もも一覧

【もも】に関するニュースを集めたページです。

岡村隆史の次は誰?アローン芸人に「ささ婚」ラッシュの予感
岡村隆史の次は誰?アローン芸人に「ささ婚」ラッシュの予感
 これまで独身を貫いてきた岡村隆史(50才)の結婚に、芸能界は騒然としている。独身芸人で構成される「アローン会」には、今田耕司(54才)、徳井義実(45才)、又吉直樹(40才)といったメンバーが名を連ねているが、岡村に続けとばかりに結婚ラッシュとなるのか? 独身男性の今後について、放送作家の山田美保子さんが分析します。 * * *「じゃ、ひとつ目の記事を飛ばしてやりましょう」。10月31日放送の『特盛!よしもと 今田・八光のおしゃべりジャングル』(読売テレビ)でナインティナイン岡村隆史サンの結婚ネタをスルーしようとしたのは今田耕司サン。「すごい落ち込みから急に、えらい明るくなった」「“この人、逃したら一生できへん”って思ったのは自然の流れかな」とも。その後、今田サンは、岡村サンMCの『おかべろ』(関西テレビ)にサプライズ出演もなさいました。 発表から2週間も経つのに、いまも芸人たちの間で話題になっている岡村サンの電撃結婚。特にまったく明かされていない相手女性について詳しく知っている人はごくわずかで、その皆さんの口が堅い(笑い)。 一部スポーツ紙には、「京美人」とか「ガッキー似」などと報じられていますが、もともと秘密主義で、特に女性関係については周囲に語らないし紹介もしない岡村サンのプライベートには謎が多かったものです。 が、2018年の年末、私は『バイキング』(フジテレビ系)で「次に結婚する有名人」として、「芸人Oさん」を挙げています。すぐにMCの坂上忍サン(53才)が「岡村クンでしょ?」と当ててくださり、その後、メイク室でお会いしたカンニング竹山サン(49才)からも「岡村サン、結婚するんですか?」と聞かれたのを覚えています。 結婚の根拠として、岡村サンの“唯一無二の親友”として知られるコンビ芸人「へびいちご」の高橋智サン(50才)の周辺で、「岡村サンが大阪で家を探している」「部屋の断捨離をしている」という、結婚準備とも思えるウワサがあったことがあります。 何より岡村サン本人が、「2020年に東京五輪で世間が盛り上がる中、どさくさに紛れて結婚する“どさくさ婚”」をするとラジオ番組で宣言していたのです。 実は、複数人とではありますが、同年、本命の彼女とはハワイ旅行にも行っていますし、岡村サンのご自宅には彼女専用の部屋も用意され、件の高橋サンは二度と入れてもらえなくなったとも聞きました。 このように、結婚にもっとも近かった10年来の友人女性との距離が縮まったのはこの半年ほどのこと。『岡村隆史のオールナイトニッポン』(ニッポン放送)での女性蔑視につながりかねない発言により、岡村サンが各方面から大バッシングを浴びた際、厳しく叱ってくれたり、支えてくれたのが彼女だったのです。 コロナ禍で元気をなくしていたリスナーを励ますためだったとはいえ、岡村サンの主張や言葉選びは、やはり常軌を逸していたし、放送作家の立場から言わせていただければ、一緒にいた作家を含めた男性スタッフたちが笑っていた……ということに少なからず衝撃を受けました。 誰か止められたでしょ……と思うのです。が、岡村サンの言葉は生放送でそのまま流れてしまった。慌てた相方・矢部浩之サン(49才)が翌週、番組内で公開説教し、さらには自分がそばについていなければ……と『ナインティナインのオールナイトニッポン』が復活しました。 例の女性蔑視発言には、岡村サンが長年独身でいることが最大の理由ともいわれる中、支えてくれていた本命さんは叱咤激励し続けていたということ。出演番組降板を求める署名活動をしているかたたちもいらした中では、支える側にも勇気が必要だったハズですが、「12才下」ともいわれる女性は支え続けたのです。 そして岡村サンが名付けたのは“どさくさ婚”ではなく、“支えられ婚”=「ささ婚」だったのです。