オウム真理教一覧

【オウム真理教】に関するニュースを集めたページです。

「世紀末」と「終末」 字面は似ているが意味は全然違う
「世紀末」と「終末」 字面は似ているが意味は全然違う
 大きな社会的現象によって広まった言葉により、その意味が曖昧になったり、誤用が重ねられることがある。評論家の呉智英氏が、『ノストラダムスの大予言』著者である五島勉氏の訃報をきっか…
2020.09.23 07:00
週刊ポスト
上祐氏はオウム真理教の疑惑について語った(写真/FCCS)
猪木、トランプ、三島由紀夫… 世間を震撼させたFCCJの会見
 終戦間もない1945年11月に、日本に駐留していた従軍記者らによって設立された「日本外国特派員協会」(FCCJ)は、政治家から社会的弱者まで様々な人の自由な発言の場として存続してきた。そ…
2020.08.25 16:00
週刊ポスト
コロナ騒動で変わった景色 ウイルスの前では「お金の力」も無力
コロナ騒動で変わった景色 ウイルスの前では「お金の力」も無力
 新型コロナ騒動は世界中を不安に巻き込んでいる。普段からさまざまなことを体験しリポートし続けている『女性セブン』の“オバ記者”こと野原広子さん(62)は、このコロナ騒動に何を思うのか…
2020.03.29 16:00
マネーポストWEB
閣議に挑む閣僚たち(時事通信フォト)
「トンデモ閣議」乱発の背景に首相のメンツや閣僚失態隠し
 安倍長期政権は国会の議決がいらない、いわば“安倍勅令”ともいえる「閣議決定」を乱発して行政府の役人たちを従わせ、政権の不祥事にフタをして思うままに政治を進めようとしている。 例え…
2020.01.31 07:00
週刊ポスト
坂本弁護士一家殺害事件から30年 "Z世代"がカルトから身を守るために知っておきたいこと
坂本弁護士一家殺害事件から30年 “Z世代”がカルトから身を守るために知っておきたい…
 1995(平成7)年に発生し、当時の日本社会を戦慄させた地下鉄サリン事件。死者13人、6000人以上の被害者を出し、今もなお後遺症に苦しむ人が存在します。その一方で、平成生まれの若い世代の…
2019.12.03 11:35
BOOK STAND
諏訪中央病院名誉院長の鎌田實医師
平成の“場当たり的体質”はもういらない、忖度バカは去れ
 平成が終わり、令和という新しい時代が始まった。平成とはどんな時代だったのか。諏訪中央病院名誉院長の鎌田實医師が、平成の場当たり的体質について振り返り、未来について考えた。 * …
2019.05.25 16:00
週刊ポスト
謝罪会見を開いた『はれのひ』元社長・篠崎洋一郎氏(時事通信フォト)
平成30年振り返り オウム真理教13人死刑、富田林逃走など
 いよいよ5月から令和の時代がスタートする。平成とはいったいどんな時代だったのか? 平成30年(2018年)を振り返ってみよう。 1月8日、新成人の門出を祝うこの日、神奈川・横浜市の振袖販…
2019.04.23 16:00
女性セブン
平成の事件簿 BSE問題で吉野家とすき家の明暗が分かれた日
平成の事件簿 BSE問題で吉野家とすき家の明暗が分かれた日
 まもなく終わる「平成」の事件史を語る上で欠かすことができないのは、1995(平成7)年の「地下鉄サリン事件」だろう。死者13名、負傷者約6300名を出したオウム真理教による無差別テロ事件は…
2019.02.22 07:00
週刊ポスト
刑事と公安 仲が悪い理由を公安経験元刑事が語る
刑事と公安 仲が悪い理由を公安経験元刑事が語る
 警察の内部事情に詳しい人物、通称・ブラックテリア氏が、関係者の証言から得た警官の日常や刑事の捜査活動などにおける驚くべき真実を明かすシリーズ。今回は、刑事と公安の確執について掘…
2019.02.16 07:00
NEWSポストセブン
ノンフィクションライターの与那原恵氏が西浦博氏・川端裕人氏の著作を解説
オウム真理教と似た閉鎖的共同体が19世紀アメリカにあった
 平成という時代の前半で猛威を振るったもののひとつに、オウム真理教による地下鉄サリン事件などの教祖を中心とした集団の暴走がある。ノンフィクションライターの与那原恵氏が選んだ、忘れ…
2018.12.28 16:00
週刊ポスト
オウム死刑囚・井上嘉浩 獄中記と「死後に届いた手紙」
オウム死刑囚・井上嘉浩 獄中記と「死後に届いた手紙」
 2018年最大のニュースのひとつは、麻原彰晃(本名・松本智津夫)らオウム真理教の幹部13人が死刑執行されたことだ。地下鉄サリン事件などの凶行は“負の平成史”として決して忘れることができ…
2018.12.20 11:00
週刊ポスト
追悼2018 西城秀樹さん、佐々淳行さん、野中広務さん
追悼2018 西城秀樹さん、佐々淳行さん、野中広務さん
 2018年も多くの人が旅立った。平成の終わりとともに別れを告げた人々の思い出を胸に語り合おう。●西城秀樹(歌手、享年63) 1972年に『恋する季節』でデビュー。郷ひろみ、野口五郎とともに…
2018.12.14 07:00
週刊ポスト
阪神大震災、地下鉄サリン、Win95、野茂…平成7年の出来事
阪神大震災、地下鉄サリン、Win95、野茂…平成7年の出来事
 残り少しとなった平成を振り返るにあたり、重要な1年となったのが平成七年(1995年)だ──。 平成7年1月17日午前5時46分、兵庫・淡路島北部を震源とするマグニチュード7.3の直下型地震が発生…
2018.10.01 07:00
女性セブン
平成最後の明と暗 アートランブル第5回/中島晴矢
平成最後の明と暗 アートランブル第5回/中島晴矢
 平成最後の夏、東京オリンピックの準備が進み、オウム真理教の幹部が死刑執行される中、「明暗元年」@space dike他、Chim↑Pom「日本のアートは」@NADiff a/p/a/r/t、…
2018.09.26 12:00
太田出版ケトルニュース
プレイバック平成6年 松本サリン、同情するならカネをくれ
プレイバック平成6年 松本サリン、同情するならカネをくれ
 平成とはいったいどんな時代だったのか──。平成最後の年に、「平成6年」に起きた出来事や流行を振り返る。 記録的猛暑が続いたこの年、東京では39.1℃と41年ぶりの最高気温を記録。西日本で…
2018.09.25 16:00
女性セブン

トピックス