矢口真里一覧

【矢口真里】に関するニュースを集めたページです。

若槻千夏、矢口真里、ベッキー「シン・ママタレ枠」争奪戦が始まった
若槻千夏、矢口真里、ベッキー「シン・ママタレ枠」争奪戦が始まった
 最近、一度表舞台から消えた芸能人の復活が増えている。若槻千夏(36才)とベッキー(37才)はその筆頭かもしれない。 3月上旬、ラジオ番組で15年ぶりに共演した二人は、吹っ切れたように赤裸々なトークを展開した。若槻から今の仕事について聞かれたベッキーは「子供も生まれたし、パートナーもいるから。目の前の生活を守ることもありながら、お仕事もいただいて、今がいちばんいいんだよね」と達観したように語った。若槻が「15年前のギラギラベッキーはどこにいったんですか?」と切り込むと、「もう卒業した、葬ったから」とベッキーは笑うのだった。 ともに2000年代、10代の頃からバラエティー番組などで活躍。若槻は結婚とプライベートブランドの展開などで一時、表舞台から去り、ベッキーはスキャンダルで仕事が激減していた。しかし、徐々に盛り返し、2人ともに今やコンスタントに仕事を増やしている。「特に若槻さんは再ブレイクといってもいいほど、メディア露出を増やしていますね。数年間も実質的には芸能活動を休んでいたことで、視聴者にとっての新鮮さを取り戻して、もともとのトーク力、受け答えの瞬発力で、徐々に仕事が増えてきました」(芸能リポーター) 若槻はかつて「料理が得意でもないし、ママタレの仕事がこない」と嘆いていたが、3月30日からスタートしたTBS系の情報生番組『ラヴィット!』で、念願が叶ったようだ。TBS関係者が語る。「この番組でレギュラー陣に加わった若槻さんは、新しいママタレ枠で出演しているようです。本人も『やっと私にママタレントの仕事がきました!』と大喜びしていました。番組ではインスタント食品の選び方や、ユニクロなどのファストファッションの着こなし術など、主婦層がターゲットの話題で、活躍を始めていますよ」 この2人以外にも注目されているママタレが、矢口真里(38才)だ。矢口もスキャンダルでメディアから消えた時期があったが、再婚し、2019年8月の第一子出産を境に芸能活動を再開している。 矢口は、オリエンタルラジオ・藤森慎吾のYouTubeチャンネルに出演した際、「今の状況の中では、私のいろいろな報道もありつつ、やっぱりママタレとしては絶対活動できないなと思っているの」と本音を漏らしていた。そして「欲はすごいあって、違う分野で活動したい。私はマジで貪欲で『早く消えろ』とヤジられても、『マジで消えないから』って思っちゃってます」と意気込みを語っていた。 同年代では、ママタレとして大活躍してきた小倉優子(37)や佐々木希(33)らが、夫婦間のもつれやパートナーの失態で勢いが弱くなった今、その指定席争いはますます活発化してきている。「若槻さん、矢口さん、そしてベッキーさんには、貪欲さがあると思います。これまでのママタレは、たとえば“料理が上手”“育児も一生懸命”といった、どこかステレオタイプな人も多かった。この3人なら、一筋縄ではいかない、新しいママタレの姿を見せてくれるのではないかと、期待されているのです」(前出・芸能リポーター) 10年以上前にバラエティーを席巻していた3人は、テレビのママタレ枠に楔を打ち込めるのか。今年は正念場となりそうだ。
2021.04.28 16:00
NEWSポストセブン
渡部建の不倫謝罪会見はネットでも大きな話題に(時事通信フォト)
令和の「江戸時代化」ネット普及により陰湿な監視体制が完成
 インターネットは自由な空間……だったはず。しかし、ネットの普及によって監視体制ができあがり、不自由になったのではないか。ネットニュース編集者の中川淳一郎氏が、ネットによってつくられる「空気」の窮屈さについて論じる。 * * * ネット普及により日本のムラ社会化はますます進んだ。江戸時代の「村八分」や「五人組」のような陰湿な監視体制が完成し、「空気に支配される社会」の成熟度合いが増していったのである。 一つは不倫だ。なぜ渡辺謙の不倫はそこまで叩かれず、それ以上に矢口真里→東出昌大→ベッキー→渡部建という順番で苛烈に叩かれたのか。ベッキーと東出の順番に異論はあるかもしれないが、ベッキーの場合は「文春砲」の初期だったことと意外過ぎたということもあり、私の観測ではこの順番である。 ネットニュースでは「東出と渡部はどちらがゲスか」といった記事が登場し、これに対しコメント欄で一方向の論調となっていく。このケースでは渡部である。SNSでは、フォローしている人による似たような意見を見るため、自分の感覚が正しい、という確信を得て自らも「渡部のほうがゲス」という発言をするようになり、「空気」が作られていく。 その空気を事務所が読むことにより、活動再開までの期間が変わっていく。ベッキーと矢口真里はネット番組やラジオでの復活はあったものの「ナショナルクライアント」と呼ばれる大企業のCMへの本格出演には至っていない。矢口は約3年の時を経て日清食品のCMに登場したが、世論の反発を受けてお蔵入りに。 渡辺謙は決定的な活動自粛はなく、不倫芸能人には御法度のCM出演も「ハズキルーペ」で獲得。これは同社の松村謙三会長が広告業界と世間の空気を読まなかったからこそ達成できたことだろう。 星野源の『うちで踊ろう』に乗っかって貴族のようにくつろぐ時間の動画を公開した安倍晋三前首相、「ガースーです」の挨拶で滑った菅義偉首相──いずれも「ネットでコレが人気です!」と判断した結果である。 ネットがない頃は石油ショック時のトイレットペーパー買い占め騒動や、健康番組で「やせる」と紹介された食材(納豆、ココア、寒天ほか)がスーパーの棚から消えるといったことはあったものの、思想・主張にまではあまり踏み込まれなかったのでは。 もちろん、旧社会党が躍進した「マドンナ旋風」のようにテレビ・新聞も大局を盛り上げた結果、政治に影響を与えたものはあるが、細かな「空気」をいちいち確認することはできなかった。 ヤフーは12月8日から31日まで「あなたは医療体制のひっ迫を実感していますか?」の投票を実施。12月21日時点の暫定結果(13万3769人が投票)を見ると「実感している」が77.1%で、「実感していない」が16%、「わからない/どちらとも言えない」が6.9%となっている。 実感している人が圧倒的だが、皆さんそんなに病院へ行っているのだろううか? コロナに対峙する医療関係者とその家族ばかりが投票するのであれば、この結果も理解できるが、結局「テレビで見た」ことから「実感している」となり、その集合体として77.1%という数字が出て「空気」が作られるのではないか。そして、異論は非難される。江戸時代か!【プロフィール】中川淳一郎(なかがわ・じゅんいちろう)/1973年生まれ。ネットで発生する諍いや珍事件をウオッチしてレポートするのが仕事。近刊に『恥ずかしい人たち』(新潮新書)※週刊ポスト2021年1月15・22日号
2021.01.04 19:00
週刊ポスト
不祥事有名人のCM起用「コスパ良い」の声 伊勢谷はあり得る?
不祥事有名人のCM起用「コスパ良い」の声 伊勢谷はあり得る?