アンジャッシュ渡部サン、瀬戸大也選手は“ささ婚”の先輩!? コロナ禍のStay Homeで、慣れない家事にてんやわんやとなり、「これを毎日やっている女性を心から尊敬した」と言う独身男性タレントは実に多く、妻帯者は「妻に改めて感謝」と言っていたものです。 岡村サンのみならず、女性に「支えられている」と実感する男性が増えたのは悪いことではありませんよね。そうなると気になるのは、今後、続くであろう、“ささ婚”候補のことです。 岡村サンの結婚で、にわかに注目されるのは、坂田利夫サンを「名誉会長」に、明石家さんまサンが「最高顧問」、今田耕司サンが「会長」、そしてチュートリアルの徳井義実サンとピースの又吉直樹サンが「会員」の「アローン会」のメンバーです。ちなみに岡村サンは「部長」でした。 実はこの会、昨年来トラブル続きであることをさんまサンが嘆いていらしたのです。チュート徳井クンは2019年10月、3年分の法人所得税が無申告であると東京国税局から指摘されたことが大問題に。長きにわたり、復帰できずにいました。ピース又吉サンも、緊急事態宣言が出ていた春先、複数人でハシゴ酒をしていたところを週刊誌に撮られ、珍しくバッシングの対象に。そして岡村サンの女性蔑視発言があったので、さんまサンも「アローン会」メンバーに早期の結婚をすすめていたところなのです。坂田師匠、さんまサンは置いといて(!)、“ささ婚”があるとしたら、まず、チュート徳井クンでは?と思います。姉妹ユニット「チャラン・ポ・ランタン」のももサン(27才)との交際は続いていて、つい先日、初のツーショットを撮られたばかり。本人も言っていた「想像を絶するだらしなさ」を、ももサンがフォローしてくださればいいなと心底思います。 今田サンは、自宅では「ペッパーくん」が話し相手で、精神的にかなり“支えられている”ようですが、岡村サンの結婚を機に、たびたび撮られている“モデル風美女”の中のどなたかとの進展がありそうな気配。今田サンも、コロナ禍で女性のタイヘンさを実感した話を番組で何度もしていらしたので、女性の方さえ、その気になればゴールインも夢ではないのではないでしょうか。 ここ数年のトラブルを振り返れば、高畑裕太サン(27才)、小出恵介サン(36才)、新井浩文サン(41才)らを支えていた女性の存在がそろそろ明らかになってもいいのでは。あ、東出昌大サン(32才)についても気になります。 ちなみに『パプリカ』の振付でも有名な世界的ダンサーの菅原小春サン(28才)は、高畑サンとも東出サンとも近しいという報道が。菅原サンには一度お目にかかったことがあるのですが、懐の深い女性とお見受けしました。伊藤健太郎サン(23才)と山本舞香サン(23才)にも急展開があるのかもしれません。 思えば既婚組でも、アンジャッシュの渡部建サン(48才)や、水泳の瀬戸大也選手(26才)なども“ささ婚”の先輩(苦笑)。「駆け込み婚」の決め手は「支えられて」で間違いなさそうです。構成■山田美保子『踊る!さんま御殿!!』(日本テレビ系)などを手がける放送作家。コメンテーターとして『ドデスカ!』(メ~テレ)、『アップ!』(同)、『バイキングMORE』(フジテレビ系)、『サンデージャポン』(TBS系)に出演中。CM各賞の審査員も務める。※女性セブン2020年11月19日号
2020.11.06 16:00
女性セブン
私服代などを経費として計上していた(共同通信社)
徳井義実の税金問題 改めて「不寛容社会」を浮き彫りにした
