• TOP
  • 芸能
  • 前澤友作氏の名言&高額コレクション、剛力はプライスレス

芸能

2018.08.03 07:00  女性セブン

前澤友作氏の名言&高額コレクション、剛力はプライスレス

バスキアの作品を過去最高額の約123億円で落札した前澤氏(写真AP/アフロ)

 会社の時価総額は1兆4000億円、個人資産は5579億円、株の配当だけで年収35億円(!)というZOZOTOWN・前澤友作社長。稼ぎもすごいけど、その使いっぷりも桁違い。アート、趣味、人脈…彼のお眼鏡にかなったものを、SNSなどで発言した“前澤語録”とともにご紹介する。

「ここにしかないもの、こだわってるものが好き」

 人と同じものが嫌な性分で、希少品を独自にカスタムするのがお約束。プライベートジェット(約60億円)はネイビーに塗り替え、『ブガッティ・ヴェイロン』(2億7800万円)はエルメスデザインを、『メルセデス・マイバッハ』(推定6000万~8000万円)は世界99台の限定生産をチョイス。ただし、世界で1台の『パガーニ・ゾンダ』(推定3億円)は購入1年少しで交通事故で大破してしまった。

「お金めちゃ使う。とんでもない人に会える。気づいたら成長してる」

 バスキアの絵画を62億円(2016年)で落札した直後に、アートコレクターで知られるレオナルド・ディカプリオから「おめでとう。いいもの買ったね!」と直メールが届き、親交がスタート。BIGBANGのT.O.Pも後輩コレクターにあたり、オークションでの協力を惜しまないそう。42才の誕生日には安倍晋三首相とも2ショット。“名言”を体現してます!

「機械式の腕時計が好きです。無駄なパーツなんてひとつもないし、さぼってるパーツもひとつもない」

 歯車やパーツが絡み合って時を刻んでいく様子を、会社や社会の構図に見立てているそう。いちばんのお気に入りは“時計界のF1”と呼ばれる『リシャール・ミル』の中でも超ハイスペックな「ラファエル・ナダル」モデル(約5000万~1億円)。超軽量だけど、消費税だけでウン百万円するヘビーな存在です。

「すべてのモノが情報化される中で、数値化できないものがアートにある」

 数字を追いかけるビジネス界にいるからこそ、感性の世界に身を置きバランスを取っているという前澤氏。2016年に続き、2017年にはジャン=ミシェル・バスキアの作品を過去最高額の約123億円で落札した。その他、ピカソの絵画(約25億円)とアルベルト・ジャコメッティの彫刻や、国の重要文化財『烏鷺図屏風』、室町時代の茶碗、ステンレス製のオブジェ『Titi』(15億円)などオールジャンルで収集。コレクションは地元・千葉市に建設される美術館に展示される予定だそう。

「アートも音楽もスポーツも、国境を超え、人々を繋いでくれる」

 プライベートジェットでロシアW杯からapbankフェスを“はしご”して出た言葉。続けて「プロ野球球団を持ちたい」と願望を明かした。すでに千葉マリンスタジアムの命名権を10年間31億円で取得するなど、前澤氏とプロ野球界は遠からぬ関係。買収か創設かは不明だけど、ZOZO球団の実現する日は来るか?

「撮影by前澤友作。この笑顔が大好き」

 雑誌の現代アート企画で意気投合、女性セブンのスクープで熱愛が公になった剛力彩芽との交際。スキャンダルとは無縁だった剛力のオープンな交際ぶりに、剛力ファンのナインティナイン岡村隆史や明石家さんまなどからは苦言が寄せられたが、ラブラブ投稿は続行中。彼の愛に応える彼女の存在こそプライスレス!

※女性セブン2018年8月16日号

コメント 0

SNSでNEWSポストセブンをフォロー

  • LINE:友だちに追加
  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

関連記事

トピックス