 9月30日、大麻取締法違反の罪で起訴された俳優の伊勢谷友介被告(44才)が保釈された。伊勢谷は「ご迷惑をおかけして申し訳ありませんでした」と謝罪した。 芸能人の不祥事は飲酒運転、不倫、薬物問題などさまざま。一定期間の活動自粛を経て復帰するケースが多いが、ダメージが大きいのが、クリーンイメージを大切にする広告にその後なかなか復帰できない点にある。矢口真里は2013年5月に不倫を報じられ、芸能活動を自粛。ネット番組などの出演はその後果たしたが、2016年3月、日清食品のカップヌードルのCMに出演したところ、非難が殺到した。 同CMは、「世界に通用するグローバルおバカ人材の育成を目指す大学『OBAKA’s UNIVERSITY』」というシリーズで、矢口は「危機管理の権威・心理学部 矢口真里准教授」として登場。「二兎を追うものは、一兎をも得ず」と語るのだが、これが自らの不倫から得た教訓を力説していると捉えられ、不謹慎とされたのだ。 結局、矢口はその後、自身が出演するAbemaTVの『The NIGHT』と出前館のタイアップCMに短期間出るだけとなり、過去の不倫がCM出演の足かせになっている。ならば伊勢谷のCM復帰はあり得るのか? 広告会社のプランナーはこう見る。「大手では難しいと思います。矢口さんの例を見ても、『なぜ不祥事を起こした者を使うのだ!』や『もう御社の商品は買いません』などのクレームが来るのは明白。CMには多くのお金をつぎ込むだけに、ネガティブな反応が予想されるものをあえてやるのは愚の骨頂です」 だが、尖ったイメージを打ち出したい新興のベンチャー企業などはむしろ不祥事タレントを使いたいと考える面もあるのだという。CMのギャラというものは「時価」であり、需要が低くなれば安くなるもの。前出のプランナーはこう語る。「圧倒的知名度を誇る芸能人が不祥事を起こした場合、起用する会社はなくなるため、必然的にギャラは安くなります。炎上覚悟でその人を起用して話題化をしようとする“やんちゃ”な会社もこれからは登場するかもしれません。何しろかつて5000万円のギャラだった人を3000万円で起用できる、といったケースもあり得るわけですから」 不祥事芸能人を使うのは一か八かの賭けではあるものの、「不祥事後初CM」「懺悔の出直し」などと多くのメディアで報じられるため、コスパは良いと考えられているのだ。あとは起用する側の腹のくくり方次第ということである。『ハズキルーペ』のCMには、不倫が報じられた渡辺謙が起用された。ハズキカンパニーの松村謙三会長兼CEOは週刊文春の取材に渡辺のギャラが2億円であることを明かしており、決して安くはないものの、「新聞も企画書も小さ過ぎて読めない!」と絶叫する迫真の演技が話題となった。「代表の権限が強く、思い切ったことをやるハズキカンパニーだからこそ渡辺さんは起用できたと思います。他の会社であれば不倫が報じられた芸能人はなかなか手を出さない。その点、松村会長兼CEOは賭けに勝ったと言えるのではないでしょうか」(前出・プランナー) 現在、広告業界では「身体検査」は非常に厳格になっているという。コロナで広告費を削減する動きもある中、炎上しそうな芸能人を極力起用しない流れができている。最近では不祥事に加え、「政治的思想」もチェックリストに入ってきている。 国際政治学者の三浦瑠麗氏がアマゾンプライムのCMに出演したところ、彼女の思想に反対する勢力がツイッターで「#Amazonプライム解約運動」のハッシュタグをつけて抗議の意思を示した。その後、YouTubeでは同動画が見られなくなった。「これ以降、広告業界では『身体検査』について『政治的発言もチェックすべきでは』という声が出ています。右派・左派両方から叩かれやすい人がリストアップがされるケースもあります」(前出・プランナー) 不祥事どころか政治的思想まで考慮しなくてはいけないのが広告というものらしい。今や、何がきっかけとなって炎上するかわからないもの。起用する側も慎重にならざるをえないのかもしれない。
2020.10.02 07:00
NEWSポストセブン
好感度タレントはもう卒業(時事通信フォト)
ベッキーは転落 好感度タレント最高峰が勝俣州和である理由
 芸能界において、“好感度の高さ”というのは財産であると同時に、どこか頼りないものでもある。視聴者層が抱くイメージという“実態のないもの”を根拠にしている以上、たった一度のスキャンダルで仕事が激減してしまうリスクがあるのだ。彼らがタレントとして生き残るには何が必要なのか。 バラエティで天下を獲り、“ワイプの女王”と呼ばれた矢口真里は、2013年に不倫報道が出た後、芸能活動を無期限休止する事態になった。メディア露出がゼロになり、当時は芸能界引退も考えていたらしい。しかし、近年は少しずつ仕事も増え、『矢口真里の火曜The NIGHT』(ABEMA)や『YUBIWAZA』(MBS)とレギュラー番組も抱えている。 また、不倫相手だった元モデル男性と2018年に再婚し、昨年8月に第1子男児を出産した際は、「ここまで来たら一途ではないか」という声も寄せられた。不倫愛を貫いたことにより、徐々にイメージが回復していくのかもしれない。 スキャンダル発覚後、新しいキャラをまだ模索中という印象なのがベッキーだ。バラエティタレントの中でも、とくに「明るく元気な優等生」というキャラクターで知られていただけに、2016年の“ゲス不倫”報道は世間に衝撃を与えた。現在はスキャンダルを自らネタにするなど、新たな一面を打ち出してはいるが、「明るく元気な優等生」に代わるベッキー像が世間に浸透しているとは言い切れない。こちらも元プロ野球選手で現在は巨人軍の片岡治大2軍内野守備走塁コーチと結婚し、今年3月に第1子を出産したが、これで世間の心証に変化が起きるかは未知数だ。 最近だと、小島瑠璃子と大人気漫画『キングダム』の作者・原泰久氏との“お泊り愛”も注目を集めた。お互い独身で何の問題もないはずだが、もともと『キングダム』読者の間で原氏は別れた妻、子供と家族仲が良いイメージだったために、様々な憶測を呼んでしまっているようだ。 芸能人にとって、“好感度の高さ”というのは、強力な武器であるからこそ、注意して扱わないといけないものなのだろう。少なくとも不倫が発覚してしまったら一発アウトのようだ。 エンタメライターの西澤千央氏は、「好感度の高い芸能人の落とし穴というのは『自分の人気を確かめようがないところ』にあるのではないかと思っています」と指摘する。「テレビにはたくさんキャスティングされる、スポンサーもついている、だけど実際一般視聴者たちはどれくらい自分のことを求めているのか? “好感度”というものの、その実、中身の無さ。これに気づいてしまう人から、転落してしまう気がします。 たとえばベッキー。抜群の勘とセンスでバラエティの女王にまで成り上がったものの、『ベッキー♪♯』名義でスタートしたアーティスト活動の方はいまいちパッとしませんでした。私の人気ってなんなの? 単なるスタッフウケ? スポンサーウケ? そんなときに出会ったのがゲスの極み乙女。だったのでは。CDやライブにお金を払う“ファン”、実体のあるファンに支えられているアーティストに、自分にはないものを感じ惹かれていった面もあるのではないでしょうか。こじるりにも同じことが言えるかもしれません」(西澤氏) 西澤氏はバラエティタレントの理想として、なんと勝俣州和を挙げる。「バラエティタレントは決して自分を掘ってはいけない。そこには何もないことを確かめてはいけない。そういった点から、やはりだれも追いつけない場所に立っているのは勝俣州和なのでしょう。勝俣州和は勝俣州和を疑わない。勝俣州和は勝俣州和を生きることに迷いがない。以前『水曜日のダウンタウン』(TBS系)で『勝俣州和のファン0人説』というのを放送していましたが、『ファン0人』とは言ってみれば本物のバラエティタレントたる証し。テレビ業界における空気や水のような存在に徹することが、好感度タレントが好感度タレントのまま生き残る唯一の方法と言えますが、それを望む人はあまりおらず、だからこそ未だ勝俣州和の座が脅かされないままなのです」 好感度と自我の間で芸能人は引き裂かれる──。●取材・文/原田イチボ(HEW)