 SNSの浸透は社会のありように変化を与えている。コラムニストのオバタカズユキ氏が考察した。 * * * 先日、お笑いコンビ、チュートリアルの徳井義実が税金問題で謝罪会見を行った。なんでも法人所得の3年ぶん、約1億1800万円が無申告だったなどの問題があり、追徴課税の総額は約3700万円にのぼったという。 徳井はお笑い界の中堅どころだろう。テレビでよく見る顔だが、めちゃくちゃ売れているという印象でもない。それでもそんなに稼いでいるのか、お笑いというものは今でもやっぱりジャパニーズドリームを描ける職業なんだな、すごいな、などと私は感心していた。が、ネット世間では、この徳井をめぐって、まったく別の盛り上がり方をしていた。 それは彼がADHD(注意欠陥・多動性障害)ではないか、という指摘である。たしかに謝罪会見でも自ら「想像を絶する本当にだらしないルーズさ」が今回の問題の原因であると話していた。当人が「想像を絶する」というのはおかしいから、そのようなことを周囲の人々から言われてきたということであると思われる。 失くし物や忘れ物が多い、整理整頓が苦手、計画的に仕事を進めるのが下手、といった典型的症状例がADHDにはある。税務や会計といった手際のいい段取りや正確な情報処理能力を要する作業はとりわけダメというのも典型例だろう。好奇心旺盛なネット民が徳井の過去ツイートを掘り起こしていたが、その支払いの面倒くささから何度も電気ガス水道を止められたことがある、とのことだ。そんなルーズエピソードが事実なら、ADHD傾向があるという気配はなるほど濃厚に感じられる。 とはいえ、だ。この騒動の一時期、ツイッターのトレンドに「ADHD」が入っていて、それはすべて徳井の件についてだった。果たしてそれほど騒ぐようなことか。というか、たとえ有名人でも、特定個人の障害をネタに推測や憶測を楽しんでお祭り騒ぎというのは、かなり気持ちの悪い集団心理なのではなかろうか。 ADHDをはじめとした発達障害の診断は、その分野を専門とする精神科医でもそう簡単にくだせない。各種心理検査を行い、診察も複数回慎重にしてようやく診断が出るものである。それを素人がハンパな知識でどうこうするのはよろしくない。 徳井の行為は問題である。だが、問題人物ならば何をどう扱っても構わないということでは決してない。 ネット上の痕跡をつぶさにたどっていくと、実は、当初、ツイッター上でこの話題をよく取り上げていたのは、「当事者」と思わしきアカウントが多かった。〈徳井の脱税、今までのエピソード(ネットソースなので真偽不明)が本当だとしたらこれADHDの回避行動では?って思ったのと今までの回避行動がお笑い芸人の単なるおもしろエピソードとして消化されていたせいで誰も指摘することなく年々重症化していたのでは?って思うとちょっと問題が変わってくるな〉 というツイートがバズったアカウントも、〈RTが1万超えた辺りから「勝手に人をADHD認定して話すな、お前は医者か?ADHDの人に失礼だぞ」みたいなリプが増えてきたんだけどADHDの回避行動に似てるからもしかしたらって話をしてるだけで別に認定はしてないし別に医者でもないわ、もっと言えば俺も患者側で薬飲んで毎日何とか生活してるんじゃ〉とのこと。 また、〈傾向なので分かる。周りが普通にできることが、分かっていても出来ない。社会生活に支障をきたすレベル。でもやはり周りは当たり前に出来るので、一生分かってもらうことはできない。徳井さんも診断を受けてADHDの支援または治療をしてもらえていたらこんなことにはならなかったかも〉というように、徳井の身を案じるツイートをする当事者も一部だが存在した。 彼らは勝手に診断をしていなかった。推測や憶測はしているが、それは徳井のことを思っての話であり、決してヒトゴトではないとしてこの話題を取り上げ、当事者ならではの思いを述べている。こうした知見や思いが言葉として流通することは、まだまだ偏見の多い発達障害の理解を広める点でも意味があるし、なにより日々自らの障害と格闘している当事者たちの心の風通しをよくする。社会になかなか適応できない自分を責めてしまいがちな彼らが、言いたいことを言ってもいいんだ、と勇気づけられることも多いだろう。 だが、他の当事者外と思われるアカウントから放たれる言葉には、救いのないものも目立った。「ADHDだからって重罪の脱税が許されると思うなよ」とか、「なにかといえば発達障害だからと言い訳する風潮は間違っている」とかいった、勝手に断罪系のツイートが多いのである。