百田尚樹の最新ニュース/5ページ

【百田尚樹】に関するニュースを集めたページです。

「自分の世界観を持っているおじさんはモテる」と品田英雄氏
バーベキュー計画するような新・野心家オヤジにモテ期到来か
 好景気に沸き日本が希望に満ちていた1980年代を懐古し、「バブルよ再び」というムードに包まれたのが昨年。大ヒットしたテレビドラマ「あまちゃん」では80年代のヒット曲が使われ、「半沢直樹」ではバブルの最盛…
2013.12.25 17:36
「5日以内に参勤しないと藩潰す…」 スリリングな時代小説
「5日以内に参勤しないと藩潰す…」 スリリングな時代小説
【書評】『超高速! 参勤交代』土橋章宏/講談社/1449円【評者】内山はるか(SHIBUYA TSUTAYA) そろそろ書店員が選ぶ文芸賞『本屋大賞』の選考時期になってまいりました。「全国書店員が選んだいちばん!売りた…
2019.03.11 15:53
安倍首相 メディア支配は政権安定化の絶対条件との思い持つ
安倍首相 メディア支配は政権安定化の絶対条件との思い持つ
 10月5日に放送されたNHKスペシャル「ドキュメント消費増税 安倍政権 2か月の攻防」では、NHKのカメラが、初めて総理大臣執務室に入るなど安倍晋三首相に密着し、その決断の様子を伝えた。局内からは、「これで…
2019.03.11 15:55
総理執務室撮影したNHK美人解説委員に局内部から痛烈な批判
総理執務室撮影したNHK美人解説委員に局内部から痛烈な批判
 安倍政権が10月25日、国会に提示したNHKの経営委員人事案は、安倍晋三首相と対談したばかりの作家・百田尚樹氏、安倍応援団の代表格である保守派の評論家・長谷川三千子氏、そして安倍氏の元家庭教師だった日本た…
2019.03.11 15:55
ボクサー実践の「餃子ダイエット」痩せる理由を考案者が解説
ボクサー実践の「餃子ダイエット」痩せる理由を考案者が解説
 誰もが大好きな餃子でダイエット。そんな驚きの減量法を考案したのは、ピューマ渡久地ボクシングジム会長の渡久地聡美さん(44才)。食事法、栄養学、スポーツ心理学、筋肉学など、体作りの研究を20年にわたり続…
2019.03.11 16:11
社風表す社史 虎屋は「五世紀」、ホンダは「7周年」で作成
社風表す社史 虎屋は「五世紀」、ホンダは「7周年」で作成
 会社の歴史をまとめた「社史」について、全国屈指の蔵書を誇る図書館が神奈川県川崎市にある。硬くて建前ばかりでつまらないイメージがあるが、最近は装丁にも凝り、読み応えのあるものもある。「社史は社風を現…
2019.03.11 16:17
「自分には小説の才能ある」 その気持ちを利用する男描く書
「自分には小説の才能ある」 その気持ちを利用する男描く書
【書評】『夢を売る男』/百田尚樹・著/太田出版/1470円【評者】福田ますみ(フリーライター) 村上春樹ほどではないが、自分にはもしかしたら小説を書く才能があるかもしれない。そう思う人は意外に多いらしい…
2019.03.11 16:21
百田尚樹氏「好きなことを仕事にしたい」と語る大学生に疑問
百田尚樹氏「好きなことを仕事にしたい」と語る大学生に疑問
 戦後日本の復興に人生をかけた男たちを描いた『海賊と呼ばれた男』(講談社刊)で2013年の本屋大賞を受賞した百田尚樹氏。日本人としてのありようを語った。──日本では、いつの間にか“努力はダサイ”“がむしゃらに…
2019.03.11 16:23
本屋大賞『海賊』隠れた演出 『永遠の0』特攻隊員登場に「感動」の声
本屋大賞『海賊』隠れた演出 『永遠の0』特攻隊員登場に「感動」の声
 今年の本屋大賞を受賞し、100万部を超えるベストセラーを記録している『海賊とよばれた男』(講談社)。作家・百田尚樹さんが、出光興産の創業者、出光佐三をモデルとし、企業の再生と戦後復興の闘いを描いたドキ…
2019.03.11 16:24
本屋大賞受賞作 自信失った人に知って欲しい日本人の生き様
本屋大賞受賞作 自信失った人に知って欲しい日本人の生き様
 百田尚樹氏は1956年生まれの作家。長年、放送作家として活躍し、2006年に『永遠の0』(太田出版刊、後に講談社文庫)で小説家デビュー。同作品は累計200万部を超すベストセラーとなった。『海賊と呼ばれた男』(…
2019.03.11 16:28
映画で整形美女演じる高岡早紀「幸せになれるなら整形もあり」
映画で整形美女演じる高岡早紀「幸せになれるなら整形もあり」
「こんなにも数奇で壮絶な人生は初めて。芸能活動25周年の節目にこの作品と出会えて、本当にラッキーだったと思います」 4月27日公開の映画『モンスター』に主演する高岡早紀(40)は、そう充実した表情を見せた。…
2019.03.11 16:35
高岡早紀の19年ぶり全裸シーン 「40才とは思えない美貌」評
高岡早紀の19年ぶり全裸シーン 「40才とは思えない美貌」評
 高岡早紀(40才)がフルヌードを披露する主演映画『モンスター』(4月27日公開)。いまだベールに包まれているそのシーンの詳細をキャッチした。 同映画は、人気作家・百田尚樹氏の小説が原作。幼少期から周囲か…
2019.03.11 16:39
百田尚樹氏「日本史上で最も偉大な王者はファイティング原田」
百田尚樹氏「日本史上で最も偉大な王者はファイティング原田」
 ファイティング原田、海老原博幸、大場政夫──。日本中を歓喜の渦に包んだ白井義男が、その王座を明け渡して8年。長き世界王者不在の時代を経て訪れたのは、「黄金時代」ともいうべき日本ボクシング界の絶頂期だっ…
2019.03.11 16:48
自分に才能あると信じる人から金巻き上げる自費出版暴露小説
自分に才能あると信じる人から金巻き上げる自費出版暴露小説
【書籍紹介】『夢を売る男』(百田尚樹/太田出版/1470円) 敏腕編集者の牛河原が勤める丸栄社は、自分には才能があると思っている人間から金を巻き上げる自費出版専門の出版社。依頼人をおだてて業績を伸ばして…
2019.03.11 16:56
「ひな壇番組は自作自演の構造」とナイトスクープ放送作家談
「ひな壇番組は自作自演の構造」とナイトスクープ放送作家談
 タレントや芸人がズラリと並ぶ「ひな壇番組」が増えているが、こうした流れに、「テレビがつまらなくなっている」と警鐘を鳴らす声も。元テレビ朝日プロデューサーの皇(すめらぎ)達也さんはこう指摘する。「芸…
2013.03.21 17:53
作家・百田尚樹 資料読みと執筆に没頭し3か月で3回倒れる
作家・百田尚樹 資料読みと執筆に没頭し3か月で3回倒れる
【著者に訊け】百田尚樹/著『海賊とよばれた男(上・下)』(講談社/各1680円) 時は1953年3月某日。一隻のタンカーが神戸港を出港した。当時日本で唯一米国メジャーと提携関係になかった民族系石油元売会社〈国…
2019.03.11 16:09