2020.09.22 16:00
NEWSポストセブン
渡辺謙は会見で自らを「スキだらけ」とかたった(時事通信フォト)
渡辺謙、川崎麻世、矢口真里… 芸能界不倫騒動15を振り返り
 東出昌大の不倫騒動が波紋を広げているが、芸能人の不倫は長年にわたって週刊誌やワイドショーを賑わせ続けてきた。ここでは、そんな不倫騒動の数々を、振り返ってみる。(順不同)◆妻が離婚の意思を女性誌で決意の告白!(1998年):松方弘樹×仁科亜季子 それぞれ会見を開き、松方は「亜季子が最高の伴侶」と語るも、その後離婚。不倫相手だった元女優は離婚後も松方を支え、最期を看取った。◆鬼嫁が見つめる異例の「妻同伴」会見(1993年):川崎麻世×カイヤ×斉藤由貴 斉藤由貴との不倫報道を釈明する川崎と、鬼の形相で見つめるカイヤ。それぞれ恐妻家、鬼嫁というイメージがついた。2018年から離婚をめぐる裁判が続いている。◆「いまでも愛してる」会見で復縁も再離婚(1985年):山城新伍×花園ひろみ 1985年にOLとの愛人関係が報じられ、別居後離婚したが、山城が会見で「いまでも愛している」と復縁を迫り、1991年に再婚。1999年に再離婚した。◆魔性の女が言い放った「奧さんがいたらだめですか」(1995年):真田広之×手塚理美×葉月里緒奈 不倫報道後、葉月が雑誌で「奧さんがいたら、いけないんですか?」と発言して報道が過熱。真田との関係を解消した1998年に葉月はヘアヌードに。1997年に離婚。◆“鬼嫁に頭が上がらない”キャラの元祖(1982年):峰竜太×海老名美どり 浮気相手のロマンポルノ女優・朝比奈順子との三者会談を済ませた後に夫婦で会見を開き、「もう二度と浮気はしません」と平謝りした。婚姻継続中。◆最期まで揺るがなかったキンキン愛(2007年):愛川欽也×うつみ宮土理 2007年に44歳年下女優との不倫が報じられた。度重なる愛川の女性問題にもうつみは寛容で、「キンキンかっこいい!」と常におしどり夫婦ぶりをアピールした。2015年に死別。◆「不倫は文化」発言で離婚後、恋人とも破局(1996年):石田純一×松原千明 モデル・長谷川理恵との関係が報じられ、「不倫は文化」発言が主婦層を中心に反感を買って石田の仕事が激減。長谷川とは9年の交際を経て破局した。1999年に離婚。◆自著で“暴露”もおしどり夫婦を貫いた(1985年):長門裕之×南田洋子 1985年の自著『洋子へ』で女性遍歴が実名で暴露され、会見で「出版社が捏造した。買わないで」と訴えた。認知症になった南田の介護はその罪滅ぼしだったか。◆妻の闘病中に不倫で娘と絶縁!?(2017年):渡辺謙×南果歩 東出の義父にあたる渡辺は妻のがん闘病中に21歳下のジュエリーデザイナーと不倫し、会見で自身を「スキだらけ」と反省。娘の杏から絶縁されたとも報じられた。2018年に離婚。◆浮気夫の懸命な涙も妻には届かなかった(2004年):大鶴義丹×マルシア 2003年に妻の留守中に女性を自宅に招き入れ、帰宅したマルシアと鉢合わせ。大鶴は「マーちゃんごめんね!」と会見で涙ながらに謝罪するも、離婚(2004年)を回避できなかった。◆“クローゼット不倫”後も愛を貫いた(2013年):中村昌也×矢口真里 自宅で浮気相手との逢瀬の最中に夫が帰宅して不倫騒動となり、矢口は全てのレギュラー番組を降板。同年に離婚し、その後2018年に浮気相手だった男性と再婚した。◆神対応で妻を守った「路線バスの男」(2017年):太川陽介×藤吉久美子 藤吉の不倫報道で太川が会見し、「かみさんだもん、僕は信じる」と神対応。数時間後に藤吉も会見し「彼に守ってもらわないと生きていけない」と号泣した。婚姻継続中。◆人間国宝の妻は“下半身スクープ”にも動じなかった(2002年):中村鴈治郎(現・坂田藤十郎)×扇千景 ホテルで舞妓に下半身を露出する写真を写真週刊誌に撮られたが、坂田は「私が元気だってことを証明してくださって」と余裕。扇も「まったく問題じゃない」と平然としていた。婚姻継続中。◆夫の不徳を許して示した“梨園妻”の覚悟(2016年):中村橋之助(現・芝翫)×三田寛子 芝翫襲名を目前に京都の芸妓との密会が報じられ、橋之助は「私の不徳」と頭を下げた。三田も「家族5人で頑張ります」と答えて乗り切った。婚姻継続中。◆飲酒運転で浮上した不倫疑惑でも平謝り(2006年):中村獅童×竹内結子 酒気帯び運転と信号無視で検挙された際に女優の同乗が発覚。会見では「友人の女性」と説明したが、2年後に竹内と離婚。中村は2015年、竹内は2019年に再婚した。※週刊ポスト2020年2月14日号
2020.02.06 07:00
週刊ポスト
渡辺謙は会見で自らを「スキだらけ」とかたった(時事通信フォト)
芸能人の不倫叩き激化、ネット・CM・製作委員会がもたらした
 俳優・東出昌大(32)と若手女優・唐田えりか(22)の不倫騒動の火が消えそうにない。妻である女優の杏(33)が第3子を妊娠していた3年前から関係が続いていたこともあってか世間の目は厳しく、4社あったCMも全て降板。「不倫の代償」は高くついた。 昭和の銀幕スターや歌舞伎役者の女遊びは「芸の肥やし」と言われ、世間の目も今ほど厳しくなかった。それが近年の“バレたらアウト”という風潮に変わった背景には、ネットの普及と芸能界を取り巻くビジネスモデルの変化がある。長年にわたって芸能人の男女トラブルを取材してきた芸能レポーターの城下尊之氏が語る。「これまでは週刊誌やテレビが一通り報道し終えれば騒動は鎮静化しましたが、今はネットで炎上してしまうため雪だるま式に話が大きくなる。島田紳助さんも先日YouTubeで話していましたが、“無頼”な性格の人が多い芸能人にとっては生きにくい時代になった。 また、タレントにとって稼ぎ頭がCMになったことも大きい。昔は映画が絶対で、テレビドラマですら下に見られていたくらい。スポンサーがいるCMは当然、コンプライアンスに厳しくトラブルは御法度ですからね。 たとえCMに出ていなかったとしても、最近の映画は製作委員会方式を取っていますから作品ごとに多くのスポンサーが名を連ねている。ほとんど全てのタレントが品行方正であることを求められるようになってきた」 しかし、かつてのタレントは自由な空気であったがゆえに、今では考えられないような破天荒な愛憎劇を見せてくれた。芸能レポーターの石川敏男氏が過去の大騒動を振り返る。「最も記憶に残っているのが、川崎麻世が斉藤由貴と不倫したときの記者会見ですね。麻世の横で妻のカイヤが腕を組みながら厳しい表情で睨みつける姿は異様だった。あれで“恐妻家”のイメージが定着しましたが、実はあの頃のカイヤは日本語がよく分からなくて、単に連れてこられただけらしいです。 結局タレントとしてはそのキャラで成功した。あとは大鶴義丹の涙ながらの『マーちゃんごめんね!』も名言でした。彼らには、良くも悪くも騒動を話題にする図太さがありました」 さらに、昭和・平成の芸能史を振り返ると、不倫騒動で多くの“修羅場”を迎えてきたのが「梨園」の世界だ。ここでは「芸の肥やし」で許されるかどうかは、妻の“器量”によって明暗が分かれた。「やはり不倫というのは芸能人といえど家庭の問題。騒動を収束させるには奥さんが出てきて『お騒がせしました』と言うのが一番。坂田藤十郎さんが芸妓とホテルで下半身を露出した姿を撮られた時の扇千景さんの対応はそれは堂々としたもので、格の違いを感じました。 矢口真里やベッキー辺りから世間の目が厳しくなって、服装や会見も平謝り一辺倒になった。昔は浮気した夫もされた妻も強気で、ピリピリした空気の会見が怖くもあり芸能界の凄味を感じたけど、最近はちょっとつまらないですね」(同前) 今回の東出の騒動では会見もなければ杏のコメントも出ていない。今後の趨勢を決めるのは、妻の対応次第かもしれない。※週刊ポスト2020年2月14日号