徳井の行為はちっとも許されたわけではないし、発達障害だからと言い訳するような当事者ツイートを少なくとも私は見かけなかったのに。 だいたい発達障害だから仕方ない/発達障害だから言い訳にするな、という2つの考えは、正反対のことを言っているようで実際は同じところで頭を打っている。どちらにしてもその考えでは、現に困っている当事者が次に進めないのだ。進むためには、「発達障害だから改善していこう」の発想が不可欠。そして、改善するために何を理解すべきで、何を変えていけばいいのかを、当事者のみならず周囲の人間、ひいてはこの社会に属する人全員が考えていくべきなのだ。 そうした発達障害との向き合い方の基本は、まだこの国にできていない。それ以前に、有名人が発達障害を疑われると、野次馬のように衆人が集まり、やれADHDだ、やれASD(自閉スペクトラム症)だとレッテル貼りして、異物視する。昔だったら、「変わった人」や「だらしないやつ」ということで済ましていたのが、障害名をつけて逆に遠ざけてしまう。そういう負の効果も、ここ長い事続いている発達障害ブームの中には潜んでいる。 この徳井問題、大御所作家の筒井康隆がブログの「偽文士日碌」中で取り上げていた。該当箇所を抜粋しておこう。〈チュートリアルの徳井義実の件でホリプロより連絡あり。放送日が変更になる。徳井君出演回はどうやら放送中止となるらしい。なんてことだ。別段誰かが死んだわけでもなければ泥棒したわけでもないし、税金も追徴課税を含めてすべて払っておる。徳井義実に代る才能はないぞ。誰が責任を取るんだ。不寛容社会になってきたなあ。不寛容に対してだけ寛容に過ぎるような気がするが〉 徳井の才能がそこまであるかどうか私は分らない。が、「不寛容社会」というのはよく分る。SNSの発達などで当事者の声を広く一般に知らしめることができるようになった一方、そうした声に気づきもせず、自分たちの「普通」と違う者を排除する、残念な動きも広まっている。
2019.11.03 16:00
NEWSポストセブン
徳井義実は会見では「以前はきちんと申告していた」と語っていたが…(時事通信フォト)
徳井義実 所得隠しの裏で2億円マンションを購入していた
 お笑いコンビ「チュートリアル」の徳井義実(44才)が、自ら設立した個人会社チューリップの申告漏れと所得隠しを東京国税局から指摘された問題。長年にわたって期限内に申告していなかったことが明らかになったが、なぜこのタイミングで表沙汰になったのか。実は今年に入って高級マンションを購入したことがきっかけになった可能性が出てきた。 10月23日に、個人会社が所得隠しと申告漏れを東京国税局に指摘されたことが報じられるやいなや、その日の深夜に謝罪会見を開いて“火消し”に走った徳井だが、逆に疑惑は広がっている。 会見では「以前はしっかりと申告していたか?」と問われ、「そうですね」と答えていたが、それが嘘だったことが判明。26日には所属する吉本興業が「2009年の会社設立以降、昨年9月に国税局の税務調査を受けるまで毎年、期限内に申告せずに税務署の指摘を受けていたこと」「税務署からの再三にわたる督促にもかかわらず納税せずに2016年5月頃に銀行預金を差し押さえられたこと」「社会保険に未加入であること」「個人事業主としても所得税の無申告を繰り返していたこと」などを発表して次々と“余罪”が発覚。合わせて、当面の芸能活動自粛も発表された。徳井の知人が言う。「今回の話は、さもありなんという感じですね。徳井さんは本当にルーズ。公共料金の支払いをせず、ガスや電気が止まったこともしょっちゅうだったそうです。過去には運転免許の有効期限が切れているのに更新しないまま運転していていたこともありました」 徳井自身は会見で「想像を絶するルーズさ」が原因だったと語っていたが、国民の義務である納税を怠るのは「ルーズ」で済む問題ではない。徳井の知人によると、一方でお金の遣い方に関しては大胆な面もあったという。「彼は大きな買い物をするときでもローンを組んだことがないと思います。