• TOP
  • スポーツ
  • 菊池雄星の妻・深津瑠美 メジャー婦人会も無難にこなすか

スポーツ

2019.01.24 16:00  週刊ポスト

菊池雄星の妻・深津瑠美 メジャー婦人会も無難にこなすか

夫に合わせて妻の環境も変わる?(下平さやかアナ)

 トレードやFAなど、1年ごとに環境が変わる夫に合わせてプロ野球選手の妻たちの環境も激変する。テレビ朝日の下平さやかアナ(45)は、広島に移籍した夫・長野久義(34)を支えるべく広島に行くかどうかが注目されている。

 一方、夫とともに海を渡る女子アナ妻もいる。シアトル・マリナーズに入団した元西武・菊池雄星(27)の妻、深津瑠美(32・フリー)だ。

「2016年に結婚後、夫のそばでサポートに徹してきた。NHK-BSでメジャーリーグ番組のMCを担当していたこともあり、野球への理解も深い。

 メジャーには、各球団ごとに選手の妻たちで構成される“婦人会”がある。チャリティーやボランティア活動など、その仕事は多岐にわたります。彼女ならきっと無難にこなすはず。英語が堪能でコミュニケーションの面でも菊池を支えることになる」(メジャー担当記者)

 メジャーから日本プロ野球に復帰して苦節4年。昨季6勝を挙げて見事カムバックを果たした松坂大輔(38)の妻、柴田倫世(44)の評価も急上昇だとか。

「松坂がソフトバンクで日本復帰してからもボストンに残ったことが批判された時期もあった。でも本当は、たびたび日本に帰国し、右肩手術後の松坂の体調を気遣っていた。松坂はよく夫人への感謝を口にしています」(中日番記者)

 テレビに映らない妻たちの闘いは続いている。

※週刊ポスト2019年2月1日号

コメント 0

SNSでNEWSポストセブンをフォロー

  • LINE:友だちに追加
  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

関連記事

トピックス