2020.02.04 16:00
週刊ポスト
離婚は避けられなかった(ABACA PRESS/時事通信フォト)
東出昌大を擁護する芸能人、“無能な身内”が足引っ張る例
 東出昌大(31)が、唐田えりか(22)との不倫を受け、CMを4社降板となった。今回の騒動では東出の“イクメン”“おしどり夫婦”的イメージとはあまりにも異なる実態が明らかになっただけに、「通常の不倫報道よりもネット上のバッシングは苛烈になっている。これに匹敵するのはベッキーと矢口真里の時以来」(ネットニュース編集者・中川淳一郎氏)という意見もあるように、第一報から2週間近くが経過しているにもかかわらずなかなか収束しない。 そんな状況に苛立ちを感じたのか、多くの男性芸能人がこの件について直接的ないしは間接的に東出を擁護する意見をテレビ番組やSNSで発信し続けている。具体的な個人名を出すことは避けるが、論調としては以下のようなものだ。「どうしてしょせんは他人のことなのにここまで徹底的に糾弾するのか? 無意味な行為だろう」「不倫を擁護するわけではないが、明らかに度を越した叩きっぷりだろう」「東出を叩いて良いのは妻である杏と仕事関係者のみ」 まったくもって正論なのである。とはいっても、こうして発言をすることはその芸能人にとってはあまり得策ではない。東出・唐田に対するネット上の罵詈雑言の数々に嫌気がさしているのだろうが、結局、ネットでは「こいつも不倫をしているからこんな発言をするのだろう」といった方向に収束してしまうのだ。 今回の件で「とにかく東出さんの不倫について言及するのはやめてくれ……」と嘆きが聞こえてくるのが広告業界だ。何しろ、「芸能界の男ども“総出”で東出昌大を過剰擁護の異常事態!」(まいじつ)、『「鈴木紗理奈のコメントが真理!」と賛同の声 東出昌大を擁護する芸能人が“男ばかり”のなぜ』(Techinsight)といった記事が出て、擁護した男性芸能人がまとめられているのだ。 後者の記事については鈴木紗理奈が『サンデージャポン』(TBS系)で「竹山さん、浮気してんのとちゃうかな」というジョークを発したことに触れられているが、これがまさに擁護者に対するネットの意見の多くなのだ。広告代理店のプランナーはこう語る。「今、クライアントからはタレントの『身体検査』がこれまで以上に厳しく求められています。過去に不倫経験がある人を起用するのは躊躇しますし、今回のような“擁護者”と捉えられかねない人に対しても起用をためらってしまうかもしれません。ネットの声や鈴木紗理奈さんが述べるように、自分も不倫しているから擁護しているのでは?と余計な詮索をされてしまいます。いくら正論であろうが、こうした発言への反発が毎度出ていることを知っていてあえて発言する必要はないのでは」 これは発言を封じようということではなく「どうせ反発されることを言う判断に疑問」といったところだろう。男性芸能人がこうした発言をすることに対し、「身内からの擁護」的な指摘も出ているのだが、これに既視感があるというのは前出の中川氏だ。「2015年の東京五輪エンブレム騒動では、当初発表されたエンブレムのデザインが“パクリ”だとベルギーのデザイナーから声があがり、以後エンブレムをデザインしたデザイナーがパクリの常習犯、的な扱いを受けました。その時、名の通ったデザイナーが一斉に彼を擁護しましたが、結局は火に油を注ぐだけでした。ネットでは『セレブの皆様方が我々を見下していらっしゃるのですね?』といった反応が多かった。一部デザイナーは当該デザイナー同様に過去の作品を引っ張り出され、パクリ疑惑をネットで指摘される事態になりました」 結局、擁護をしたデザイナーが軒並み非難の的となり、騒動が収束するばかりか連日の「ガソリン投入」状態になり、炎上が続く一因となった。今回の件についても同様の構図となっているというのだ。 結局“無能な身内”が当事者をより窮地に追い込み、さらには自分自身にも火の粉がふりかかってしまうということだろう。
2020.02.04 16:00
NEWSポストセブン
1994年に何が起こったのか(新しい地図の3人)
自由闊達に生きる元アイドル、メディア・広告で重用の理由
 かつては、手の届かない存在で清廉なイメージが強かったアイドル。ここ最近、そうしたアイドル像が変化してきていることがメディア関係者の間でしきりに話題にのぼっている。来たる2020年、令和の時代のアイドル像はいかに変化するか? 業界関係者が語り合った。【会参加者4名】広告会社社員(30代・男性)=以下「広告」WEBメディア編集者(40代・男性)=以下「WEB」雑誌編集者(30代・女性)=以下「雑誌」フリーライター(20代・男性)=以下「ライター」WEB:元々アイドルって「アイドルはうんこしない」と言われたように、恋愛もしない、とにかくかわいらしい存在としての立ち位置が求められていました。だからこそ、古くは高部知子がニャンニャン写真騒動で大バッシングを受けましたし、AKBグループの「恋愛禁止」みたいな規律もある。広告:今、我々の間でキャスティングをするにあたって、「元アイドル」が重要な存在になっています。理由は、「自由な姿」のアイコンになっている面があるからです。元AKBの川栄李奈や前田敦子、元ももいろクローバーZの早見あかりなんかはその最たるものでしょう。あとは「新しい地図」(稲垣吾郎、香取慎吾、草なぎ剛)もそうです。広告って「新しい道を歩こう」的なメッセージを打ち出すことが多いので、アイドルをやめてその後俳優なりミュージシャンなりの活動をする人々の評価が高まっていると思います。雑誌:確かにアイドルはアイドルでいる間は「偶像」的な立ち位置であるかもしれませんが、辞めてしまえばその後は自由奔放に活躍しているイメージがありますよね。赤西仁や錦戸亮なんて「億万長者」なんて報じられたりもしますから。ライター:それまでアイドルグループにいた人が一人になった場合、「私がサポートしなければ」と積極的にファンクラブに入ったりライブに行くなどして、結果的にファンがより濃厚に応援してくれるとそれが多額の収入に繋がっていくのかもしれません。WEB:あとはファンのありようも変わってきた感じがしますよね。東洋経済オンラインに『日本でファンによる「応援広告」が急増したワケ』という記事がありしましたが、元々芸能人をPRする広告って、事務所がお金を払って駅貼りポスターやデジタルサイネージの枠を確保していましたが、最近はファン同士が連携し、お金を出し合って「応援広告」を制作し、世に出す、ということが増えているということを書いた記事です。広告:SMAPの解散以後、その流れは進んでいるような気がしますね。「集合体としてのアイドル」というパーソナリティ以上に、「一人の男性」「一人の女性」という見方をするようになっている。冒頭の「アイドルはうんこしない」論はもはや存在しないし、NGT48の一連の騒動にしても、ファンとメンバーの繋がりがあったことなども白日の下に晒された。