レンジローバーやBMWなどの高級車に乗っていましたが、それも現金一括で買ったはず。 実は、彼は今年の春先に高級マンションを購入しています。それまで自宅兼事務所として借りていたマンション内で、もっと広い部屋が売りに出たので購入したとか。もちろん現金一括で。その新しい部屋には交際が報じられている姉妹音楽ユニットのチャラン・ポ・ランタンのももさん(26才)も通っているらしいですよ」(同前) 東京都内の高級マンションの不動産登記によると、確かに徳井は個人名義で今年2月にマンションの一室を購入していた。専有面積は約120平方メートルと広く、近隣の不動産会社によれば「中古だが、非常にグレードが高く販売価格は2億円近い」という。登記を見ると抵当権がついていないから、現金一括で購入していると考えられる。 しかしこの大きな買い物が、国税局の心象を悪くした可能性がある。WT税理士法人代表社員の税理士・板倉京氏はこう語る。「税務の申告をしていなければ納税証明書や源泉徴収票といった書類を用意することができず、ローンは組めません。徳井さん本人にも無申告の自覚はあったと思いますから、キャッシュで購入せざるを得なかったのでしょう。 不動産を購入するとその登記情報は法務局から税務署に共有されるようになっています。不動産を購入したお金がどこから出ているのかを税務署が把握するためです。徳井さんがマンションを購入した際に、税務署が徳井さんの税務申告の状況を見返した可能性は高いと思います。無申告なのにキャッシュで高額な不動産を購入してしまったことが、国税局を動かした可能性はあるかもしれません。 税理士の仕事をしていると、決算期が来てもお客さんがなかなか資料を渡してくれずに期限を過ぎてしまうケースはままあります。資料の提出や申告を再三促してもダメな場合は、税理士としても責任は取れませんからやむなく契約解除をすることもあり、そうなると、何年も無申告のまま野放しになってしまう。これは私見ですが、徳井さんのように世間的に影響力のある人の無申告が大きく報じられることで、国税局には“見せしめ”の狙いもあったのかもしれません」 吉本興業に事実関係を尋ねると、広報担当者がこう回答した。「マンションの購入は事実ですが、金額や場所、購入時期に関しては個人情報なのでお答えすることはできません。免許証の更新に関しては、15~16年前に車の運転中に警察から免許証の提示を求められた際に、更新を忘れていて有効期限が切れていたことがあって、その後更新をしたことはあったみたいです」 徳井が支払った追徴課税は計1億円を超えたという。多くのレギュラー番組を抱えていた徳井だが、スポンサーや視聴者からの批判は大きく、活動自粛から復帰できるかは不透明だ。社会人としてあまりに非常識な行為の代償は大きい。
2019.10.27 19:00
NEWSポストセブン
今田耕司が紗栄子似美女と深夜の密会、アローン会脱出工作か
今田耕司が紗栄子似美女と深夜の密会、アローン会脱出工作か
 存亡の危機に瀕していた『アローン会』が、再び勢力を取り戻しつつある──。アローン会は今田耕司(52才)を会長に、岡村隆史(48才)、徳井義実(43才)、又吉直樹(38才)の4人の「独身芸人」で結成。さらに名誉会長に坂田利夫(76才)、顧問に明石家さんま(63才)が就任したこともあり、「少ないメンバーながらも、行き遅れたおっさん芸人たちが傷を舐めあう場として、それなりの“権威”を誇っていました」(芸能関係者) ところが、今年5月に女性セブンが徳井と音楽ユニット「チャラン・ポ・ランタン」のボーカル・もも(25才)の“お部屋デート”をスクープ。その直後、今度は今田の深夜デートもキャッチした。「岡村さんが徳井さんのモテぶりに嫉妬。しかも会長の今田さんまでデートを報じられて、“罰則が必要ではないか”と主張するなど、ギクシャク(笑い)。会は解散に追い込まれるのではと思われました」(芸能関係者) だが、7月26日放送の『ナインティナイン岡村隆史のオールナイトニッポン』(ニッポン放送)で、岡村が徳井の復帰を報告。