし
女性セブン
羽生結弦の勝利の女神が休業
羽生結弦、衣装を手掛けるデザイナーが突然の休業 悪質なファンの心ない言動や無許可の二次創作が原因か
女性セブン
眞子さんと小室氏の今後は(写真は3月、22時を回る頃の2人)
小室圭さん・眞子さん夫妻、新居は“1LDK・40平米”の慎ましさ かつて暮らした秋篠宮邸との激しいギャップ「周囲に相談して決めたとは思えない」の声
女性セブン
いなば食品の社長(時事通信フォト)
いなば食品の入社辞退者が明かした「お詫びの品」はツナ缶 会社は「ボロ家ハラスメント」報道に反論 “給料3万減った”は「事実誤認」 
NEWSポストセブン