嵐・二宮和也の結婚発表に傷ついたファンも多いとは思いますが、「アイドルだって結婚はするよね……」的な空気は熱烈過ぎるファン以外ではもう醸成されているのです。雑誌:とはいっても、アイドルを「一人の個人」として見て、その人格も含めて応援する、という流れというのはモーニング娘。の頃からすでにできていたような気がします。辻希美なんて、今や日本最強クラスの芸能人ブロガーになり、最近ではYouTubeチャンネルまで開設し、活躍の場を広げています。WEB:モーニング娘。の元メンバーもそれぞれ藤本美貴や保田圭のように「ママタレ」になったり、中澤裕子のように「地元密着タレント」になったりする。あとはヤンキースの田中将大と結婚した里田まいは過去の「おバカキャラ」から完全脱却し、夫の健康管理のことも考える「良妻賢母」的なポジションを獲得しました。雑誌:「個」が確立されたとはいうものの、矢口真里や後藤真希の不倫騒動やら、吉澤ひとみの飲酒運転なんかもありましたね……。ライター:アイドルであってもミスは犯すし、「一人の人間」であることを示した面もあるといえるでしょう。WEB:ちょっと話は変わりますが、先日も香取慎吾のインタビューで、「新しい地図」の3人で「やりたいこと」を話し合ったものはすべて叶った、という記事がありましたが、こういうのを見るアイドルグループのメンバーはどう思うんですか? あれは企画した編集者的には「いいコメントGET!」のようなものだとは思います。でも、広告的には「グループとして起用したかったのに……」みたいなものはあるのでは?広告:まぁ、そこはその時代時代に合わせて最適な人をキャスティングするのが広告のあり様なわけで、アイドル像が変われば我々もそこに合わせるだけでしょう。雑誌:そういった意味で大きいのは2020年末をもって迎える嵐の活動休止でしょう。後進は次々と育っているものの、やはり「国民的アイドル」といった存在はいなくなってしまう。2021年はその流れを受け、アイドルグループのメンバーであろうとも自由に恋愛を謳歌したり、毒舌キャラになる人が出てくるかもしれない。刺青を見せつけるような人も出るかもしれない。ライター:それはそれでアイドルの新しい姿ということで、けっこう面白そうですけどね(笑)
2019.12.25 16:00
NEWSポストセブン
相次ぐ韓国の芸能人自殺 日本と韓国との差は何か
相次ぐ韓国の芸能人自殺 日本と韓国との差は何か
 K-POPは世界中で大人気だし、グループへの選抜オーディション番組は日本でも放送日になるとネットのホットワードに浮上するほど憧れの存在だ。ところが、韓国では芸能人の自殺が相次いでいる。その多くがネットの誹謗中傷がきっかけだ。ネットニュース編集者の中川淳一郎氏が、芸能人の自殺について日本と韓国の差について考えた。 * * * 韓国のガールズグループ・KARAの元メンバーであるク・ハラさんが自殺した。彼女の死因について、識者は女性アイドルグループ・f(X)の元メンバーでハラさんの親友であるソルリさんの自殺が影響しているのでは、と意見している。ソルリさんはSNSを含めたネットでの罵詈雑言に心を病み自殺した、とも言われているが、ハラさんにも凄まじい暴言が寄せられていた。 ネットの誹謗中傷との因果関係について断定することは避けるが、5ちゃんねる(匿名掲示板、旧2ちゃんねる)では、こんな意見が書き込まれた。〈日本の芸能人ってメンタルつえーよな ボロカス書かれても堂々と生きてるもんな〉 確かに、日本ではネットの書き込みが原因で自殺したという芸能人はあまり聞いたことがない。2013年、ブログが炎上し、テレビ局からも追い回された岩手県議の小泉光男氏(享年56)がその後自殺したことはあるが、これをネットの誹謗中傷と関連させるのは違和感がある。同氏は生前、そこまでネットを頻繁に見ていたような形跡が見られないのだ。 5ちゃんねるではこうも書かれた。〈日本の芸能人の場合、叩かれて自殺って聞かないよね こんなに自殺者がでるってどんな叩かれ方してんの?〉 これについては、日本では「バカ」「アホ」「クソ」「カス」などはあるものの、罵詈雑言のラインナップが乏しく「雰囲気」で痛めつけるが、韓国語では直接的なヒドい言葉がある、という指摘もあった。これも決定的な意見かどうかは分からない。 日本でも叩かれ続ける(ないしは過去に猛烈に叩かれた)著名人を列挙する(敬称略)。辻希美、ベッキー、西野亮廣、高梨沙羅、玉川徹、堀江貴文、張本勲、前澤友作、村本大輔、misono、紗栄子、矢口真里。 彼ら以外にも多数存在するが、とりあえずは代表的な人々を挙げた。ただ、いずれの人物にしても一定数の味方がいたり、スルースキルや反論スキルがすごい。そもそもネットを積極的に使っていない人物も混じる。 この中に名前を入れた『羽鳥慎一モーニングショー』(テレビ朝日系)でコメンテーターを務める玉川氏は、ハラさんの話題を扱った時にネットとの付き合い方に言及。同氏は自身がネットで叩かれていることは知りつつも、ネットと現実とは分けて考えていると述べた。これこそが大切なのである。5ちゃんねるでもこう書かれた。〈SNSなんかしなきゃいいんじゃね 落書きも目に入らなきゃ気にはならんだろ〉 ネットに取り上げられた場合や、自分がSNSで何かを書いた場合、著名人に対して悪口がゼロということは絶対にない。理由は「アンチ」は何をしようが叩く反射神経を持っているからだ。被災地ボランティアをしても「偽善者」扱いだ。 なぜ日本では韓国ほどネットの誹謗中傷が自殺に繋がらないのか……。「粘着」は日本でも多数存在するが、韓国と比べたら「恨(ハン)」の念が浅く、苛烈な粘着度合いが弱いのでは。長崎・広島に来たローマ教皇に対し、被爆者が「原爆を落としたアメリカを一生責め続けてください」とお願いするのではなく、平和を訴える姿を見てそう思った。●なかがわ・じゅんいちろう/1973年生まれ。ネットで発生する諍いや珍事件をウオッチしてレポートするのが仕事。著書に『ウェブはバカと暇人のもの』『ネットのバカ』など※週刊ポスト2019年12月13日号
2019.12.02 16:00
週刊ポスト
涙を流して謝罪した宮迫とロンブー・亮(時事通信フォト)
宮迫&亮、謹慎期間はどれくらい? さんま舞台なら早期復帰も
 吉本興業内でのお家騒動へと発展した闇営業問題。謹慎処分となった芸人たちの今後も気になるところだ。 今回の騒動において、反社会的組織のパーティーでの闇営業を仲介したカラテカ入江慎也は早い段階で契約解消となり、そのほかの芸人たちは謹慎処分という形となった。 そして、当初闇営業において金銭は受け取っていなかったと虚偽の説明をした雨上がり決死隊・宮迫博之は一旦契約解消となったものの、後に岡本昭彦社長が記者会見で契約解除の撤回を発表。会見で「契約解消の状態」だと認識していると話していたロンドンブーツ1号2号の田村亮については、謹慎処分という形のままとなっている。 つまり現時点では、闇営業に参加した芸人のうち、契約解消となったのは入江のみ。そのほかの芸人たちは「吉本所属のまま謹慎」という状態となっている。 また、宮迫が金塊強盗犯との酒席に同席し、金銭を受領していたとの報道については、宮迫は潔白を主張しているが、吉本側は態度を保留。契約解消の撤回の再検討もありうる状況だ。「宮迫さんと亮さんは、吉本に対して不信感を抱いた状態で、会見を開きました。相当な覚悟の上での決行だったはずであり、仮に吉本側が戻ってきてと頼んだとしても、そう簡単に受け入れないのではないでしょうか」(ベテラン芸能記者) そんななか、吉本興業の大先輩である明石家さんまが、自身の個人事務所で宮迫を預かる意思があることを7月27日放送のラジオ番組『ヤングタウン』(MBS)で表明している。