前日に4人で集まり、「彼女ができたら」ではなく「結婚したら」アローン会を抜けるとルール変更したと明かした。 ようやく一件落着と思った矢先、再び会長・今田に“抜け駆け疑惑”か──。 7月中旬の深夜0時過ぎ。本誌・女性セブンは今田が行きつけのバーで若い女性と飲んでいる姿をまたまた見てしまったのだ。「女性はタレントの紗栄子さん似の美女。ゆるく巻いた茶髪にオフショルダーのトップスから覗く鎖骨がセクシーでした。今田さんはキャップから革靴まで全身黒で統一した“キメ服”で、足どりも軽く女性をエスコートしていました」(居合わせた客) 前回は深夜4時にお開きに。今回こそは「お持ち帰りか?」と思われた午前3時頃。店を出てきたのは女性だけ。1人でタクシーに乗って帰って行った。「今田さんと一緒に千鳥の大悟さん(38才)もいました。残された男同士、意外に楽しそうに飲んでいました」(前出・居合わせた客) 結局、自宅へと向かう今田が持ち帰ったのは、男友達2人。岡村はラジオで「(アローン会の)最終目標は結婚」と説明したが、目標達成は、まだまだ遠そうだ。
2018.08.02 07:00
NEWSポストセブン
徳井熱愛&今田デートでアローン会お家騒動、岡村も頭抱える
徳井熱愛&今田デートでアローン会お家騒動、岡村も頭抱える
「ぼくも言いすぎた。責任とるとかじゃなくて、“彼女できてよかった”って送り出すのがアローン会やったのに…」 ナインティナイン・岡村隆史(47才)がラジオでそう絶句したのは、チュートリアル・徳井義実(43才)が、アローン会を“引責脱退”することを表明したからだ。「アローン会は会長に今田耕司さん(52才)を置き、ピース・又吉直樹さん(37才)も所属。4人の独り身(アローン)の芸人が“傷を舐め合う会”で、グループLINEを作って連絡を取り合っているそうです」(芸能関係者) ところが本誌・女性セブンが、徳井と音楽ユニット『チャラン・ポ・ランタン』のボーカル・もも(25才)の自宅デートをスクープ。そして、会長の今田の深夜4時デートを立て続けにキャッチしたことによって、楽しかったはずの孤独な男性のサークルが、結成から約1年で空中分解の危機を迎えている。「報道後、グループLINEには徳井さんに対し“退会しろ”という怒号が飛び交ったそうです。その後、責任をとる形で徳井さんはアローン会から退会。完全なお家騒動です。思わぬ出来事に岡村さんは頭を抱えています」(スポーツ紙記者) 一方の今田だが、事前にデートしていることをLINEで報告していたという。「“今日、私がパパラッチされても、その女性は彼女ではありません”と送っていたそうです。女子中学生みたいに、いちいちデートを報告するなんて、こじらせていますね(笑い)」(前出・スポーツ紙記者) ちなみに岡村たちは今田がデートをしていたことは知っていたが、本当に写真を撮られるとは思ってもいなかったそうだ。※女性セブン2018年6月7日号
2018.05.24 16:00
女性セブン
「アローン会」会長・今田耕司、朝4時までデートの様子
「アローン会」会長・今田耕司、朝4時までデートの様子
 今田耕司(52才)が高級隠れ家バーで、深夜デートする姿をキャッチした──。「正直なところ、裏切られたという気持ちです」。5月10日のラジオ『岡村隆史のオールナイトニッポン』(ニッポン放送)で、岡村隆史(47才)はそう胸中を吐露した。 怒りの矛先は、チュートリアルの徳井義実(43才)。本誌・女性セブン5月24日号は、徳井と音楽ユニット『チャラン・ポ・ランタン』のボーカル・もも(25才)との自宅デートを写真つきでスクープした。徳井の大阪や名古屋での仕事の際、ももが出向いて現地でデートすることもあったという。その報道に、岡村は驚きのあまり「手が震えた」と言うのだ。「岡村さんと徳井さんは、独身の男性芸人で結成された『アローン会』のメンバーなんです。