トピックス

結婚相手について語った大谷翔平
《大谷翔平が電撃婚》新妻を待ち受ける「奥様会」と「過激ファン」の洗礼 田口壮夫人は「生卵をぶつけられた人もいた」
NEWSポストセブン
(時事通信フォト)
《大谷翔平結婚》お相手“有力候補”のアスリート女性は「昨年引退済み」「インスタ全消し」渡米情報も
NEWSポストセブン
パチスロ好きという意外な素顔もある浅田舞
《6時間スロット打ちからカルチャー系に》浅田舞に新恋人との熱愛報道、関係者が気づいていたインスタグラムの「異変」
NEWSポストセブン
2010年、慶応義塾大学を卒業した水卜麻美
【女性アナ大学時代の晴れ姿・2010~2016】水卜麻美の世代には「視聴者の関心がアナウンサーとしての実力や親しみやすさに向き始めた」
週刊ポスト
政倫審もあれる中、岸田首相は大谷頼みで…
「大谷翔平結婚」で政倫審ウヤムヤにできた岸田首相、次はドジャース開幕戦のサプライズ観戦計画 “大谷頼み”が酷すぎる
NEWSポストセブン
結婚について語った大谷翔平(時事通信フォト)
《「いたって普通の人」》大谷翔平、お相手のパーソナリティーを一切明かさない“完璧な結婚報告会見”で見せつけた「格の違い」
NEWSポストセブン
「チョメチョメ」や昭和のスターや歌謡曲のオマージュなど小ネタが
いっぱいのドラマ『不適切にもほどがある!』に大ハマり中です!(番組のインスタグラムより)
【『不適切にもほどがある!』の魅力】昭和スターや歌謡曲オマージュも満載!“脚本のすべてを聞き逃したくない”から何度も見てしまう
女性セブン
大谷翔平
大谷翔平が明かした結婚相手「普通の日本人」は7月にお披露目か 大物同僚妻との奥様会への参加はどうなる
NEWSポストセブン
20年以上培った弁護士としての専門分野は離婚や親権問題
《不倫報道》エッフェル広瀬めぐみ議員が密会場所に選んだ「ご休憩8600円〜」歌舞伎町ホテルと「ジャンクなディナー」のこだわり
NEWSポストセブン
大谷翔平(時事通信フォト)
《大谷翔平が電撃婚》「アナウンサーじゃなくて良かった」とファン安堵 大谷を守った“女性アナ隔離政策”
NEWSポストセブン
谷原章介(左)と、コンテストに挑戦する息子の七音さん(右)
《本人に直撃》谷原章介が語った20歳長男「ジュノンボーイ挑戦」へのエール 七音さんもインスタで決意投稿「僕は僕なので」
NEWSポストセブン
(時事通信フォト)
《大谷翔平が電撃婚》徹底した秘密主義で「このタイミング」だった理由「左手薬指へのキス」にファン違和感
NEWSポストセブン