「さんまさんの個人事務所は『オフィス事務所』という名前で、マネジメントをする会社ではなく、主にさんまさんのギャランティーの管理などを行っている会社です。また、さんまさん主演のコント舞台の制作なども行っています。仮に宮迫さんが所属した場合、そういったコント舞台に出演したり、さんまさんの番組などに出演したりする道が考えられます」(前出・ベテラン芸能記者) 一方、亮については、若手時代から慕っている先輩の極楽とんぼ・加藤浩次と行動をともにするのではないかと報じられた。 今回の騒動において加藤は自身がMCを務める『スッキリ』(日本テレビ系)で、「大崎会長、岡本社長が退陣しなければ、吉本を辞める」と発言。その後、大崎会長と会談の場を設けたが、話し合いは平行線だったという。エンタメ業界に詳しいフリーライターの大塚ナギサ氏はこう予測する。「今後も加藤さんと吉本との話し合いは続いていくでしょうが、加藤さんの意思も固そう。吉本としても、そう簡単に大崎会長と岡本社長の2人が辞任するとも思えないので、交渉は難航するはず。結論が出るまでの時間、亮さんは吉本所属という状態のまま謹慎を続けることになると思います」 では、宮迫と亮の謹慎期間はどれくらいになるのだろうか。最近の芸能人の謹慎期間について、前出の大塚氏はこう話す。「どんな不祥事を起こしたかによって謹慎期間は異なってくるわけですが、同時にどれだけ世間を騒がせたか、あるいはしっかり謝罪したかどうかということも考慮される傾向にあります。謝罪会見がうまくいったならば、比較的短い謹慎期間で済むケースもありますが、初動の対応がまずかったならば、謹慎が長期化することもあります」 たとえば、不倫騒動の矢口真里やベッキーは、当初の会見でしっかり説明しなかったがために、続報が出てきて矛盾点を指摘されることとなった。その結果、バッシングの対象となり、活動再開までに時間がかかってしまった。「最初に虚偽の説明をした宮迫さんは特に罪が重い。そういう意味では、復帰まで時間がかかるでしょう。ちなみに、矢口さんの場合、約1年半活動休止となっていたので、宮迫さんについてもそれと同じくらいか、それ以上の謹慎もありうると思います。亮さんについては、宮迫さんよりも罪は軽いので、今後の所属が決まれば、比較的早い復帰もあるでしょう」(前出・ベテラン芸能記者) ちなみに、宮迫がさんまの個人事務所に所属した場合は、舞台での復帰が濃厚だとの声もある。「さんまさんは、番組出演の際に“誰々を使ってくれ”という形でキャスティングに口を出すことはほとんどないと言われています。つまり、宮迫さんの復帰のためにテレビ局に働きかけるというようなことは考えにくい。そうなると、さんまさんが宮迫さん復帰の場として用意できるのは、オフィス事務所が主催するコント舞台となる可能性が高い。コント舞台であれば、さんまさんの意向で復帰時期を決めることができるので、早めの復帰も考えられるということです」(お笑い業界関係者) では、もしも加藤浩次が亮とともに独立した場合はどうなるのだろうか。「独立したタレントが旧所属事務所のタレントとの共演しにくくなるということは、以前であればよくあることでした。しかし、ジャニーズ事務所に対して公正取引委員会の調査が入ったということもあり、独立や移籍によって活動に制限されることはNGだという認識が広がっている。つまり、加藤さんや亮さんが吉本を離れたとしても、これまで通り吉本芸人と共演できる可能性も高いと思われます。亮さんについては、半年くらいの謹慎は避けられないとは思いますが、同情の余地もありますし、復帰を果たせば、以前と変わらぬ活動ができると思います」(前出・お笑い業界関係者) そもそも、謹慎なのか、契約解消なのか、処分の内容も確定していない宮迫と亮。復帰に向けて踏むべきステップまだまだ多い。いずれにしろ問題収束には時間がかかりそうだ。
2019.07.29 16:00
NEWSポストセブン
『テレ東音楽祭』高視聴率を実現した“正直路線”の丁寧な作り
『テレ東音楽祭』高視聴率を実現した“正直路線”の丁寧な作り
 6月26日に放送された『テレ東音楽祭2019』(テレビ東京系)が視聴率9.7%(ビデオリサーチ調べ/関東地区。以下同)を記録し、今年6回目を迎えた特番で歴代最高の数字を叩き出した。辻希美と加護亜依のユニット『W(ダブルユー)』が13年ぶりに復活し、嵐やKing & Prince、森高千里などがメドレーを披露。歌手の個の力で興味を引き寄せたのは間違いないが、それに加え、製作陣が細やかな配慮で視聴者を飽きさせなかった点も大きい。『テレ東音楽祭』の魅力は、情報量の多さにある。他局の音楽特番も最近は、映像の日付を記載し、当時のテロップを消さずに載せるようにしているが、『テレ東音楽祭』は以前からその2つを遂行し続けている。できる限り、あの頃のまま“正直に”オンエアしている。 今回も、辻と加護のモーニング娘。のオーディション風景を振り返る『ASAYAN』のVTRを当時の川平慈英の〈ASAYANクッ~~〉というナレーションから始めた。わずか3秒の挿入だが、この配慮が視聴者に懐かしさを感じさせる。 19歳の広末涼子の映像ではワイプで映る篠原ともえや後藤真希、矢口真里、保田圭もそのままオンエア。あの頃の情景を甦らせた。 昨年に引き続き、酒井法子の歌唱シーンでは〈ナレーター 田代まさし〉の文字とともにマーシーの声が流れるVTRを使用。『夢冒険』などの歌詞は消さずに当時のまま使う一方で、〈ナレーター 田代まさし〉の文字は今回のために加えたと推察できる。 なぜなら、過去映像と比べると、字のフォントや濃さが異なり、〈当時16歳〉という編集で加えた文字と同じように見えるからだ。このような細かい芸も視聴者を離さない要因だろう。 酒井の場面では、〈1987年10月18日放送『歌え!アイドルどーむ』〉というテロップを見て、司会のTOKIO国分太一は「『歌え!アイドルどーむ』って、俺出たことあるなあ」と呟いた。情報が記憶を甦らせ、視聴者にもう1つの情報を与えたのだ。 ナレーションでも、当時の空気を再現しようという正直な姿勢が窺えた。スタジオ歌唱の吉田栄作を紹介する際には〈織田裕二さん、加勢大周さんと並んでトレンディ俳優の平成御三家の1人〉と鷲見玲奈アナが読み上げた。芸能界を引退した加勢大周の名前をテレビで久しぶりに聞いたように感じる。 他局に比べて過去映像が少ないデメリットは、工夫で補った。1980年代から1990年代に掛けてのヒットドラマを振り返るコーナーで、田原俊彦の『抱きしめてTONIGHT』(1989年1月22日放送『歌え!ヒット・ヒット』)が流れた。 この映像は、直近1年のテレ東の音楽特番でおそらく3回目のオンエア(※1)である。私の調査によれば、田原俊彦のテレ東出演は1988年2本(※2)、1989年3本(※3)であり、きっと『抱きしめてTONIGHT』の映像はこの1本しかない。【※1:他の2つは、2018年9月30日『3秒聴けば誰でもわかる名曲ベスト100』と2019年2月24日『平成ヒットソングス!~次の年号に持っていきたい名曲SP~』。※2:1月17日『歌え!アイドルどーむ』、12月25日『歌え!ヒット・ヒット』。※3:1月22日、29日、2月5日『歌え!ヒット・ヒット』】 同じ映像の使用を避けられない分、同曲が主題歌のドラマ『教師びんびん物語』(フジテレビ系)の1シーンを挟み、マンネリにならないようにしたのだろう。 番組では、KARAの元メンバーであるHARAが『ミスター』を披露している途中に衣装が下がってしまい、下着が露出してしまった。歌唱後、このアクシデントについてスルーせず、司会の国分がHARAにも話を振った。