夜な夜な“寂しい男飲み会”を開いては、アローン(独り身)同士傷を舐め合っているそうです(笑い)」(芸能関係者)「アローン会」は今田耕司(52才)が会長を務め、岡村は部長。徳井とピースの又吉直樹(37才)が所属しているという。《ある共通の闇を持った者達の秘密の集会》。昨年4月、岡村は自身のインスタグラムにそう綴り、4人のメンバーの写真をアップしたこともあった。ちなみに、“名誉会長”を務めるのは明石家さんま(62才)なんだとか。 恋人ができたら祝福して送り出す――それが会のルールだが、岡村にとっては、徳井から事前になんの報告もなかったことがショックだったよう。「(徳井のように)ハンサムな人がアローン会に入る必要がなかったのに、入り込んで、私たちのことを笑っていたのかと、そういうふうにまで思ってしまう」 岡村はラジオでそうもボヤいた。きっと、次の集会は徳井の熱愛ネタを肴に酒が進んで…とはいかない。本誌は岡村が「お前もか!」とツッコミたくなるはずのシーンをキャッチした。 すでに日付も変わってしばらくたった5月中旬の深夜、東京・西麻布の一角にあるバーに、“会長”今田耕司はいた。重厚な扉とガラス張りのエントランスには小さな池が設けられ、丸々と太った錦鯉が暗闇の中を優雅に泳いでいる。見上げるほど高い天井の店内はカウンター席のほか、深紅のカーテンで仕切られたボックス席。限りなく落とした照明は、足元がおぼつかなくなるほどだ。 そんな大人の高級隠れ家バーで、その夜の今田は「アローン」ではなかった。隣には、オフショルダーのトップスでセクシーな肩をあらわにした女性が座っていた。 深夜2時を過ぎ、バーを後にしたふたりは同じタクシーに乗り込む。向かった先は、都内の別の場所にあるバーだった。入り口のインターホンを押すと、店員がドアを開けてくれるというシステムで、セキュリティーも万全。芸能人も多く利用し、綾瀬はるか(33才)も顔を出すという。「その店は、今田さんが週3で通うほどの行きつけ。芸人仲間と一緒にいるところもよく見かけますよ。自宅から歩けるほどの距離にあって、今田さんにとっては自宅の『離れ』のような感覚なんじゃないですか」(別の芸能関係者) そんな超なじみの「プライベートスペース」に連れて行ったということは…。今田と女性が揃って店を出てきたのは、深夜4時に迫ろうという頃だった。今田もそろそろ“会長辞任”か?※女性セブン2018年5月31日号
2018.05.16 16:00
女性セブン
チュートリアル徳井、チャラン・ポ・ランタンももと自宅デート
チュートリアル徳井、チャラン・ポ・ランタンももと自宅デート
 人気お笑いコンビ・チュートリアルの徳井義実(43才)と、音楽ユニット『チャラン・ポ・ランタン』のボーカル・もも(25才)との自宅デートをキャッチした。 懸命に自転車を漕ぐのは、少しでも長く一緒にいられる時間を楽しみたいから。もうちょっとでカレに会えると思うと、どうしても先を急いじゃう──そんな高揚感が伝わってくる。 5月5日の夕方6時少し前、白いキャップに紺色のシャツ、デニムのパンツに黒いサンダルというラフなスタイルで自転車を走らせる女性がいた。漕ぐこと10分弱。止まったのは、都内の高級マンションの前だった。住民の出入りと重なり、ちょうど開いていたエントランスの自動ドアから、慣れた様子でマンションの中へと入っていく。エレベーターを昇った先の部屋で彼女を待っていたのは、チュートリアルの徳井義実だった。 よしもと男前ランキングで殿堂入りを果たしたお笑い界きってのイケメンは、元バドミントン選手の潮田玲子(34才)や夏川結衣(49才)、その他数多の美女との仲が噂されてきた。そんな彼が自宅に招き入れた女性は、音楽ユニット『チャラン・ポ・ランタン』のボーカル・ももだった。『チャラン・ポ・ランタン』は、ボーカル・ももとアコーディオンの姉・小春(29才)の姉妹ユニット。2015年にニューヨークでライブを行ったときには、米紙「ウォール・ストリート・ジャーナル」の一面を飾ったこともある。2016年のドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)では、『進め、たまに逃げても』という楽曲がオープニング曲に使用された。「もともと徳井さんが彼女たちのファンで、トークライブで楽曲を使ったことが縁で知り合ったそうです。ももちゃんは、自分たちの曲を徳井さんが聴いてくれていたことに大感激。チャラン・ポ・ランタンのアルバムの特設サイトに徳井さんがコメントを寄せたり、彼女たちが徳井さんに楽曲を提供したこともありました」(芸能関係者) 音楽活動をしていた小春が、「ももは歌がうまいよ」という母親のひと言でボーカルに抜擢。「おでこが広いから」という理由でステージではウイッグを着用し、歌うときには必ずブタのぬいぐるみを小脇に抱える。2016年には、『毒島ゆり子のせきらら日記』(TBS系)でドラマ出演も果たした。「ももちゃんのいつでも自然体な波長が、徳井さんと合ったみたいで、昨年の秋頃に親しいつきあいをスタートさせたそうです。ももちゃんが徳井さんの大人の余裕にメロメロなんだとか。少しでも時間が空くと会いに行って、徳井さんの大阪や名古屋での仕事に合わせて、向こうでデートすることもあるみたいですよ。徳井さんも、時間を見つけてはももちゃんのライブに足を運んでいるそうです」(別の芸能関係者) 冒頭の日、ももは代々木公園(渋谷区)で行われたイベントに出演。ステージ終了後、車で一旦帰宅すると、ものの数分で出てきて自転車に飛び乗り徳井のマンションへと向かった。 それから3時間ほどたった夜9時過ぎ、寄り添うようにマンションから出てきたふたり。自転車に乗るももを見送ると、徳井は迎車のタクシーに乗り込み、翌朝の名古屋での生番組のため、品川駅から新幹線に乗り込んだ。どうやらその夜は、束の間の「お部屋デート」だったよう。※女性セブン2018年5月24日号
2018.05.09 16:00
女性セブン

トピックス

ご体調への不安が募る(写真/JMPA)
雅子さまと愛子さま、“ポツンと一軒家”の孤独感 閉ざされた御所での巣ごもり生活
女性セブン
SNSでも話題の「佐賀大学お嬢様部」に直撃
佐賀大学“お嬢様部”の活動実態を直撃取材!「お嬢様の定義をお教えしますわ」
週刊ポスト
1980年、田中派の総会で挨拶をする田中角栄(写真/共同通信社)
鉄の結束を誇った田中角栄軍団、「みんな田中ファン」指導力に心酔した議員や秘書たち
週刊ポスト
今は「芸人部署」に所属している久代萌美アナ
久代萌美、亀井京子アナも 女子アナ獲得の吉本、テレ東のエースアナにも注目
NEWSポストセブン
公務に邁進されている(6月、東京・港区)
佳子さま「公務に積極的」になられた背景に「皇籍離脱」「結婚」か
女性セブン
亜希
亜希 陰から見守る元夫・清原和博と息子達との「父子鷹」
NEWSポストセブン
小室圭さんと眞子さん
小室圭さん妻・眞子さんがNYで行きつけのスーパーから見えてきた“妻の気遣い”「日本でいえば『成城石井』」 
NEWSポストセブン
披露宴での志摩ノ海と元関脇・逆鉾の長女・清香さん(時事通信フォト)
故・逆鉾の長女が結婚で後継者確定も名門・井筒部屋再興への“高いハードル”
週刊ポスト
クルマ、ギター、アート、スケートボードにもこだわる
長瀬智也、英国のバイク誌に登場 悠々自適な暮らしに「所ジョージ化している」の声
女性セブン
京都の街を歩く舞妓のイメージ(写真/イメージマート)
元舞妓の〈16歳飲酒〉〈お風呂入り〉告発に、花街関係者も衝撃「未成年飲酒には厳しく対応しているはず」
NEWSポストセブン
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン
不祥事を理由に落選したはずなのに、比例で復活されては…(左は塚田一郎氏、右は中川郁子氏/写真=共同通信社)
「不倫路チュー」「USBは穴に…」失言・不祥事で落選しても比例復活するゾンビ議員たち
週刊ポスト