形式的な説明だけで終わってもおかしくない場面で、きちんと言及した。 数々の細かな積み重ねが歴代最高視聴率を生んだのではないか。 ただ、“正直さ”を通してきた番組の中で、1つ気になる点があった。新聞のテレビ欄で〈“嵐がテレ東初登場”22年前ジュニア時代の貴重映像は夜9時過ぎ〉と謳っていたが、貴重映像も嵐の出演も21時55分頃だった。21時35分、CMに入る前に〈このあと 嵐のスーパーメドレー!〉と振ったものの、登場は約20分後だった。 せっかく、お宝映像やナレーションで“正直さ”を売りにしてきたのに、過度な引っ張りは視聴者をシラケさせたのではないか。 番組の瞬間最高視聴率は午後9時9分、10分と2度記録した12.6%で、バブルガム・ブラザーズ『WON’T BE LONG』の歌唱時だったと報道されている。2人のパフォーマンスに魅せられての結果だと思うが、事前告知で嵐が〈夜9時過ぎ〉に登場すると読めるため、一定数の視聴者が「もうそろそろかな……」とこの時間帯にチャンネルを合わせた可能性も否定できないだろう。 局の知名度や人気が上がれば、今までは出なかったタレントをブッキングできるようになり、高視聴率が期待される。裏を返せば、それは他局と似たような番組構成になる危険性を孕んでいる。『テレ東音楽祭』の“正直路線”は来年以降、どうなるか──。●文/岡野誠:ライター・芸能研究家。研究分野は松木安太郎、生島ヒロシなど。著書『田原俊彦論 芸能界アイドル戦記1979-2018』(青弓社)の3刷が決定。同書では1982年、1988年の田原俊彦ほぼ全出演番組を内容や視聴率、テレビ欄の文言などと記載。巻末資料も充実している。
2019.06.28 16:00
NEWSポストセブン
矢口真里とは何が違った?(時事通信フォト)
後藤真希の不倫、“逢瀬に漂う生活臭”で大バッシング回避
 かつてアイドルとして一世を風靡した元「モーニング娘。」のゴマキこと後藤真希(33)。3月14日発売の『週刊文春』で、彼女の“ドロ沼不倫”が報じられた。 記事によれば、2児の母である彼女の不倫は、至って“生活臭”がするものだった。相手の男性とはオンラインゲームを通じて交流を深め、連絡手段はSNS。デートの舞台は「ららぽーと豊洲」というファミリー御用達のショッピングモールだった。 後藤と不倫相手は平日の昼間に「ららぽーと」内のシネコンで映画を観た後、男性が宿泊するアパホテルに移動し、2度ほど肉体関係を結んだという。また不倫発覚の“証拠”のひとつは彼女が運転する自家用車のドライブレコーダーの記録だったとされる。 芸能人の不倫密会といえば、会員制のラウンジや高級ホテルを舞台としたゴージャスなものが多い。しかし国民的アイドルだった彼女の不倫には「SNS」「平日の映画館」「ビジネスホテル」という、庶民的なキーワードが躍る。 だからなのか、今回のスキャンダルに対して世の既婚女性たちからの反発はあまり聞かれない。自宅に芸能人の不倫相手を招き入れていた、同じ元「モー娘。」の矢口真里(36)の時の集中砲火と比べれば、その違いは歴然だ。主婦たちの中には、後藤にある種の“共感”を寄せる声すらあるようだ。都内在住の30代主婦はこんな言葉を口にした。「ゴマキが不倫しちゃった気持ち、痛いほどわかります。私たちが時々感情のタガを外してしまうのは、ふと家事や子供の世話などの日常に疲れてしまったとき。何も不倫相手には特別さやリッチさなんて求めていないんです。本当に気を許せる相手なら、『普通』のシチュエーションのほうが一線を越えやすい」 彼女の“禁断の逢瀬”は、「等身大の主婦」の“理想”を体現していたのだ。※週刊ポスト2019年4月5日号
2019.03.25 16:00
週刊ポスト
矢口真里、峯岸みなみ、前園真聖…芸能人謝罪続出の平成25年
矢口真里、峯岸みなみ、前園真聖…芸能人謝罪続出の平成25年
 平成もいよいよ残すところあとわずかとなった。平成とは、いったいどのような時代だったのか? 今回は、平成25(2013)年を振り返る。 この年は三重の伊勢神宮と島根の出雲大社の遷宮が約60年ぶりに重なり、空前の神社ブームに。どちらの神社にも多くの参拝者が訪れ、その数はともに過去最高を記録した。 また、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産に「富士山」が登録されたことで、海外からの日本への関心度も高まった。 さらにアルゼンチン・ブエノスアイレスで開催された国際オリンピック委員会(IOC)総会で2020年夏季五輪・パラリンピック開催都市が東京に決定。日本は1964年以来の56年ぶり。2度目の開催はアジアでは初となる。 一方、この頃から目立つようになったのが政治家や起業家、芸能人らの謝罪会見。1月末、AKB48の峯岸みなみが週刊誌にお泊まり愛をスクープされた翌日、頭を丸坊主にして涙ながらのコメントをYouTubeで配信。 また、元モーニング娘。の矢口真里は5月末の自宅不倫発覚後から約1年5か月ぶりのワイドショー生出演で謝罪。昨年元不倫相手と再婚をした矢口だが、最近、テレビ番組で当時を振り返り、「(会見時の発言などを)めちゃくちゃ後悔している」と語っていた。 そのほかにも、酒に酔ってタクシーの運転手に暴行を加え、現行犯逮捕されたとして元サッカー日本代表の前園真聖が謝罪。この年、阿部サダヲ主演の映画『謝罪の王様』が公開。こうした謝罪会見はその後の明暗を大きく分けるターニングポイントと受け止められることが多くなった。 ヒットドラマではNHK連続テレビ小説『あまちゃん』。ロケ地となった岩手・久慈市には観光客が押し寄せ、県全体の経済波及は約33億円に。 ヒット商品ではコンビニコーヒーやゆるキャラ人気の『ふなっしー』グッズ。この年の流行語は「今でしょ!」「倍返し」「お・も・て・な・し」など。■平成25年の主な出来事1月18日 LINEユーザーが世界で1億人突破1月31日 AKB48の峯岸みなみがYouTubeで“お泊まり愛”の謝罪コメントを発表4月2日 堺雅人と菅野美穂が婚姻届を提出4月8日 「鉄の女」こと英のマーガレット・サッチャー元首相が死去(享年87)5月30日 元モーニング娘。の矢口真里がクローゼット不倫で離婚6月22日 ユネスコが富士山を世界文化遺産に登録8月12日 高知・四万十市で国内観測史上最高気温の41℃を記録9月7日 2020年夏季五輪の開催都市が東京に決定9月11日 みのもんた次男が窃盗未遂容疑で警視庁に逮捕(翌月26日に謝罪会見)10月15日 JR九州が豪華寝台列車「ななつ星in九州」運行スタート12月6日 特定秘密保護法が成立12月24日 東京都知事の猪瀬直樹氏が5000万円受領問題で辞任※女性セブン2019年3月7日号
2019.02.27 07:00
女性セブン
上沼恵美子、本格的に東京進出? フジテレビに待望論も
上沼恵美子、本格的に東京進出? フジテレビに待望論も
 フジテレビは、これまでドラマの再放送などがメインだった午後3時50分から4時50分の枠で大胆な“実験”を行った。2月7日から22日まで、関西ローカルで20年以上続く上沼恵美子(63)司会の人気トークバラエティ番組『快傑えみちゃんねる』(関西テレビ・毎週金曜午後7時~)を放送。視聴率低迷にあえぐフジのテコ入れ策に、一定の評価がくだされたという。「この時間帯に関西ローカルの番組を放送するのは初めての試み。この枠の平均視聴率は3%台でしたが、『えみちゃんねる』も同じぐらいです」(フジテレビ広報宣伝室) ひとまず視聴者には受け入れられた、と言えるのかもしれない。『えみちゃんねる』は上沼の相棒役に太平サブローと最近“新米ユーチューバー”としてお騒がせのキングコング・梶原雄太を起用。彼らがゲストとともにトークを繰り広げるのだが、魅力は関西特有の“濃さ”だ。 2月18日放送では、矢口真里、花田虎上、狩野英孝、安田美沙子ら上沼いわく「煩悩の塊」をゲストに迎え、番組初登場となった瀬戸内寂聴さんと対峙した。「不倫経験のある矢口さんや、女子高生との淫行疑惑で謹慎していた狩野さんらに寂聴さんが助言をするのですが、それ以前に上沼さんのツッコミが鋭い。矢口さんが再婚相手の収入が低いため“あまり高い店には行かない”と言うと、上沼さんが“あかん! 真里ちゃんが養ってあげたらいいのよ”と一喝。東京の番組では聞けないキツい発言が次々に飛び出して、見ていてスカッとしました。 関西では圧倒的な人気を誇る上沼さんが東京でももっと浸透して、本格的な東京進出となれば数字(視聴率)ももっと期待できますね」(フジ関係者) この回が関西テレビで放送されたのは昨年4月13日のこと。かなり前の番組の再放送だが、それを感じさせない勢いがあるという。 2月26日からは、同じ関西テレビ制作のトークバラエティ『やすとも・友近のキメツケ!※あくまで個人の感想です』を3月15日まで放送するという。「漫才コンビ海原やすよ・ともこと友近がMCの番組です。今後しばらくフジの夕方は関西色が強くなる」(別のフジ関係者) 今後、上沼の本格的な東京進出で、フジテレビが救われるか。
2019.02.23 07:00
NEWSポストセブン
ベッキー、大企業CM出演の現実味「禊は済んだ」と広告マン
ベッキー、大企業CM出演の現実味「禊は済んだ」と広告マン
 タレントのベッキー(34)が巨人の片岡治大コーチ(36)との結婚を2月13日に発表した。かつて10社のCMに登場していたが、2016年に報じられたゲスの極み乙女。の川谷絵音との不倫により、すべて降板となった。ベッキーはいわゆる「ナショナルクライアント」(知名度の高い全国展開するような企業)のCM出演が多く、まさに「CMクイーン」とも言える存在だったが、その座を失ったのだ。 約11か月後にLINEのナレーションでCM復帰は果たしたものの、その後出演したのは昨年破産した企業のCMや、地方の商業施設のCMだった。かつての隆盛はもはや見られないが、今回の結婚はナショナルクライアントのCM出演への追い風になるのでは、と広告代理店の営業担当者(40代)は語る。「これからベッキーはCMの世界に戻るのではないでしょうか。私自身もそう思っていますし、周囲の人間もそう感じています。業界では『みそいだ』といった言い方をしますが、いわゆる『禊(みそぎ)』が済んだ、ということですね。あれから3年、もう充分『みそいだ』といった反応が今回はありました。 また、今回は不倫ではなく、人として幸せになったパターンです。かつ、ベッキーが干されたきっかけと逆の構図が好印象を与えています。不倫の時は、元々ベッキーが川谷のファンで彼を追っかけ、『略奪』した形になりました。しかし、今回は逆です。片岡コーチが10年来のベッキーのファンでした。自分が追っかけたという構図ではなく、向こうから追っかけられてその愛を受け入れた。このいきさつを鑑みるに、これからむしろ起用したい、という気持ちも出てくると思います」 とはいっても、ネット上では未だにベッキーを許さないという声は多数出ている。これについて同氏は、「言う人は一生言います。一回失敗したら一生許さないというのはおかしいでしょう。私がスポンサーの決定権者だったら彼女を起用するでしょうし、私がキャスティングを提案する場合は企画に合うのであればベッキーを入れるでしょう」と述べる。◆「CMクイーン」復活は? ある程度、「割り切り」が必要ということだ。また、広告制作会社関係者が予想する展開は、「どのナショナルクライアントが『過去に色々あったものの、幸せを掴んだベッキー』が登場するCMの第一弾を作るか」のレースが開始するというものだ。何しろ、「ベッキー結婚後初CM」となれば、テレビをはじめとしたメディアが大々的に番組の中で紹介することが見込まれる。 「CM枠をそれ程買わずともたくさんCMを流したのと同じ効果が見込まれるので、私としてはそのCMの担当をやってみたい」(広告制作会社関係者) 果たしてベッキーはかつてのように「CMクイーン」に返り咲けるのか?大企業はCMに関するクレームに弱い。かつて不倫が原因で離婚した矢口真里が2016年3月、日清のカップヌードルのCM「OBAKA’S UNIVERSITY」に「危機管理の権威」役の「心理学部准教授」として登場し、「二兎を追う者は一兎をも得ず」とプレゼンした。これが猛反発をくらい、CMはお蔵入りとなった。 この時は不倫発覚から約3年の間隔はあり、矢口は芸能活動を自粛したものの世間が「みそいだ」とは判断しなかったようだ。矢口の場合はその後、不倫相手だった男性と結婚したが、そのため「あの時の間男か…」といったことをネット上では書き込まれてしまっている。 前出・広告制作会社関係者は「スポンサーの判断次第ではありますが、現状、ベッキーにはそこまでの逆風は吹いていないのではないか。不倫相手と結婚し、まだ不倫イメージを払拭できていない矢口とは状況が違いますので、もう少し様子を見て起用にこぎつける企業も出るかと思います。しかし、クレームに弱い企業は躊躇するかもしれないので、“クイーン”はもしかしたら難しいかもしれません」と語る。
2019.02.18 16:00
NEWSポストセブン

トピックス

紺色のお召し物だった紀子さま
紀子さま、悠仁さまに「悪夢の再来」 宮内庁17cm包丁送付事件、同封便箋には皇族批判
女性セブン
京都の街を歩く舞妓のイメージ(写真/イメージマート)
元舞妓の告発に有名歌舞伎役者たちが大慌て 関係が露見すれば廃業は必至か
女性セブン
逮捕された「RYO&YUU」
「バレないように森の中で」公然わいせつ逮捕「RYO&YUU」が語っていた野外動画撮影の“対策” 実際には公園、海岸でも裸に
NEWSポストセブン
よくぞ言った!江口のりこがぶっちゃけたテレビのタブー「番宣出演は意味がない」
よくぞ言った!江口のりこがぶっちゃけたテレビのタブー「番宣出演は意味がない」
NEWSポストセブン
ゴルフをする女性芸能人が増えている(左は小島、右は鷲見。ともに本人のインスタより)
タイトなウェア姿を投稿しまくりの小島瑠璃子と鷲見玲奈「ゴルフ女子」枠巡る熾烈な戦い
NEWSポストセブン
ポスト和久田麻由子アナに浮上 「元東大ミスコン」堀菜保子アナ(27)の“大きな武器”
ポスト和久田麻由子アナに浮上 「元東大ミスコン」堀菜保子アナ(27)の“大きな武器”
NEWSポストセブン
TBS・安住紳一郎アナウンサーの魅力の源は?(時事通信フォト)
「定年までTBSに」先輩・吉川美代子アナが期待する安住紳一郎アナのこれから
週刊ポスト
結婚を発表し、お相手を「建築会社」とした滝沢。「一般男性」とは言っていない
滝沢カレン結婚!「テラハ」出演“肉食系”ハーフモデルのどこに惹かれたのか
NEWSポストセブン
眞子さまの箱根旅行のお姿。耳には目立つイヤリングも(2018年)
小室圭さんの妻・眞子さん 華やかだった4年前の「箱根・女子旅ファッション」
NEWSポストセブン
逮捕された「RYO&YUU」
公然わいせつ逮捕「RYO&YUU」、性的動画アップは「親公認」だった 22歳の女は愛知・香嵐渓で全裸に
NEWSポストセブン
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン
高橋真麻
高橋真麻「おでんの卵8個食べても太らない」女性が憧れる美スタイルの理由
NEWSポストセブン